見出し画像

「エーリヒ・ケストナー ~消された名前~」(仮)準備稿 その2

「エーリヒ・ケストナー ~消された名前~」(仮)

出演者募集中・オーディション情報はこちら。
http://www.inzou.com/workshop.html

作:鈴木アツト

2020年7月1日版 準備稿
※戯曲の内容は、公演時には変わる可能性があります。

登場人物
〇エーリヒ・ケストナー(男):大学生であり新聞記者。後に、小説家。
〇ハンス・オットー(男):ケストナーの同級生。俳優。
〇ヴェルナー・ブーレ(男):ケストナーの同級生。後に映画監督。
〇ルイーゼロッテ・エンデルレ(女):中学生。後に、出版社勤務。
〇エーバーハルト・シュミット(男):パン屋の少年。後に、映画プロデューサー。
〇ヴァルター・トリアー(男):ユダヤ人のイラストレーター。
〇レニ・リーフェンシュタール(女):ダンサー。後に、映画監督。

第2場 1929年12月頭・ベルリン

(第1場から)六年後、ベルリン。世の中は世界大恐慌の影響で、少しずつ景気が悪くなっている。舞台は、ケストナーの引っ越したばかりのアパートの居間。上手に玄関が、下手に台所と奥の部屋(寝室兼書斎)があるが、客席からは見えない。テーブルや椅子などは、雑然と置かれている。
今日は、内輪で行う、ケストナー作「エーミールと探偵たち」の初版四千部完売の祝賀パーティー。

≪物語の途中からを紹介します。≫

   ヴェルナーが、シュミット(21歳)の身体を押さえながら、部屋に入って来る。後ろにハンスが続いて、入って来る。

シュミット 離せてって。
ケストナー どうしたんだよ?
ハンス 向かいのパン屋のガラス割った犯人をヴェルナーが。
ヴェルナー ねえ、レニは?
ケストナー 今、帰ったけど。
ヴェルナー 今?
ハンス 西側の階段から降りていったんじゃ。
ヴェルナー エーリヒ、こいつ頼む。
ケストナー おい、ちょっと。

   ヴェルナー、玄関へ(退場)。

シュミット 離せ!
ハンス エーリヒ、離すなよ。
ケストナー お、おう。
ハンス 君、なんでパン屋のガラスなんか割ったんだ?
シュミット ユダヤ人のパン屋だからだよ。あいつら、ずるいやり方で儲けてるんだ。
ハンス ずるいやり方ってどんなやり方?
シュミット 知るか! ずるいもんはずるいんだ!
ロッテ ねえ、この人とどこかで会ってない?
ハンス え?ロッテの知り合い?
ロッテ あなたも会ってるのよ。ライプツィヒのパン売りの子。
ハンス ちょっと待って。あの時の映画少年?
ロッテ あなたもベルリンに出てきたの?
シュミット 誰だよ? あんたたち。
ロッテ 覚えてない? 私たちのこと。
シュミット 、、、
ハンス ダグラス・フェアバンクスみたいになりたいって言ってたよな?
シュミット !
ロッテ やめちゃったの? 俳優の夢。
シュミット 演技の学校、三年は受験したさ。でも毎年、不合格。おまけに最後の年は、母親も死んだ。
ハンス 、、、
シュミット 金持ってるユダヤ人は何人も合格してるのに、貧乏ってだけで、ドイツ人の俺は合格できないのか?
ハンス 、、、
トリアー だからって君は、何も関係ないパン屋のガラスを割るのか?
ケストナー え?トリアーさん?
シュミット みんなが言ってる。ユダヤ人はずるいって。楽して儲けてるって。
トリアー みんなが言ってるから、君はやるのか?
シュミット わかったんだ。なんで、ドイツ人のパン屋って掛け声かけるとパンが売れるのか。みんな、ユダヤ人のパン屋からは買いたくないんだ。ドイツ人のパン屋から買いたいんだ。
トリアー みんなが言ってるから、君はやるのか?
シュミット 、、、

   トリアー、その辺にあった花瓶を拾って、シュミットに渡す。

トリアー 投げてみろ。私もユダヤ人だ。
シュミット 、、、
トリアー 目を見て。私に向かって投げろ。
シュミット 、、、投げれないよ。人に向かっては。
トリアー (怒鳴って)投げろ!

   シュミット、目をつぶって、ゆっくりと手に持った花瓶を投げようとするが、

シュミット ごめんなさい。

   シュミット、泣きながら、花瓶を床に置く。

トリアー 君が石を投げれるのは、目をつぶってるからなんだ。目を開けているのに、そこにある人間の顔を見てないんだ。
シュミット 、、、
トリアー あそこのパン屋、美味しいんだよ。
シュミット 知ってる。だから悔しくて、、、ごめんなさい。ごめんなさい。
ハンス 俺たちはこれからここでパーティーなんだ。よかったら、君も一緒にどう?
シュミット 僕も?
ハンス ただし、じゃがいもの皮むき、手伝ってくれたらだけど。
シュミット 、、、
ハンス 嫌かい?
シュミット 嫌じゃない。僕でいいなら、、、
ハンス よかった。じゃあ、俺とロッテと一緒に台所。
シュミット うん。

   シュミット、立ち上がる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3