スポーツ科学__2_

子供の運動能力爆上げnote

スポーツがうまくなりたい。あるいは子供に的確なアドバイスをしてあげたいという親は多いはず。僕もその1人です。では、どうやったらスポーツって上手くなるんでしょうね。昔ながらの練習方法でいいのか。いけないと言われているものもありますよね。では、なんでいけないんでしょうか。
そういった疑問にもお答えしていけたらと思います。


この記事を読んで得する人は
・子供が小学校高学年以上
・子供がスポーツをしている
・子供にスポーツで大成してほしい

こういった方向けとなっています。この記事は有料で見れるようにしていますが無料部分を読むだけでも『ほう、なるほどね。』と思ってもらえるように作成しているので見る価値はあると思います。

​僕が今回、謳っているのは【超高校級なら誰でもなれる】ということ。正直、高校生までは誰に何を教わったかが超重要で才能なんてのは全然後からついてくるものです。
その証拠にプロ野球選手の多くは甲子園出場を果たしていない方が大勢いますがトッププロの方も多くいらっしゃるのが現状です。
僕は子供たちという若い芽が多く大成していただきたいと思いこのnoteを書かせていただいています。

スポーツと科学は切っても切り離せない

なぜかというと人の運動は全て脳の活動や神経によって行われているから。ものすごく筋肉をつけたからと言って人は誰でも160㎞の剛速球を投げれるわけではないですよね。パワー=スポーツの上手さという単純なものではないのです。

最近ではどのプロスポーツでも理学療法士やアスレティックトレーナーといった科学的に専門知識を持った運動のスペシャリストが専属でついています。そうでなければ勝ち残れない時代になっているからです。それほど、科学的根拠を持った練習方法や身体のケアが大事だってことをまず頭に入れておきましょう。

正直、某日曜スポーツ番組でご意見番をしていらっしゃる、Hさんの言うことには全く根拠がありませんので悲しくなってしまいます。あれほどの実績を持っている方がなんで自分が上手くなれたかはわからないのかなと。
ですが、当然です。身体を動かすことに関しては僕ら専門職が最も知識が深いと言えるでしょう。

確かに各スポーツごとに特性やメンタリティの部分では経験者が言うことが正しいでしょう。

経験と科学どちらも取り入れるのが最もスポーツが上達するコツだと言えます。

ここで僕がお教えするのは指導者から習ったことをいかに実戦で使えるように身体に覚えさせていくかということが主な内容になります。

本当にトッププレイヤーを目指すなら必ず知っておいた方が良いことを満載に書き記しますので僕のnoteが気になるよって方は読んでいただくことをおすすめいたします。

最初に大事なことを要約して伝えておきますね。

身体の機能面については
・そのスポーツに必要な筋肉を理解する
・筋トレをする

運動の学習において大事なことは
・上手い人の動きを見る
・見る→理解→実行→修正を繰り返す
・簡単から徐々に難しい難易度で練習していく

技術・メンタリティにおいて大事なことは
・そのスポーツの特性を理解する
・どこに時間を割くべきかを判断する
・自分の特性を理解する

このことについて詳細を解説していきます。
全てを一言一句覚える必要なことはありません。むしろ上記の要点で理解した!という方はこのnoteの先を読む必要すらありません。
『これは大事だ!!』と思ったところだけメモやスクショをとって頂ければいいと思います。


このnoteで行えることはあくまで知識のアップデートであって、読めば上手くなるわけではありません。少しでも新たな知識としてお子さんに教えられるものがあれば幸いです。


身体機能面で大事なこと

・そのスポーツに必要な筋肉を理解する

1つ1つのスポーツを細かく解説できればいいのですがそうするととんでもない文字量になってしまうのでできればご自分で調べてください
Googleで【野球に必要な筋肉】とか【サッカーに必要な筋肉】とか調べればすぐに出てきますので。随時、このnoteは更新しようと思っているので時間に余裕ができたらスポーツ毎に必要な筋肉も書いていきます

