移動本屋『足軽書店』店主・タケダ

【2022年(夏)開業予定】 移動本屋『足軽書店』を開業準備中のタケダです!(28歳・B型・左利き) 開業までの過程を綴ります! ぜひ応援してください!

移動本屋『足軽書店』店主・タケダ

【2022年(夏)開業予定】 移動本屋『足軽書店』を開業準備中のタケダです!(28歳・B型・左利き) 開業までの過程を綴ります! ぜひ応援してください!

    最近の記事

    前日譚③:『移動本屋WSに滑り込んだはなし』 ー脱ぎたての靴下はまだ温かいー

    前回までのあらすじ このnoteでは、移動本屋の開業前日譚として… 『前日譚①:ニート同然だった僕の生活のはなし』では、時間があり余りすぎて、ほぼニート予備軍だった僕の日々の生活について。 『前日譚②:移動本屋と出会った運命のはなし』では、そんな僕が偶然にも移動本屋と出会った運命(のような思い込み)について。 それぞれの記事で描いていますので、ぜひ読んでみて下さい👇 そして本記事『前日譚③:移動本屋WSに滑り込んだはなし』では、移動本屋を開業したい人向けのWSに参加し

      • 前日譚②:『移動本屋と出会った運命のはなし』 ーあの時、鐘が鳴ったはずなのにー

        移動本屋を開業する予定のたけだです。開業に際して前日譚を書いていきます。前回の『前日譚①』はこちら 今回はこの続きから綴っていきます。 本屋を営む計画 「本屋を営む計画」と言っても、大それた話ではない。老後にやりたいことの1つとして、頭の片隅に置いてあった程度である。 その計画では、僕は何かしらの作家として大成し、本の印税で街にレトロな本屋を開く。僕は本棚にしれっと自分が描いた作品を並べ、書店員のフリをして自分で自分の推薦文を書くのだ。案の定、僕の本に興味を持った客がパ

        • 前日譚①:『ニート同然だった僕の生活のはなし』 ー和田アキ子と、あり余る時間ー

          ※ですます、の文体が苦手なので、だである、の文体で描かせていただく。 しかし決して傲慢な態度を取りたいのではなく、心の中は読んで下さる方々への敬意に溢れていることは断っておきたい。 差し支えなければ、読者諸君にて丁寧語に翻訳して読み進めて頂きたい。 肩書きを求めて三千里 僕は何者でもない。 …決して哲学を語りたい訳ではなく、本当に何者でもないのだ。 「移動本屋を始めようとしている人」以外に、これだ!と言える肩書きが、ない。 ー遡ること2年半前。 脱サラして書籍ブログの収

          • 【移動本屋を開業します】

            27歳。こじらせて、『移動本屋』を開業することに致しました! 移動本屋とは、読んで字のごとく「移動」する「本屋」のこと。 大きな車を店舗として、そこで本を販売する書店です。 ※👆移動本屋として活動されている三田さんの書店 https://harumari.tokyo/13223/ 開業に際して、僕がなぜ「移動本屋」をやりたい!と思ったのか、 その想いの丈を、ここに綴りたいと思います。 なぜ、移動「本屋」なのか? 幼い頃から、僕は本を読むのが好きでした。 特に西加奈子