スクリーンショット_2019-07-10_12

big design award 1次審査を終えて

6月15日に締め切った応募に、ヨーロッパ・アジアを中心に、30カ国の120名以上のデザイナーからエントリーをいただきました。初回としてこれだけ多くの方からエントリーいただけたことがとても嬉しいですし、30カ国の人々から集まったということに驚きとともに本コンペティションの意図している方向に向かってスタートを切れたかなと少し手応えをつかめました。

1次審査にエントリーしてもらう内容*は、記述は全て英語のみで、次の審査の際に提示してもらう映像作品のコンセプトシートも用意するなど、全体的に低くはないハードルであったかと思っています。それでもこれだけのチャレンジがあったことに喜びを覚えますし、サポートをしていく覚悟や責任というものも強く感じています。
*-------------------------------------------
1. エントリーシート・履歴書
2. コレクションコンセプト
 ※インスピレーション・ソースとなった素材や写真をまとめたもの
3. デザイン画(5体以上、10体以下)
 ※A4紙1枚にフルコレクションをまとめたページも用意
 ※裏面には、色や素材サンプルも含めた作品の詳しい仕様説明を記載
4. 今回応募するコレクション、または過去のコレクションの写真
 ※最低1ルックの写真は必須。2ルック目以降はトワル状態の写真でも可
5. 映像作品のコンセプトシート、ならびにムードボード
--------------------------------------------

1次審査はグローバルに活躍されているファッションデザイナーを中心に7名による数日間に渡る評価を行いました。全てのポートフォリオから、その情熱や純粋さが読み取れますし、何よりクオリティーが素晴らしいもの多数で、とても難しい時間となりました。どこかでポートフォリオもお伝えできればと思っています。

本日ファイナリストの発表を行い、次はいよいよ8月に行われる2次(最終)審査会になります。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
次世代のファッションデザイナーとファッションの環境をつくる人材の発掘・支援を目的とし、これからの広義なファッションが生まれる”場”そのものを構築していくためのプロジェクトであるbigの代表をしています。 https://www.bigproject.jp/jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。