BORDERELESS佐渡

BORDERELESS佐渡

    最近の記事

    夢をカタチにする相川びと/北村酒店・北村龍さん

    新型コロナウィルス第五波がようやく収まりをみせた2021年9月26日(日)。佐渡市相川でプロレス大会が開催されました。 プロレス大会を主催しているのは、佐渡相川で酒店を営む北村龍さんが代表の、相川の仲間たちでつくった団体「AWGP」(エーダブルジーピー)。 市民団体で開催されているプロレス大会はめずらしく、AWGPは佐渡相川で2020年から秋に開催されています。※2020年はコロナの影響で中止 プロレス大会の開催だけではなく多方面で活動し、やりたいことを実現しているAWG

      • 佐渡相川のプロレス大会にスタッフとして参加した話

        こんにちは。BORDERLESSでメディア制作などに携わっている新潟市在住の中林憲司です。 BORDERLESS代表の雨宮さんとの出合いがきっかけで佐渡相川に訪れるようになり、6か月ほどが経ちました。 BORDERLESS佐渡としての活動だけでなく、まちづくりチーム「相川車座」の活動に参加させていただくなど、佐渡に訪れるたびにあたらしい出会いが広がっています。 去る9月26日。 また一つ、とても刺激的で貴重な経験をさせていただく機会がありました。 AWGP佐渡島プロ

        • 遊びではなく、仕事でもない。相川の『まちづくりのリアル』に立ち会う経験。BORDERLESS佐渡×相川車座【7/18まちづくり座談会】

          こんにちは。新潟市在住、新潟県観光協会公式ブログ「たびきち」でライターをしている中林です。 昨年BORDERLESS佐渡代表の雨宮さんと出会い、今年3月に佐渡相川に訪れたのをきっかけに、月に1~2回ほど佐渡相川に訪れ活動をサポートさせていただいています。 以前の記事では、6月に開催されたイベント「ミライノキタザワ」のレポートや、私が4か月間で佐渡相川にハマっていくまでの話をいたしましたが、その後も引き続きBORDERLESS佐渡の活動に関わらせていただいています。 BO

          • BORDERLESSスタッフとして、佐渡相川に関わっていった4か月の話

            こんにちは。新潟市在住の中林憲司と申します。 現在私はフリーライターとして活動しており、新潟県内の観光情報の発信などを行っています。 昨年の秋、BORDERLESS佐渡を主宰する雨宮さんと出会いました。 それから数か月経った現在では、BORDERLESS佐渡の活動にスタッフとして携わり、佐渡相川のまちの人とつながり、まちづくり活動に参加させてもうなど、とても貴重な体験をいくつもすることができました。 それまで佐渡相川とはまったく縁がなかった私でしたが、いまでは「もう一つ

            出会いと発見のBORDERLESS佐渡・関係者・視察ツアー参加レポート(2020年3月)

            こんにちは。新潟市在住ライターの中林憲司です。 BORDERLESS佐渡に関するさまざまな話題を発信しております。 今回の話題は、今年3月に実施された「BORDERLESS佐渡関係者・視察ツター」の参加レポートです。 ​ ********************************* 「BORDERLESS佐渡・関係者視察ツアー参加レポート」 ********************************* 佐渡島へ上陸!BORDERLESSが繋げてくれた新たな出会

            (イベントレポート)10年後の佐渡相川の姿を見に行こう「ミライノキタザワ」相川車座×BORDERLESS佐渡

            こんにちは。新潟市在住ライターの中林です。 去る2021年6月13日(日)、佐渡金銀山のまち佐渡相川で開催された「ミライノキタザワ」というイベントについてレポートさせていただきます。 イベントが行われた会場はなんと… 「北沢浮遊選鉱場跡」(きたざわふゆうせんこうばあと) すっかり有名になったこの場所をご存じの方も多いと思います。 佐渡金銀山は、1,601年から1,989年まで約400年間採掘がおこなわれておりました。「北沢浮遊選鉱場」は長い採掘の歴史で、比較的近代に

            佐渡相川ではじめた二拠点生活ヒストリー(後編)ひとつの出逢いから見えた光/Lane株式会社 代表・雨宮隆三

            こんにちは。雨宮です。 前回の記事では、2020年にサラリーマンを辞め独立した経緯、佐渡で仕事をする機会にめぐまれ二拠点生活をスタートさせたこと、佐渡相川の「まちづくり」に関わることになった過程をお話させていただきました。 うまくいくかも!と思いきや、ちょっとした壁にぶち当たります。 今日はそのことをお話します。 佐渡の事を知らない。まちの人を知らない。 2020年7月。佐渡観光交流機構と新潟日報社、NOTEの3者連携協定を締結することができました。 私は新潟日報社とN

            佐渡相川ではじめた二拠点生活ヒストリー(前編)「何のために」/Lane株式会社 代表・雨宮隆三

            はじめまして。雨宮です。はじめまして。 Lane(レイン)株式会社の雨宮隆三(アメミヤリュウゾウ)です。 Lane株式会社は、2021年1月新潟県佐渡市相川で創業。 世界遺産推薦を目前に控えた佐渡金銀山のまち佐渡市相川を拠点に、以下の事業を行っています。 ・古民家を活用した佐渡相川のまちづくり開発 ・佐渡相川に関わる人を増やす活動 ・移住や二拠点生活者を増やす為の「ひとづくりのプログラム」や「マッチング支援」 事業の詳細は後ほどあらためて。 今回は、 なぜ佐渡相川で創業す