僕はこれが嫌い

そうだ好きだ。
これが好きだ。

誰も何も見えていないこのときが。

見えている気になっているのはあんただけだ。

そうだ。
これを見せたいのも僕だ。
何もかも見せたくなる。
そしてこれを我慢しているのも僕だ。

我慢なんだろうか、我慢じゃなくて、ただの。

いつからか気づいた、
誰かがいつか気付いてくれるのを待っているだけなんだと。

我慢してるつもりだったものは実はたいしたものじゃなかった。
気付かれるのを待つほどの代物でもなかった。

見せたら思慮が下がるとか、上げてもどうしようもないのに。
せめて、どうでもいい日に生まれていればよかったのに。

そんな日にはまだならないつもりらしいから。
もう少し遊んでいればいいよ、知られないまま。

このタイトルはきっと違くて、きっとまた来る。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
experience × music = story
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。