弁護士 はやし まさかず
苗字について②(苗字を変更できる場合とは?)

苗字について②(苗字を変更できる場合とは?)

弁護士 はやし まさかず

こんにちは。

ベーグル法律事務所の弁護士の林正和です。
前回に引き続き苗字についてです。

前回、私は、離婚した際に結婚中の苗字を使うことを選択してしまい「林」に戻れなくなったところで終わりました。
今回は、「林」に戻る方法についてお話します。

私が「林」に戻る、つまり私が苗字を変えるためには、苗字の変更を
≪家庭裁判所に許可≫してもらえれば良いのです。

そうは言っても、苗字とは、その人を識別する大事なものです。何でもかんでも苗字を変えることを許してしまうと、大混乱に陥ってしまいます。
そこで、裁判所は、苗字を変える理由があるときだけ、苗字の変更を許すことにしています。

さて、どんな時に苗字を変えられるのでしょうか?

それぞれの事情に合わせて判断するので、明確なルールはありません。
参考までに、これまで苗字を変えていいと判断された例をご紹介します。なお、以下の【ケース】に出て来る苗字は、実際のものではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ケース1】読みにくい苗字

「大楢」さんという方がいました。読み方は「おおなら」というのですが、「おなら」とよく間違えられていました。子供時代にも「おなら」などとからかわれていました。さらに、自分の子供も同じ思いをしていると知り、ゆかりのある他の苗字への変更を求め、裁判所も認めました。

【ケース2】子供の為に結婚時の苗字を選んだ人

Aさんは、元々「佐藤」という苗字だったのですが、結婚で「山口」になりました。結婚して子供も生まれましたが、離婚することになり、離婚後も子供と同じ苗字を名乗るために「山口」を名乗る手続きをしました。

そして、子供が成人して結婚したので、子供と同じ苗字である必要がなくなりました。そこで、親のお墓などを守っていくのに元の「佐藤」に戻りたいと思い、「佐藤」への変更を求め、裁判所も認めました。

【ケース3】一回結婚時の苗字を選んでしまった人

これは、前回の【ケース1】の私ですね。

私こと「林」は、結婚して「佐藤」になったのですが離婚することになりました。子供と同じ苗字でいるために「佐藤」を名乗る手続きをしました。

そして、その後、私(「佐藤」と名乗っています)は「鈴木」さんと出会い、結婚して「鈴木」と名乗ることになりました。しかし、「鈴木」さんともうまくいかず、離婚することになったのですが、旧姓「林」に戻りたいと思い、「林」への変更を求め、認められました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にも色々な理由で苗字を変えた人がいます。例えば、親から虐待されていたので同じ苗字が名乗れなかったり、日本国籍を取得したのに苗字を選べなかったりして、苗字を変えた人もいます。一方で、苗字を変えられないケースもあるので、楽観はできません。

もし苗字にお悩みなら、一人で抱えず、お近くの弁護士に相談してみてください。

さて、苗字の話はまだまだ続きます。

次回「苗字について③」は、子供の苗字と親の苗字の関係です。離婚したとき、子供と一緒に旧姓になれる方法をお話します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
弁護士 はやし まさかず
ベーグル法律事務所(https://bagle-law.com/)という事務所で弁護士(東京弁護士会)をしています。 豆知識や法律に関することを専門用語を出来るだけ使わず伝えていきたいです!