マニアック十二支シリーズ8:未 「未」即ち「味わう」こと
見出し画像

マニアック十二支シリーズ8:未 「未」即ち「味わう」こと

マニアックな十二支シリーズ、今回は”未(ひつじ)”です。

未はゴッドオブ土の五行。

いまでも夏土用が一番有名ですよね、鰻食べるやつ。この夏土用の期間が未です。(だいたいね)

季節が火から金に移行する際の
緩衝材として大きな土気となるのですー。

動物:羊・鷹・雁

五行:土気としての「未」、火気の終わりとしての「未」、水の三合局の墓としての「未」、午と合、丑と冲
方位:正南210度(±15度)
月:旧暦六月(新暦七月)
時:午後1時から〜午後3時まで
季節:旧暦六月小暑〜7月立秋の前日まで

事象:桑の木・枯れた木・盃・果樹園・芝生・盆栽・医薬・衣服
身体:胃袋・脾臓・小腸・手・肩・腕・乳房
色形:黄色、四角い・平面・可塑性がある物

意義:
「未は万物なりて、滋味あるなり」(『史記』)
「未は味わいなり、六月は滋味なり。五行の木は未に老ゆ。木の枝葉のしげるに象るなり」(『説文』)

解字:

画像1

未の字は、象形文字で木の枝葉が茂った様を象る。
六月は万物が成熟して、その実に味わいが出る。その気候を指す。

やわらかく言うと「大地を覆う木に、若い枝が生えた様子」をかたどっており、そこから転じて「若い」「小さい」「まだ」「いまだ」という意味が生まれた。

易と「未」:天山遯(てんざんとん)

画像2

前月に萌した一陰が次第にその勢いを増して二陰となり、その結果天と山が合した形である。山を小人、天を君子とすれば、小人の力が強くなってきて、君子が時運から遠ざけられて隠遁する象である。


最後まで、読んで頂きありがとうございます。

読んだよ〜って「スキ」「ハート」を
いただけるとめちゃくちゃ励みになります。

では、またごきげんよう〜。
noteは、平日(月火水木金)の更新です。

\follow me〜♪/
<Twitter>
https://twitter.com/art_ayapan

<instagram:ご飯編、漢方勉強中>
https://www.instagram.com/kanpo_ayapan/

<instagram:現代artはこちら>
https://www.instagram.com/ayapan_art/

<instagram:パン屋事業はこちら>
https://www.instagram.com/ayapankobo/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あやぱん@卍易風水師

物を創るのが好きです。いただいたサポートは新しい実験に使わせていただき、新しいチャレンジをしてnoteにアップしていきます。ありがとうございます。

ありがとうございます!感謝感激💖
卍易(まんじえき)風水師/ITコンサルタント/あやぱん工房(http://ayapankobo.com)の中の人。 農学部→大手SIerプロマネ→NLPコーチ→パン屋 & ITコンサルタント(リモート複業)→卍易風水師