「本の世界の新たな日常」を応援したい。オーディオブックの会社がブックフェスを開催する理由
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「本の世界の新たな日常」を応援したい。オーディオブックの会社がブックフェスを開催する理由

こんにちは、本を耳で聴けるサービス「audiobook.jp」マーケティング担当のいとうです。サービスを運営しているオトバンクには入社10年目で、これまでにも時々ここでnoteを書いています。

突然ですが、「audiobook.jp」は読書の秋に合わせ、10月27日より「オーディオブックフェスティバル2020」を開催します!想定を超える総勢42社の出版社さまにご協力いただいており、サービス史上最大規模の企画となりました。

📕オーディオブックフェスティバル2020 会場はこちら📕

どうして史上最大規模のイベントをこのタイミングで開催することにしたのか。今回は、企画者である私から「オーディオブックフェスティバル」に込めた想いとフェアの概要についてご紹介します。

📕 耳で楽しむ、新しい本との出会い。

私は、本が好きです。
ひとことで「本が好き」と言っても、そこにはいろんな「好き」が詰まっています。物語が好き、新しい知識を学ぶことが好き、読むという行為が好き、等々。私にも本にまつわるたくさんの「好き」がありますが、今日は「本との出会いが好き」という話をしたいと思います。

何でもオンラインで事足りるようになってきた現代はとても便利ですが、私は今でも書店で本を買うのが好きです。現在audiobook.jpで本に関わる仕事をしているのも、きっかけは学生時代に書店でアルバイトをしていたことでした。

画像1

子どもの頃からずっと、当たり前のように本に囲まれて暮らしてきましたが、そのアルバイト先の書店が突然閉店してしまったとき、私は「本屋さんって、なくなるんだ」という、考えてみれば当然起こり得ることに初めて思い至ったのです。

さらに社会人になってから読んだ内沼晋太郎さんの『本の逆襲に、「書店に勤めていなくても本と人をつなげるような活動をしている人はみんな本屋だよね」という趣旨の話があり、「本屋」の概念がグッと広がりました
そんな経験があり、現在は「本と本が好きな人を繋ぐ仕事をしたい」という想いのもと、オーディオブックの仕事をしています。

プライベートでは私自身「本が好きな人」のひとりとして、ブックイベントに行ったり地方の本屋さんを巡ったりしていました。「その日その場所でしか出会えない本を買う」という特別な熱気を帯びた体験が、そこにはあるからです。

WEBで本を買うのは便利だし、速いですよね。検索すれば一発で目的のものに辿り着けるので効率的です。でも書店には、書店でしかできない体験があります。欲しい本を探していたら他にも気になる本を見つけた。知らなかった作家を知った。ついでに買って読んでみたら、それ以来ファンになった。そんな体験があなたにもあるのではないでしょうか。

本との一期一会。様々な出版社さんのおすすめを直接知ることができる。ブックイベントは、そんな体験が集まる場所だと思うのです。

▼2017年の「神保町ブックフェスティバル」で出会い、買って帰った本たち

note画像②

2020年、コロナウィルスの影響により多くのイベントが中止となり、「本を売る人」も「本が好きな人」も、変化を余儀なくされました

しかし一方で、そこには「本の世界の新たな日常」が生まれつつあります。オンラインで集い、本の魅力を語り合うこと。遠くの書店や出版社から直接本を取り寄せて買うこと。ずっと続いてほしい書店、新しく生まれる書店を直接応援すること。

オンラインが基本になったこの状況の中で、初めて遠くの出版社の人や著者の人柄に触れることができるようになったという人も多いはずです。

私たちaudiobook.jpも、そんな新しい形での「本との出会い」を皆さんに届けたい。物理的に集まることはできなくても、オンラインで「本との出会い」の場であるブックイベントの魅力を多くの人に味わってもらいたい。そんな想いでこの「オーディオブックフェスティバル」を企画しました。

オーディオブックは「耳で聴く本」、音声によって楽しむ本です。初めての方も、「耳で聴く」からこそ心に刺さる本に、きっと出会えるはずです。

今回、多くの出版社の方に、おすすめコメントやここだけのプレゼントをご協力いただきました。ぜひ「オーディオブックフェスティバル」に参加して、新たな本の楽しみを見つけてみてください。そして、聴いてみた感想を出版社の方に直接届けてみてください。

iOS の画像 (15)

📕 「オーディオブックフェスティバル2020」について

オーディオブックフェスティバルは、10月27日から11月9日まで期間限定での開催です。「読書の秋」をみなさんと一緒に盛り上げられますように!

📍見逃せないポイント
①audiobook.jp過去最大規模のフェア!
②ビジネス書も文芸も、全42社のオーディオブックが対象!
③各出版社推薦オーディオブックをお薦めコメントと共にご紹介!
④対象商品最大50%オフ!
⑤抽選でここだけのプレゼントが当たるかも!?

📍参加出版社 (五十音順・敬称略)
あさ出版、アスコム、岩波書店、英治出版、太田出版、柏書房、KADOKAWA、河出書房新社、かんき出版、きこ書房、技術評論社、幻冬舎、講談社、さくら舎、サンクチュアリ・パブリッシング、サンマーク出版、実業之日本社、集英社、翔泳社、祥伝社、すばる舎リンケージ、星海社、創元社、ダイヤモンド社、大和書房、ディスカヴァー・トゥエンティワン、東京創元社、東洋経済新報社、徳間書店、日本能率協会マネジメントセンター、PHP研究所、評論社、扶桑社、プレジデント社、文響社、平凡社、ポプラ社、マガジンハウス、ミシマ社、みすず書房、ライツ社、ワニブックス

📍「オーディオブックフェスティバル2020」概要
期間:2020年10月27日(火)~11月9日(月)
対象商品:448作品
参加者プレゼント内容(一部):
・audiobook.jpより、図書カード5,000円分
・実業之日本社様より、ロゴ入り実日文庫オリジナルブックカバー(A6文庫用)
・ワニブックス様より、WANI BOOKOUT&WANI BOOKS NewsCrunchのノベルティバッグと書籍のセット
・東洋経済新報社様より、LIFE SHIFTプロジェクトチーム公認オリジナルステッカー
・英治出版様より、『イシューからはじめよ』書籍
・大和書房様より、『スタンフォードの自分を変える教室』『愛蔵版プレミアCD付き 20代にしておきたい17のこと』書籍
ほか ※期間中、各出版社様のオーディオブックをご購入の方から抽選でプレゼント

📕オーディオブックフェスティバル2020 会場はこちら📕


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!
オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」運営メンバーがお送りします。オーディオブックがもっと楽しくなる情報をアップデートしていきます!フォローお願いします✨ 公式Instagram:https://www.instagram.com/audiobookjp/