とはいいつつ少しだけ筋肉について話しましょう。

スポーツにおいて大事な筋肉は伸ばす筋肉です。肘を伸ばす。膝を伸ばす。一部違うこともあり、曲げる筋肉を多く使うスポーツもありますが伸ばす筋肉を使わないスポーツはないと言えるでしょう。特に球技においては伸ばす筋肉が主となってきます。

曲げ伸ばしの両方の筋肉をつけることは運動を安定させるために必要なことですが不必要に筋肉を大きくするとそれだけ筋肉を制御するのにエネルギーがいりますし、関節の運動幅の減少につながりかねないので必要な分だけ筋力をつけるようにしましょう。

もう少し補足すると自分の役割に適した筋肉をつけましょう。
足の速さに特化したいならハムストリングスを鍛えるなどなど。ちなみに足の速さを保つために筋肉をあまりつけてはいけないっていうのは間違いです。走力を鍛えるためにも腕と身体の筋肉は欠かせません。

子供の場合はバランスよく鍛えておくのがいいのかもしれませんね。すいません、役割がどうだとか言って。役割が見えてきたら方向性を変えるのがいいのかもしれません。


・筋トレをする(筋肉をつける)

筋トレの仕方も調べればかなりの量が出てくるでしょう。ですがここで教えるのはお子さんに筋トレを教えるときのコツというか知っておいた方がいいこと。

それは筋トレは自重で行うこと(腕立て伏せとかスクワットとか)
理由は成長期は骨端線が安定していないので高負荷なトレーニングは身体への負担が大きくケガにつながる恐れがあります。器械を使うトレーニングは高校生になってからとかよく耳にしますよね。それはこういったことが理由でもあります。

うさぎ跳びなんかもってのほかですからね。過剰に負荷をかけてはいけません。飛ばずにスクワットで十分です。要は筋肉が疲労感を感じればいいんですから。

逆に言うと腕立てふせとかなら極限までやってもいいということですね。

特に体幹と肩・股関節といった身体の中心部分はどのスポーツにおいても超重要なものなのでしっかり鍛えこみましょう。
なぜかというと身体の中心部分がブレるとその先にある手足はもっとブレます。例えばゴルフでいうなら少しの角度のズレがボールの着地点は大きくずれてしまいますよね。一番中心である体幹・肩・股関節は運動を安定させるためにそれなりの固定力が必要だと言えます。

子供になんでこの筋トレが必要なのかを教えるときにもしかしたら役立つかもしれません。子供は心を律することが難しいのでしっかりと説明してあげて子供と同じ立ち位置で共同して練習しましょう。あなたも一緒に練習するのもいい方法かもしれません。

子供用のプロテインなんかも非常に効果的です。子供は大方、たんぱく質摂取量が不足していると思いますので。とはいえ、きちんと食事から栄養を補給するようにしましょうね。
理由は子供のころに消化に良いプロテインばかり飲んでいたら消化器官がへっぽこになってしまい、消化機能が落ちてしまいますのでね。
普段の食事をがっつり食べて、そのうえで子供用プロテインを摂るようにしましょう。飲ませたら運動しないと太るなんてのはほぼ迷信です。ほぼというのは全く運動しなかったらホントに太るということです。ですが、子供の運動量と代謝量さらにはスポーツまでしていて過剰摂取となることはまずないと思います。


さて、筋肉をつけるための食事が大事なのですが、まず高温料理を避けましょう。どういうことかというと、茹でる→焼く→蒸す→煮る→炒める→揚げるの順で高カロリーとなります。同じ食材を調理したとしても栄養価やカロリーが全然違います。後者の2個はできるだけ控えた調理方法にするとより効率的に筋肉を作り上げることができるでしょう。

