見出し画像

2019年は脱オレンジ。 ハロウィンの食トレンド

”トレンドの変化”を感じとるなら、定点観測が一番です。
特にシーズンイベント(ハロウィンやバレンタイン、お正月など)なら経年別、カテゴリ別などで整理しやすく傾向を捉えやすいと考えます。

ということで‥、
各社出揃ってきた2019年のハロウィンメニューをまとめてきました。

▷(はじめに) 2019年のハロウィン市場予測。

商品に入る前に、ハロウィンイベントの概況を少しだけ。
日本のハロウィン市場は2016年をピークに、なだらかにダウントレンド。バレンタインよりも男女・大人も子ども、未既婚問わず楽しめるので参加人口が多いものの近年は圧倒的なマンネリ感。
モチーフのかぼちゃも仮装もなんだかパッとしない印象です。そんな心離れもあって、2019年のハロウィン市場予測は前年度比7%減の1,155億円見込み。

そんなハロウィン市場の中で、各社はどのようなメニューを用意してきたのか‥?
それでは、いってみましょう!

・・・・

IKEA:ピンクと黒のソフトクリーム

画像8

一発目はイケア。
イケアのハロウィン限定ソフトクリームは、黒いコーンを帽子のようにまとった可愛いお化けの顔のデコレーション。果汁100%のピューレを使用したストロベリー味のソフトクリームに、竹炭を使って黒く仕上げたコーンがハロウィン感を演出。



▷ローソン:赤りんごケーキ、青りんご!?ケーキ

画像2

画像3

プレスリリースを読むとこれがハロウィンスイーツなんですが、いきなり従来のハロウィン感がない。りんごと見立てて‥と書いてあるのでなにか仕掛けがあるのかもしれないですね。


▷スターバックス:ダークナイトフラペチーノ

画像4

スターバックスのフラペチーノからは"夜の仮面舞踏会"をテーマにした「ハロウィン ダーク ナイト フラペチーノ」が登場。

一足先に登場した「ハロウィン レッド ナイト フラペチーノ」に続くフラペチーノは”ダークナイト”という表現通り、闇夜のように黒く妖しげなビジュアルだ。ハロウィンらしく妖しげな色合いを表現している。ブラックココア、甘酸っぱいミックスベリーとブラウニーを使用。さらにブラックココアパウダーとホワイトチョコレートブラウニーをブレンド。トッピングのホイップクリームの上にも真っ黒なココアパウダーと、アクセントに真っ赤なレッドベリーソースで飾りつけた。

画像5

スターバックスの場合は、10/4から上記の「ハロウィン レッド ナイト フラペチーノ」「ハロウィン マスカレード ラズベリー モカ」を展開。


▷ジアレイ 「悪魔のダークココア」

画像7

タピオカで有名なジアレイは「悪魔のダークココア」を発売。

ビターでコク深いココアドリンクが主役。その上に、ほんのり甘いクリームと、ザクザク食感のビタークッキーをたっぷり重ねて、ダークなムード漂う大人なハロウィンドリンクに仕上げた。クリームとドリンクをかき混ぜて飲むことで、より味わい深い風味を楽しむことができる。


▷サーティワンアイスクリーム:オレンジスライムタイム

スクリーンショット 2019-10-17 11.00.04

スクリーンショット 2019-10-18 0.46.40

ハロウィンに限らず、イースターなど様々なシーズンイベントに合わせてリコメンドしてくれるサーティーワン。メインはオレンジを中心にしたPOPな商品でサブはミッドナイト アップルマジカルミント ナイト。これは気になる‥!

▷不二家:ENJOYハロパ!

スクリーンショット 2019-10-17 13.44.54

安定の不二家さま。最近都内で店舗をみかけなくて寂しい(少し前まで中目黒駅前にあったのに)。不二家さんは安定の世界観でした。


▷ミスタードーナッツ:ミスド ハロウィン パーティ

スクリーンショット 2019-10-16 12.48.55

みんな大好きミスタードーナッツは昨年からトンマナは特別変わっていませんでした。

・・・・

▷脱・オレンジの要因は、イベントの脱マンネリに強く影響。モチーフを曖昧にして長いスパンで買われるように。

見ていただたように「従来のハロウィン≒オレンジ色」の世界観に変化の兆し。今年は黒&赤をベースに少し大人で落ち着いた世界観のものが多いような印象です。

また、一部の商品ではハロウィンのモチーフを全面に使わず「マジック、仕掛け、驚き」のような視点に注目したスイーツで従来のものと一線を画しています。
これによってハロウィン期間に限らずとも店頭における&ハロウィンターゲット外の層(コンビニの場合は年配者も重要な購買層)にアプローチできて、購買は動くのかも?しれないですね。


(参考)スタバのハロウィンフラペチーノの経年変化

参考までに近年のハロウィンフラペチーノを見てみましょう。

下記が2017年のフラペチーノ。
メインカラーがオレンジ色で、かぼちゃのおばけやコウモリの世界観。
Theハロウィン‥という感じ。

画像11


それで下記が2018年のフラペチーノ。
ちょっと異色なグロテスクな雰囲気に寄っています。見た目のインパクトも最強だけど、むらさき色の食べ物ってなかなか食欲そそられないので、きっと購買は動かなかったのだろうな‥。

画像11

2018年からハロウィン×フラペチーノは2種類展開していて、もう一つがこちら。

画像12

経年で色々テストして反応をみて、毎年アップデートしているのですね。さすが、スターバックス‥。

ほかにも気になるハロウィンメニューなど発見したら、ぜひ教えてください。

それでは、Happy Halloween!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

渥美まいこです。 いただいたサポートは、食トレンド調査に大切に使わせていただきます。感謝…。

うれしかー!ありがとうございます!
66
食トレンド研究家/家庭料理ジャーナリスト 「食べ物・料理」をあらゆる角度から紐解いてます。 Twitterでは毎日料理や食べ物の歴史を[#フードストーリー]として発信しています。ベトナム料理が大好きな1986年生まれ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。