新たな宿題は・・・英語/「クローチェ」シリーズ
見出し画像

新たな宿題は・・・英語/「クローチェ」シリーズ

AYTURK/オヤデザイナー

ありがたいことに、
AYTURKにいろんな国から大口注文を頂けるようになってきました。
そしてね・・・今までまったく気づいておりませんでしたが、
AYTURKのホームページって・・・英語表記ないじゃん!

雰囲気で一部英語入れてましたけど、
基本&重要なところは、日本語だけ!
あーーーー、すみません。

みなさん、日本語のみのサイトから
相当な苦労をしながらご注文下さってたんですね💦
文句も言わずに、苦労しならがアイテムを選択してくださってたことに、まったく気づいていなかった私。
すっとぼけですね!

ということで、目下私の最優先の課題は、ホームページに
英語表記も加えること。

まぁね・・・数日では終わらない、長い道のりですけどね。
アイテム数だけでで1000点くらい、
しかも、日本語規格のシステム使ってまして、
あーーーー、やることいっぱいだ!

冬の課題として、春までに英語表記も加えたサイトを完成させようと思います!

言語ごとの雰囲気を大切に

それぞれのアイテム、シリーズにいろんな言語で名前を付けています。
自分でも管理しやすいように、というのもありますが、
名前を付けてあげると愛情が湧く気がします。
名無しのアイテムよりも。

アイテムの印象を大切に名付けたいと思っています。
本当に私がまったくの気分で(笑)・・・・思いつきで付けてる名前。
でも、ご好評のお声をいただくことがあるんですよ。(うれしー!)
ポッと思いついた名前ですから、私の知っている言語ですけどね。
世界を目指すAYTURKとしては、
いろんな言語で名前を付けたいなぁというのと、
シンプルで覚えやすい単語にしています。
同じ意味の単語でも、言語ごとに印象はちょっと異なる。
そんなことも大切にしています。

たまにはね、しっくりこなくて何度か改名したものもありますが、
名前を付けて呼ぶようになると、だんだんにアイテムの個性と名前があってくるというかね。

例えば小花のモチーフ「マリー
改名もせずに、もう8年くらい使ってる名前です。
もう、落ち着きましたね。

これ、マークワントから頂いた名前です。
学生のころ愛用してました。マリクワのコスメ。
クールなブラックに花のモチーフのロゴ。キュートで個性的。
AYTURKの「マリー」も可愛いだけじゃない、もっと個性のあるデザイン目指したいと思っています。

画像1

トルコ語あり、人名から頂いたこともあります。
そして、イタリア語の名前では「クローチェ

イタリア語で十字架の意味です。
英語のクロスだと、シャープすぎる響きなので、
音が可愛い、イタリア語の「CROCE/クローチェ」にしました。

画像2

無知だからできたモデル

この「クローチェ」、オヤの基本をすっ飛ばして作ったんですよ。

基本、オヤは全てのパーツを切らずに作ります。
基本にのっとるならば、花びらの切れ目に紐部分をつなげるのが正解。
ですから、この十字のモチーフを縦に置くつくりは、オヤの伝統に反しているんです、実は。

基本通りに、花びらの切れ目でつなげると、十字にはならず・・・四葉のクローバーになってしまう。それはそれでカワイイかもしれないけれど、私の作りたいものではない!反対を受けつつ、突っ走って作り上げたのが「クローチェ」私の独断で作りました(笑)

モチーフをつなげる紐の部分も、
当時(8年前)オヤに無知だった私だからできた発想。
「繋ぎの紐部分は、ビーズ編み込みで!」
単純に可愛いだろうなぁと思っての意見でしたが、
以前はなかったらしく、はじめ皆の反応は否定的だったんですよ。

そんなこんなで完成した「クローチェ」、
今ではAYTURKの定番になりました!
シンプルで、軽くて使いやすいとの皆さんからのご意見いただいています。

「クローチェ」シリーズの、
一番人気のパールとのコンビは、パートナー:ネビベの発案です。
大小のモチーフの組み合わせだった「クローチェ」を、
「パール入れてみない?」の一言で決まりました。
ベーシックな「クローチェ」よりも、大人感が増えましたね。

チョーカー風に短め&長めの2連かけをするのが、おススメです。
だからやっぱり120㎝は必要です。

画像3

クローチェ・パール」の同じデザインで作ったピアスは、
大小のモチーフにパールを編み込んだ、長めピアスです。
長めの6㎝サイズで作りました。

画像4

※ごめんなさい!裏面が出てますが・・・
 冬の印象で撮影してみました。聖なる夜に☆

クローチェ」シリーズのブレスレットも作りたいと思ってますけど、
なんかコレだ!
というデザインが思いつかず・・・色々と検討中。
いつか作りますね。ご意見は大歓迎です。

1つのデザインを生み出すにも、山あり谷あり、
トルコのオヤの伝統を守りつつ、
たまには伝統をすっとばすこともあるけれど(苦笑)
オヤの継承者として、世界にAYTURKのオヤを広めてゆきます!

AYTURKで皆さんのお気に入りが見つかりますように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
AYTURK/オヤデザイナー
トルコのカッパドキアで仲間とともにオヤ作りをしています。 コロナ真っただ中にトルコで会社「BERRY」を設立してしまいました。 オヤのブランド「BERRY」として世界に出たいと画策中。 HP: https://www.ayturk.biz/