ホームタウンなのにアウェイ…?
見出し画像

ホームタウンなのにアウェイ…?

田中先生


(サムネにチアの写真を選んだ理由は特にありません。)



おはこんばんにちは。






僕はアビスパ福岡が好きなんです。


アビスパとは福岡市に拠点を置くプロサッカーチーム。


ホームページには
「アビスパ福岡は、福岡市を中心とした県内全域をホームタウン地域と捉えます。」
と記載がしてある。



つまり福岡市はアビスパのホームであり、そんな福岡市に僕は住んでいます。


生まれは熊本ですが、2005年9月に福岡に引っ越してきました。(当時小6)



福岡に引っ越してきて最初に感じたのは福岡ソフトバンクホークスへの応援の熱・関心がすごいこと。
そんな僕もホークスを観れるのが楽しみでした。

実際に野球を観に行ったしそれはそれは楽しかった。
(今でもたまに行きます。ギータすごいよね。)


そしてそれと同時に父親からサッカーも観に行こうと言われ、アビスパ福岡の試合を見に行きました。


2006年。J1だったアビスパはなかなか勝てずJ2降格。


その年は毎試合のように観に行ってたので悔しくて悔しくて仕方なかったですね。

『このチームが強くなるのを見たい』と思い、結果的に僕はそれから16年間アビスパ福岡を応援し続けています。






ずっと応援してきたアビスパですが、認知度は残念ながら低かったです。なんならちょっと小バカにされるくらい。


みんなは割と日本代表のサッカーは見るのに、自身が住んでいる福岡のチーム、アビスパ福岡については"名前ならなんとか聞いたことある"みたいな人が多かった。

「名前なんやったっけ」という人もかなりいました。







もしかしたら皆さんも聞かれた経験はありませんか?

「J2って野球で言うと2軍?」

「違うわ!」って言いたいけど当時はうまく説明できずに諦めてました。






「ヨーロッパのサッカーは見る」って人もいましたね。その人の口癖は「スピードが違うやん?」でした。

まぁそれはわかる。笑
でもそこじゃないんよ!!






「アビスパを観に行った」と言うと、『アビスパって弱くない?』という返事がくる、当たり前のように。

弱かったら観ちゃいかんのか。






アビスパが好きだといえば『なんでアビスパ笑』と笑う人もまぁまぁいた。

福岡に住んでるんだからよかろうもん。

人の好きなものをバカにするんじゃない。






福岡に住んでいるのに周囲に「アビスパ福岡」に関心を寄せている人が本当にいなかった。それはもうびっくりするくらい。




2013年に経営危機の報道が出ても僕の周りはほぼ無関心。「そんなことあったの?」って感じ。




そして、「やはり強くないとだめなんだなー」と感じる出来事が増えます。




たまに「サッカー観たい」と言われても選ばれるのは隣県のチーム、サガン鳥栖でした。まぁたしかにずっとJ1で頑張ってるもんね。
対戦相手もJ1だからね。僕も当時、有名人目当てで見に行きましたよ。柿谷とか南野がいたセレッソ戦とか。


そして悔しいかな、プレースピードの違いを感じました。

「これがJ1なんだな」って。




でも結局浮気することはなかった。

そりゃそうよ。僕はアビスパ福岡が強くなっていくところを見たいと思って好きになっていったんだから。




ただこの時、周囲には「鳥栖が好き」と言う人が増えた。




まぁJ1で結果を残していた鳥栖とJ2から抜け出せない福岡じゃあ、きっかけは「強いチーム」になりますよ。






仕方がない。






いいや。






やはり悔しかった。

テレビの話題も友人との話題もスポーツ関連はまずホークス。次にサガン鳥栖。

アビスパの話なんて滅多に聞かないし、周囲に熱血なアビサポなんて…まぁ出会いませんでした。
(友達がそもそも少ないんだけどさ、それはまぁいいやん。)




何が悔しいってさ、何かマイナスなこと言われてもぐうの音もでらんかったの。




ホームタウンの福岡に住んでるのに、アビスパの名前が出ない。出てもなんかネガティブな話。

でもそれはきっと弱いからだ。





そう思うとなんもできんかった。




いつか強くなる。
自分に言い聞かせました。




しかししかし。





ホークスとサガン鳥栖がコラボした時はもうとどめ刺されましたね。笑




僕は今どこに住んでいるんだろう。




福岡にいるのにアビスパ福岡を感じられなかった。




ここはアビスパのホームタウンじゃないのか、と。

なぜアビスパのことになるとアウェイを感じなければならないのか、と。





アビスパなにやってんだ!!!!



でも。






嫌いにはならない。



なれない。




当たり前です。当たり前すぎます。
ずっと応援して、アビスパが強くなる日を信じてました。




「今は仕方ない。鳥栖が強いんだから。」

「野球のホークスは今は大人気だけど当初は弱かったし、ていうかそもそも競技違うし。」

「チームがコツコツ頑張っていつかきっとサガン鳥栖を追い抜くんだ」



ずっとずっとずっと自分に言い聞かせてました。





俺達の街にはアビスパがある。


あのチャントを何度も聴き、アビスパ福岡を応援し続けました。




3歩進んで2歩下がるが如く、めっちゃゆっくりだけどチームは成長していったと思います。


2020シーズン。

アビスパ福岡はJ1昇格を決めました。

2021シーズン。

アビスパ福岡はJ1残留を決めました。


簡単な文章に見えますが、この"J1残留"という4文字を書ける日、言える人をずっと待ちわびてました。





今年、少しずつ周囲から「アビスパ福岡」の名前が聞こえるようになりました。



「今年すごいね」




うん。




すごいよ。




でもね。




まだまだこれから。



ようやく福岡の地にアビスパ福岡の名前が響いてきた気がします。




まるでアウェイにいるかのように感じていたあの日々。




もう戻りたくない。





もっともっと上の景色を見たい。



僕はアビスパ福岡というサッカーチームもアビスパ福岡という会社も応援します。




俺達のホームタウン福岡でアビスパ福岡の名前がより一層響き渡るその日を夢見て。






今年最高の1年を経験させてくれたアビスパ福岡に感謝と敬意を込めて。






Vamosアビスパ







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田中先生

よろしければサポートよろしくお願いします。 いただいたサポートはスクールの子ども達のために使わせていただきます!

ありがとうございます!ついでに他の記事も見ちゃってください!
田中先生
「幼稚園の先生」×「サッカーの先生」×「体育の先生」 かつて教師を嫌っていましたが、今は幼稚園の先生をしています。 かつてサッカーが嫌いでしたが、今はサッカースクールのコーチをしています。 かつて帰宅部でしたが、今は体育の先生をしています。 アビスパ福岡が好きだ!