人々はしかし、あるいはだからこそ、それぞれが全く別の〈フィクション〉を信じてるんだ。〜『どん底』フライヤー

画像1 地点『どん底』2021/京都:アンダースロー、愛知:愛知県芸術劇場/フライヤーおもて(デザイン:松本久木)
画像2 地点『どん底』2021/京都:アンダースロー、愛知:愛知県芸術劇場/フライヤーうら
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!