見出し画像

妻との関係に悩むあなたへ、夫婦関係オンラインカウンセリングを始めました。

何年も妻からセックスを拒否されていて辛い。

妻から触れて欲しくないと言われ困っている。

そんなことはありませんか?

そして、その悩みを誰にも言えずに苦しんでいませんか?

かつてぼくも同じような立場でしたので、とても気持ちがよく分かります。

そして、その悩みは解決できるものであることも、ぼくは知っています。

この記事では、ぼくが行っている夫婦関係に関するカウンセリング(ビデオ通話とメール)の説明と、なぜ男性向けカウンセリングをやろうと思ったのかについて書こうと思います。

妻との関係に悩む男性の参考になれば幸いです。

目指すべき夫とはどのような姿なのか?

イクメンという言葉が生まれて10年以上が経ち、最近ではイケダン(イケてる旦那)という言葉さえ生まれています。

男性が家事育児に力を入れることは重要だと、ぼくも考えていますが(ぼく自身も育休を取ったことで、大きく自分が変わったことを実感しました)、そのためのノウハウは十分に共有されていないと感じています。

そのため、こういったことに困っている男性が増えています。

なにをどうやってすれはいいのか?
どこまで力を入れたらいいのか?
仕事と家庭のバランスはどう取ったらいいのか?
妻の反応がいまいちだが、続ける意味があるのか?

ぼく自身もそうでした。

さらに言うなら、「家庭」でやるべきことは3つに分解されます。

家事と育児と妻のケアです。

ここに仕事とプライベートが加わると、5つになります。

これら5つのバランスを取るのは、めちゃくちゃ大変です。

ぼく自身、バランスを取れずにうつ気味になったことがあります。

世間では「イクメン推奨!」「男も家事を!育児を!」と言われるけれど、実証データが少ないがために、その具体的な方法について、メディアは正しく情報を発信できていないことは問題だと考えています。

男性によっては、無理をしすぎて、ぼくのようにうつ気味になってしまう人もいますし、仕事に家庭に積極的に関与しているのに、妻との心理的距離が離れてしまい、辛い思いをしている男性もたくさんいます。

男は弱音を吐けない生き物

なぜ、こういった事例が一般では目に触れないのかと言うと、男は弱音を吐けない生き物だからです。

「泣くな!」
「口答えをするな!」
「いいから言うことを聞け!」

こんなことを、あなたは父親や、学校の先生や先輩から言われたことはありませんか?

ぼくはあります。

こういった経験が、ぼくやあなたの中に降り積もり、ぼくら男性を弱音を吐けない生き物にさせてしまったんです。

ぼくは、うつ気味になってしまったとき、妻が一生懸命、ぼくの話を聞き出そうとしてくれました。

でも、言葉が思うように口から出てこないんです。

自分になにが起こったのかを把握できていなかったということもありますが、それよりも「弱音を吐いてはいけない」という思い込みが体の芯まで染み込んでいることが大きな原因なんだと思います。

男には弱音を吐く場所がない

そして、「弱音を吐けない体になっている」ばかりでなく、ぼくら男には弱音を吐く場所すらありません。

よく会話をする相手が会社の同僚という人は多いと思いますが、あなたの会社にあなたの超個人的なプライベートな悩みを真剣に聞いて、適切なアドバイスをしてくれる人が何人いますか?

仕事の悩み、家事の悩み、育児の悩み、妻のケアの悩み、妻との夫婦関係の悩み、そして妻とのセックスレスの悩み

それらすべてを聞いてくれて、秘密にしてくれて、なおかつ、あなたを前に進ませてくれる同僚が一人でもいますか?

きっといないと思います。

なぜなら、仕事も家事も育児も妻のケアも、真剣に考えて悩んでいる男性はほとんどこの世にいないからです。

そんなマイノリティであるからこそ、あなたの悩みを心から理解して、共感してくれて、一緒に解決しようと真剣になってくれる人は、見つからないんです。

ぼくはあなたの味方です。

ぼくも、仕事も家事も育児も妻のケアも真剣に考えて、悩みに悩み、ウツ気味になったこともあり、セックスレスになったこともあります。

ですが、夫婦関係の研究をすることで、そこから抜け出すことができ、いまでは妻との良好な関係を築けています。

問題がまったくないわけじゃなくて、妻から怒られることもあるし、ぼくがイライラしてしまうこともあります。

ですが、大事なことは、問題にぶつかった時に、そこから逃げずに、どうすれば解決できるか?

どうすれば、ポジティブに前を向いて二人で歩いていけるか?

