そめや あやみ

文章を書くことが好きです。Web小説(完結)『論文を書くピアニスト』https://e…

そめや あやみ

文章を書くことが好きです。Web小説(完結)『論文を書くピアニスト』https://estar.jp/novels/25947944 著書『統合失調症』https://amzn.to/2SQEUtk

マガジン

  • コラムのようなもの

    主に人間関係や心の動きについて考察しています

  • 音声配信

    自作小説の朗読中心

  • 自己紹介や拙著の紹介

    そめやあやみの紹介になります

最近の記事

  • 固定された記事

『統合失調症 メンヘラの極みでも、人生何とかなるよ』にいただいたご感想をまとめました。

(2023年10月07日新しい感想を下部に追記) ※新しいご感想は随時こちらのnote下部に追加、更新しています。 こんにちは。私のnoteに目を留めていただきありがとうございます。この度、書籍を出版することになり、発売開始いたしました。 『統合失調症 メンヘラの極みでも、人生何とかなるよ』という本です。 本の購入はこちらからお願い致します。 手抜きなし、出し惜しみなしで、渾身の一作を仕上げた自負があります。 5/29から発売してまだ一週間ほどですが、早くも読了の

    • 「辞める挨拶」を自分の過去から探した

       ひとの「辞める挨拶」を読みながら、私は今までどこかを辞めるとき、挨拶をしてきただろうかと思った。  学校の卒業式は、一貫校なのに途中で抜けることで挨拶する雰囲気がなかったり、高校では入院中で欠席したり、大学では震災で中止されたりと、挨拶の機会が乏しかった。  ある職場を辞めると決まったときは、一部の上司以外は私が辞めると知らなかったから、「あれ、どこか行くの?」と声をかけてくださったひとに私は曖昧な笑顔で返して、そのまま勤務時間中の真昼間に職場を出て戻らず、それが最後の出勤

      • ときどき朝寝するのだが、その入眠のスムーズさときたら夜とは比べものにならない。昂る神経を鎮めるため自分でマッサージを繰り返す夜に対して、朝はすぅっと包まれるように眠りにつくことができる。本来なら私は朝に寝たほうが幸せかもしれない。

        • 他者が作った曲を「心を込めて弾く」ことへの疑問と、解決に至った過程

           子どもの頃から少し不可解なまま、ピアノに向かっていました。  ピアノの先生は「自分のものにするまで練習しなさい」と言う。でも、クラシックの名曲は自分のものではない。曲の全てが自分の心境を代弁してくれるわけでもないし……  この辺りのモヤモヤはたまに先生へ質問していましたが、納得のいく答えは得られませんでした。 「考えても答えはありません」 「音楽は弾いて心で感じるものです」 「本を読みすぎるなよ、それよりシャワーのように音楽を聴きなさい」  ムダなことを考えるな、音楽を聴

        • 固定された記事

        『統合失調症 メンヘラの極みでも、人生何とかなるよ』にいただいたご感想をまとめました。

        • 「辞める挨拶」を自分の過去から探した

        • ときどき朝寝するのだが、その入眠のスムーズさときたら夜とは比べものにならない。昂る神経を鎮めるため自分でマッサージを繰り返す夜に対して、朝はすぅっと包まれるように眠りにつくことができる。本来なら私は朝に寝たほうが幸せかもしれない。

        • 他者が作った曲を「心を込めて弾く」ことへの疑問と、解決に至った過程

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • コラムのようなもの
          そめや あやみ
        • 音声配信
          そめや あやみ
        • 自己紹介や拙著の紹介
          そめや あやみ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          知性のせめぎあいと多様性

          知性の面白さには「知性のせめぎあい」と「知性の多様性」の二種類があると、私は考えています。

          知性のせめぎあいと多様性

          知性のせめぎあいと多様性

          「他人に恋できないなら自分に恋すればいいじゃないの」という一文を思いつき、承認欲求のある一面を言い表せるのではないかと思った。

          「他人に恋できないなら自分に恋すればいいじゃないの」という一文を思いつき、承認欲求のある一面を言い表せるのではないかと思った。

          同郷に自分を重ね合わせる話題について

          もしかしたらこんな人生だったかもしれない、と自分を重ねて想像できる話題はエモい。同級生や友人の噂話が基本的に面白いのも、ここで道が分かれたけれど、もしかしたら自分も…という「あったかもしれない道や選択肢」を想起させてくるからだと思う。 学校に限らず、場所や会社、考え方や流行なども含め、同郷のひとたちの行末を知ると、いずれもそんな感傷的な味わいがある。 しかし注意したいのは、この手の話は「同郷以外のひと」にとっては面白くも何ともないことが往々にしてある(と思えてならない)。だ

