見出し画像

彼らも僕らも悩んでいる、ならば……『なぜリベラルは敗け続けるのか』

リベラルってそんなに狭量なんですか

帯には「私は本書執筆で『友』を喪う覚悟を決めたーー著者」とあります。一体、どんだけ手厳しくリベラル批判をしているのかなとページをめくってみると、やさしい口調で諭すように、噛んで含めるように、自身の体験、失敗さえ交えながら「リベラルのこれからの現実での戦い方」を説いていました。

驚きました。「こういう落ち着いた言い方をしてもリベラルの中では友を喪う可能性があるのか!?」と。確かに、噛んで含めるような言い方だからこそ耳が痛いという可能性はあるかもしれず、その点では「右の中で原理原則にばかりとらわれがちな私」も、考えさせられるところは多かった。「理想ばかり、べき論ばかり説いて現実の仲間を増やそうともしないから負けるんだよ」と言われたら、反省するほかありません。

筆者の岡田憲治氏は専修大学法学部教授。がちがちに思想を固めている運動体の中心にでもいれば、確かに身内批判はご法度かもしれない。しかし付き合っている「友」だって、広く学のある人たちなんだろうに…と思うのですが。が、これまで会ったことのある左派の方々の「本音」を思い出してみれば、「左派の集会では『九条見直し、なんてことは絶対に言わないでください』とくぎを刺される」「慰安婦問題の左派の議論の方向性にも疑問はあるのだが、表立っては口にできない」というものも確かにあった。

「こちらを批判するってことは、あちらを認めるってことですか!」という単純な二元論が、リベラルに限らず保守も含めた日本の議論の「硬直化」をもたらしており、「閉塞感」を生み出しているのでは、とさえ思います。それを憂いているのは右派の私だけでなく、リベラルである筆者の岡田氏も一緒ではないか? むしろ政治的に「敗け続け」ているリベラルの危機感が、本書からはビシビシ伝わってきます。

3つのハイライト

次に、この本の中で特に印象的だった箇所を3点、ご紹介します。

①議論とは何のためにやるのか?

議論=論破という改変が起こりがちな昨今で私も身に覚えがあるわけですが、筆者はこう述べています。

《政治における議論の目的とは「お互いの分岐点を確認すること」であり、それと同時に「反対派の人たちに『この議論には意味があった』という気持ちを残してあげること」にあります》

いいですね。これ、ぜひやりたい。右と左の発想の違い、なぜそう思うのか、どこからすれ違い入れ替わりしたのかが、今の議論だとなかなか見えなくなってきている。「元来保守だったはずの自民党が、若い人からは革新だと思われている!」みたいな議論もありましたが、戦っている人たちには自明の「右だ左だ」「保守だ革新だ」というそもそも論(つまり分岐点)が分かりづらい。だから「右とか左って、何?」という他の多くの無党派層を遠ざけている面もあるかもしれません。

「知ってて当然」の威圧感で来られたら怖いですもんね。理解の度合いや深度は人それぞれ違うんですから。興味を持ってくれた人を入り口で遠ざけるのは愚策でしょう。この点も本書では指摘されています。

また、議論することの意味も大事。例えば同性婚一つとっても、「日本の伝統を壊すな」派と、「個人の生き方の問題だ」派、私にはそれぞれ役目があると思うのですが、現状ではただただ対立しており話し合う余地すらない。

これは双方にとって不幸だと思うし、何より当事者が最も割を食う。相手の意志を砕く論破ではなく、意味のある議論(だったと感じられること)を。どちらの方向に世の中が進むにせよ、ちゃんと議論してわずかでも自分の価値が反映されるほうがよくないですか。そうじゃないと片方に遺恨を残してゴリゴリ進むか、現状が温存されるだけか、どちらかになります。

もちろん私自身、これまでに怒りに駆られて論敵を指弾する記事を書いたことが何度もあります。それ自体は後悔はないし、基本的にその怒りそのものは今も保持しています。が、指弾したところで相手が「あーそうかもしれないですね」とはならないことがほとんど。「時にはバシッと言ってやる」ことも大事ではありますが、それはほとんど一方通行で終わる。そして現実は変わらない。ならば少し視点を変えてみるのも必要ではないか。筆者の岡田氏が提案しているように相手に「この議論なら乗った意味がある」と思ってもらうのも一つかもしれません。

②立場の違う人と議論するために必要なこと

意味のある議論、落ち着いた議論をするためには、たぶんですが「相手を信用できるかどうか」も重要。「彼は左翼だけど日本解体論者ではない」と思えないと話もできないわけです。こういうレッテルを張ってしまえば、当然のことながら「相手の意見に1ミリたりとも歩み寄ることは許されない。だって日本解体論者だから!」という話になりますから。

本書では筆者である岡田氏の「ゴリゴリの保守の友人」が登場。周りからは「なんであんな奴と」と言われながらも、友達だから付き合いをやめない、と書かれています。……こんなことまで書かなければならないくらい、「思想の違う人との接触」が危険視される状況が実在しているというのが怖いところ。

「ゴリゴリ保守の友人」を紹介するくだりで、「改憲派で靖国参拝もする(のに、国を愛することと日米地位協定が両立するのか)」という岡田氏の疑問が()付きで補足されています。この件をぜひご友人と話し合ってもらいたい(そしてその成果をどこかで紹介してほしい)のですが、なぜなら私も右であるがために「日米安保こそ現実路線(だから地位協定も米軍基地もオッケー)」とする(あえて言えば)親米保守という立場には、それそのまま100%には受け取れない疑問があるからです。

私と岡田氏は「右派とリベラル」という対極にありますが、「ゴリゴリの保守」と目される友人に対して感じる疑問は「同じ」。ここに、議論できる余地があるのではと思うわけです。このような共通項も、立場が違っても話し合いができる相手かどうかにかかわってくる要素かもしれません。

③現実主義とは現状追従ではない

《現実主義という言葉ほど誤解されている言葉はありません。私たちの生きる日本社会では、現実主義とは、即「既成事実屈服主義」という意味になるからです》

思わず赤線を引きまくる一文です。「安倍政権をめぐる論評に、右派として疑問がある」というなかなかこじれた立場の私が直面している壁こそがこの「現実主義と現状追従のはき違え」だからです。これは岡田氏がいみじくも言っているように《脳内の何かを停止させている》。この辺り、ピンときた方はぜひ本書のP215からの1節をお読みいただきたい。

あのリアリストの代表的論者と言っていい高坂正堯は言いました。「理想主義に手落ちはあるけれど、追求すべき価値も見ないとただの現実追従主義に陥るよ!」(こんな口調ではなかったと思いますが…)。


……いかがでしょうか。先にアゴラでご紹介した物江潤『ネトウヨとパヨク』(新潮新書)でも、「話し合いの重要性」が説かれていました。なにか一部の人たちから「分断して論破しあっているだけじゃ、そろそろダメだよね……」という機運が生まれてきつつあるのかもしれません。この流れに乗っていきましょう、積極的に。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけましたら、それを元手に本を買い、レビューを充実させます。

ありがとうございます!! 励みになります。
14
右の立場から言論における右左について、対米関係について考え中。雑誌やネットメディアに時々寄稿。読んだ本のレビューや、テーマを深めるための記事を公開します。第二次安倍政権に関する本を読む「あべ本レビュー」も。ご連絡はこちらまで→ayako_kajii(a)yahoo.co.jp

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。