ですが、子供の食事ですからね。たまには揚げ物や炒め物も食べたくなるでしょう。なので、週に何回食べさせるかを決めておくといいのかもしれません。子供は心も未熟なので自分を律することができません。なので、こちら側で食事も管理してあげないといけないこともあります。

僕なんかは外食でめい一杯美味しいものを食べるために日頃を節制してたりします。美味しいものは気にせず食べたいじゃないですか(*^^)v
外食時は『好きなだけ食べていいよ』と言ってあげるためにも日頃は我慢させましょう。

食事は基本的に低カロリー高たんぱくなものを選択するのですがぶっちゃけ子供の代謝量ならそんなにカロリー気にしなくても消化してくれますのでたんぱく質だけ意識して与えるようにするといいでしょう。
たんぱく質豊富なものとしては卵、肉、大豆、魚などがベターでしょう。それに加えてビタミン群まで摂ると吸収率が上がりますので同じ料理を大量に食べるよりも3種類くらいのものを適度に食べた方が圧倒的に身体をつくるのに適しています。

僕がいつもメジャーな栄養を嚙み砕いて説明するときは以下のように解説しています。身体を

身体を工場に例えると

炭水化物→原動力(ガソリンみたいな)
たんぱく質→人体の全てをつくる素材(筋肉、神経、皮膚とか)
ビタミン群→オイルなどの主に作業効率を上げるためのサポート
鉄分→主に運搬作業。(色んなものを適地に運んでくれる)

こういった具合になります。他にもミネラルとかマグネシウムとか色々ありますが言い出したらきりがないのでここらへんでやめときます。ちなみに上記したものを意識して食べとけば他に必要な栄養素も大体含まれていますので安心してください。

ここで言いたいのは素材となるたんぱく質がないといくらいい設備が整っていてもいい商品は作れませんよねってこと。なのでたんぱく質はしっかり摂取するようにしましょう。


運動学習において大事なこと

そもそも運動学習ってわかりますか?簡単に言うと身体で覚えるってやつです。身体で覚えて無意識的に目的動作が行えるようになること。もちろん、スポーツは頭を使わないと勝てない競技だと思いますが、その内容の大半は無意識的に行っている動きですよね。
素早く反応できることと言い換えることもできるかもしれません。では、運動学習を図るうえで何が大事かをこれから解説していきますね。


①上手い人の動きを見よう

上手い人の動きを見ることの何がいいか。その理由は僕たちは理想とする動きを頭で描いて運動パターンを構築して実行に移すのですが、上手い人っていうのは僕たちが想像する動きの理想形に近いことが多いです。
なので、頭だけで想像するよりも実際に目の当たりにした方が頭の中で運動パターンが構築しやすいと言えます。

おそらく、経験あると思いますが誰でも最初は真似から入りますよね。こんな風にできたらかっこいいなぁという感じで。それでいいんです。
勉強でも一緒ですよね。いきなり、知らない問題を出されるよりも解き方や解答例なんかをみて答えの出し方を理解しますよね。
運動でも同様に答えを見ればその答えへのたどり着き方のヒントとなりますので必ず見るようにしましょう。今のご時世YouTubeっていう画期的な動作がサイトもありますので理想とする動きなんてすぐに探せますよ!!
ですが、どうしてもYouTubeの2次元よりも生で見る3次元にの方がベストです。なぜなら、運動は平面でなく立体で起こるから。簡単に言うとYouTubeだと見えない部分が多すぎるということ。もちろん見ないよりはいいかと思いますができれば実際に大会などを見に行くことをおすすめします。

見ることの有用性は少しわかってきたでしょうか。もう少し深いところまで見ることの大事さを教えていきますね。

この続きをみるには

この続き:10,800文字

子供の運動能力爆上げnote

GE【身体の専門家ブロガー】

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
理学療法士のGEです!身体のことについて情報発信しています!こと運動と生活に関しては医者よりも詳しいです☺️身体のことでお困りであれば僕の情報を見てください。役に立たない情報は公開しておりません!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。