          同郷に自分を重ね合わせる話題について

          モデル小説の在り方を考える

          モデル小説のプライバシー権と表現の自由の対立について、代表的な判例「石に泳ぐ魚」「宴のあと」に学びつつ、モデル小説を読むことも書くことも好きな私の考えを喋りました。 同意の有無について・モデル小説の存在自体への賛否など、過去に読んだ複数のモデル小説や自作をざっくり振り返ってます。 書籍を紹介の際に朗読はしていませんので、概要の説明にとどまります。 言及した小説 ・『石に泳ぐ魚』柳美里 ・『感情教育』中山可穂 ・『死にたい夜にかぎって』爪切男 ・『夫のちんぽが入らない』こだま ・『シンプルな情熱』アニー・エルノー ・『宴のあと』三島由紀夫

          モデル小説の在り方を考える

          モデル小説の在り方を考える

          小説『シャングリ・ラ』における鉄と炭素繊維の比較に読む、本質的ということ

          「本質」という言葉が信憑性に欠けるという見方はいつ頃から出てきたのだろう、と思う。  具体的な言及を避け、「本質」や「覚悟」などと連呼しているひとは、その響きに酔っているだけで見せかけの虚栄として言葉を軽率に使っている可能性が充分ある。  ただそれでも、本質的であること、それを目指すことを諦めてはいけないのだと思う。それらしさを纏っていればいいと開き直ってしまえば、その姿には面白みも楽しさも美しさも感じられない。 『シャングリ・ラ』という小説がある。  池上 永一の長編小

          小説『シャングリ・ラ』における鉄と炭素繊維の比較に読む、本質的ということ

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』完結回

          自作小説をちょっとずつ朗読していましたが、今回で完結です。 「タカオカさんの今」「再会」の章を読み上げました。6分です。 写真は作中に出てくる阪急西宮ガーデンズの外観。 エブリスタの本文はこちらから。 https://estar.jp/novels/25780024

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』完結回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』完結回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第13回

          自作小説を朗読、続きです。第13回は長めに38分、複数の章を収録しました。「タカオカさんとの距離」「そして春」「夫が見ていた情景」「私が瑠璃に思い残すこと」「出産」「理緒が生まれて」「夫の不安」の章を読み上げています。写真はお台場です。 エブリスタの本文はこちらから。https://estar.jp/novels/25780024

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第13回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第13回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第12回

          自作小説を朗読しています。第12回は「しばらくこっちに住もうと思って」の章を読み上げました。今回は短めで、3分半程度です。写真はみなとみらいです。 エブリスタの本文はこちらから。https://estar.jp/novels/25780024

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第12回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第12回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第11回

          自作小説を10分くらいずつ朗読しています。 第11回は「神戸ハーバーランドにて」の章を13分程度読み上げました。写真はみなとみらいです。 エブリスタの本文はこちらから。https://estar.jp/novels/25780024

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第11回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第11回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第10回

          自作小説の朗読、続きです。 第10回は「悪阻」と「瑠璃のお遊戯会」の章を13分、読み上げました。 エブリスタの本文はこちらから。https://estar.jp/novels/25780024

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第10回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第10回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第9回

          自作小説の朗読、続きです。 第9回は「タカオカさんが言わなかったこと」の章を読み上げました。今回は長めで27分です。写真はみなとみらい。 エブリスタの本文はこちらから。https://estar.jp/novels/25780024

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第9回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第9回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第8回

          自作小説の朗読、続きです。 第8回は「タカオカさんの話を聞きながら」の章を朗読しました。全文はエブリスタで読めます。 https://estar.jp/novels/25780024

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第8回

          朗読『きみの野望が欲しかった__Twitterから始まる連鎖』第8回