だと、思うんです。

ぼくは問題にぶつかっても、そのままにはせず、解決方法を探して必死に行動します。

その行動の先に、幸せを感じられる夫婦関係があることを、経験から知っているからです。

あなたが、同じように妻との夫婦関係に悩んでいるなら、ぼくに話を聴かせてください。

自分も同じ経験をしているからこそ、同じ悩みを抱えている人を放っておけないんです。

なぜなら、あなたの悩みは解決できると、ぼくは知っているからです。

あなたの悩みの辛さも深さも、ぼくや今までぼくに相談してくれた人々とは違うかもしれません。

それでも、いままでのぼくの経験と知識の蓄積が、きっとあなたの役に立つはずです。

ぼくは、あなたの味方です。

ZoomやSkypeなどのビデオチャット、それからメールを使ってやりとりをしています。

あなたにとって、気持ちを伝えやすい方法でいいと思います。

オンラインカウンセリングの内容

オンラインカウンセリングは、noteのサークル機能を使っています。

プランはこの3つです。

①毎月1回相談プラン
・毎月1回、メールかビデオチャット(Zoom or Skype)で相談が可能
・夫婦関係に関することならなんでも相談可能
・月額3,000円


②毎月4回相談プラン
・毎月4回、メールかビデオチャット(Zoom or Skype)で相談が可能
・夫婦関係に関することならなんでも相談可能
・より深いカウンセリングを受けたい方向け
・行動を移された後のフィードバックを受けて次の行動をご提案
・月額8,000円


③相談し放題プラン
・毎月何回でも、メールかビデオチャット(Zoom or Skype)で相談が可能
・夫婦関係に関することならなんでも相談可能
・より深いカウンセリングを受けたい方向け
・行動を移された後のフィードバックを受けて次の行動をご提案
・細かくカウンセリングを受けフィードバックを頻繁に受けたい方向け
・月額10,000円

サークルにあなたが参加していることは、最初の設定で秘密にすることもできますので、安心してください。

プライベートな悩みを抱えている方向けのサークルになるため、「みんなでワイワイ楽しむ!」という感じではなく、オンラインカウンセリングの方法として、noteのサークル機能を使うという位置付けですね。

とりあえず相談してみたいという方は、一番安い「毎月1回相談プラン」でいいと思います。

毎月メールカウンセリングはできますので、その月の夫婦関係の進捗をぼくに送っていただいて、ぼくの方からもアドバイスをフィードバックとしてお送りして、それを毎月繰り返すだけでも、改善はあると思います。

もっと頻繁にアドバイスが必要だなと感じられたら、後からプランを変更することもできますので。

相談の方法ですが、サークルに参加されたら、ぼくのnoteの右下にある「クリエイターへのお問い合わせ」機能を使って、「夫婦関カウンセリング希望」とメッセージをお送りください。

まずは、下記リンクから、サークルにご参加ください。


ぼくのお問い合わせページへのリンクを貼っておきますね。

これをクリックすれば、メッセージを送れます。

サークルに加入していただいたら、こちらのリンクから「夫婦関係カウンセリング希望」とメッセージをお送りください。


メッセージを送っていただいた後に、noteに登録されているメールアドレス宛て(メッセージに自動的に記載されます)に返信をさせていただきます。

そのあとは、メールを使ってカウンセリングをスタートさせていただきます。

はじめは、下記の質問をさせていただきます。

・結婚から何年経っていますか?
・お子さんはいらっしゃいますか?
・夫婦関係はいつから悪くなっていますか?
・セックスレスになっていますか?
・なっている場合、いつからですか?
・奥様に望むことはなんですか?

仕事も、家事も、育児も、妻のケアもがんばっている、でもちょっと疲れてしまったあなたを応援するため、ぼくが全力でサポートさせていただきます。

なにもかもがんばりすぎて、すべてが嫌になりそうなら。
妻との夫婦関係をどうやって改善すればいいのか、悩んでいるのなら。
仕事に家事に育児に妻のケアに、すべてのバランスが取れなくて苦しんでいるのなら。
もう一度、妻と、愛し愛される関係になりたくて、苦しんでいるのなら。

ぼくが、この世で一番の、あなたの味方になります。

サークルに入りたいけど不安だなーと思う方は、質問箱でも相談を受けていますので、こちらにご相談いただければ、無料でnoteなどで回答させていただきます。

あなたからのご連絡を待っています。

それでは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります!
4
日系企業で働く現役3児のパパ/産後夫婦関係が悪化/劇的回復し3人目を授かる/夫婦カウンセラー資格取得/妻との関係に悩む男性を減らすため発信中 音声配信などのリンク➡︎ https://linktr.ee/atsu0atsu