21世紀に戦争があるとは思ってもなかった・・・/新作ストール「ローズ」
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

21世紀に戦争があるとは思ってもなかった・・・/新作ストール「ローズ」

AYTURK/オヤデザイナー

テロや、紛争・サイバー戦争などは聞くものの、軍事的な戦争がこの21世紀に起こるとは、考えてもいなかったです。
トルコからウクライナは、地理的に黒海を挟んだ北と南ですし、友好国です。コロナの真っ最中でも、ロシアとウクライナからの観光客は減ることなく、なんとかカッパドキアの観光業は保てていたところでした。

「コロナも、そろそろ出口が見え始めたかねぇ」と話していた矢先のロシアの侵攻開始のニュース・・・驚きと心配がいり混じった感情で、毎日ニュースから目が離せません。

カッパドキアにはウクライナの方も、観光業でお仕事されてる方多いんですよ。ですから友人もいます。そしてロシアにも長年の友達がいます。

ウクライナの友人には伝えました。
家族や仲間が避難してくるならば、我が家は部屋もあるし、提供するよと。

そしてロシアの友とは、FACEBOOKなど制限はあれど、とりあえず連絡は取れています。でも、経済制裁による混乱で仕事を失うかもと・・・大変だったらいつでもカッパドキアに逃げておいでと伝えました。

どちらも心配がつきません。

日本人で、戦後生まれの私にとって、戦争とは昔話でした。
そして今起こっているのは、20世紀に逆戻りしたかのような軍事戦争。
考えたくないけれど、この危機はどの国にでも起こりえること。
SNSの普及によって、情報はすぐに手に入るのは現代の利点、今目の前にあることを自分で理解し、できることを考え行動するしかないですね。

大切な友達を助けることすらできてないし、自己満足の偽善かもしれない。
でもね、ウクライナもロシアも私の友がいる国。
平和が一番。世界に平和あれ。

この危機によるAYTURKへの影響も、今後出てくると思います。現時点でのトルコから日本への国際郵便は動いていますが、国際線の減便や停止など始まりましたから、遅れもでると思われます。
他には、素材の値上げですかね・・・
これらは、今心配してもしょうがないので、その都度、最適な方法を考えようと思います。

追加:皆さんからのご注文によるAYTURKの売り上げを、この危機のために活用していこうと思います。

エレガントな薔薇のモチーフ

この軍事侵攻が始まってから、トルコにいる私にも、友人から安否確認の連絡きました。ありがとうね☺
軍事侵攻後、トルコリラの暴落は再度始まり、インフレは加速するばかりですが、まぁ平穏です。

冬から春へ。気候も穏やかになりつつあります。
猫柳の若芽が大きくなり始めていました。極寒の季節も終わり、太陽の暖かさをじんわりと味わっています。

春のアイテム、今年の計画は色々あれど、早々に完成したのは薔薇のストール。ご好評いただいていたシフォンのストールにテコ入れしてみました。
目指したのは、個性のあるエレガントなストール。
2022年の春夏トレンドは、はっきりカラーですよ!

画像1

お気に入りのアイリス色のシフォンに、
鮮やかなローズピンクの薔薇を入れました。
シフォンと同系色の淡いパープルとの2カラーの薔薇。
どちらもベースに合わせて、青みのある色を選んでいます。

一番悩んだのは、葉の色・・・
春らしく、グリーン?・・・落ち着いたグレーグリーンも考えたけど、どうもしっくりこなくて、最後に選んだのはスタンダードなグレー。
正解!
印象的な薔薇のローズピンクとアイリスの色のストールをまとめてくれました。

画像2

穏やかなクリームベージュのシフォンには、
優しいカラーのローズ。冬の新作パシュミナで使ったカラーです。
ポイントは、ベージュの葉。
これで、ちょっとくすんだアンティーク風です。

画像3

そして、ピンクのシフォンには、春らしくイエローとサーモンピンクの薔薇。ビーズもほんのりピンクを選びました。
明るく、元気な印象のローズには、カーキ色の葉です。

この春の新色「ローズ」
それぞれ雰囲気の異なる印象で、大満足の完成度です。

AYTURKで皆さんのお気に入りが見つかりますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! Teşekkür ederim
AYTURK/オヤデザイナー
トルコのカッパドキアで仲間とともにオヤ作りをしています。 コロナ真っただ中にトルコで会社「BERRY」を設立してしまいました。 オヤのブランド「BERRY」として世界に出たいと画策中。 HP: https://www.ayturk.biz/