コウノ アスヤ

1992年生まれ。岡山県出身。武蔵野美術大学デザイン情報学科を卒業後、Yahoo! JAPAN、FOLIOを経て2019年に独立。 現在は東京を拠点に、デジタルプロダクトのUIデザイン、スタートアップの立ち上げ支援等に取り組む。

コウノ アスヤ

1992年生まれ。岡山県出身。武蔵野美術大学デザイン情報学科を卒業後、Yahoo! JAPAN、FOLIOを経て2019年に独立。 現在は東京を拠点に、デジタルプロダクトのUIデザイン、スタートアップの立ち上げ支援等に取り組む。

    最近の記事

    【DIY】木材の天板で仕事用デスクを自作してみた

    4月からデザイナーとして独立してフリーランスとして働いているのですが、そうなると自分の部屋がメインの職場となるわけで、必然的に「自分にとって働きやすい環境」を突き詰めたくなります。 「働きやすい」というのも人それぞれだと思いますが、僕の中で大きなウェイトを占めているのが「デスク」。 デスクは、仕事をしている最中は常に「使って」「触って」「視界に入る」道具なので、ここだけは自分が本当に満足のいくものを買いたい!という思いが強かったのですが、どうもイメージしているようなデザイ

    スキ
    903
      • ミールシェアサービス「マチルダ」のデザインをお手伝いしました

        昨年末より株式会社マチルダさんが試験的に提供を開始している「マチルダ」というミールシェアサービスのランディングページを制作(デザイン、実装担当)させていただきました。 マチルダは、夕食作りに困っている子育て家庭と、夕食をおすそ分けしたい人をマッチングして、地域でこどもの食事をサポートするサービスです。 最初に代表の丸山さんからお話を伺ったとき、恥ずかしながら「ミールシェア」という業態については殆ど知識がない状態でした。 ミールシェア、これは簡単に言うと名前の通り料理を共

        スキ
        5
        • 株式会社FOLIOを退職し、フリーランスとして独立しました

          こんにちは!デザイナーのコウノアスヤです。 私ごとですが、2019年3月27日をもって株式会社FOLIOを退職させていただきました。FOLIOに仲間入りしたのは創業間もない2016年末なので、約2年半ほど在籍した形になります。 その間、ゼロからサービスやモバイルアプリを作り上げてローンチしたり(AndroidアプリはGoogleから賞も頂けました)、採用や広報用の写真を撮影したり、オフィスをデザインしたり、とにかく社内外の色々なコトを任せてもらって沢山の経験と成長を与えて

          スキ
          33
          • neon株式会社のコーポレートロゴをデザインしました

            neon株式会社さんのコーポレートロゴをデザインさせていただきました。 neonはオンライン秘書サービス「nene」を運営中のスタートアップです。サービスや企業が見た人に与える印象を大事にしながら、クールでラグジュアリーなブランドになっていけるような意匠に仕上げたつもりです。恐縮ながら、かなりデザイナーとして信頼してくださっていて、ほぼリテイクなしでスムーズに決まったのが個人的には嬉しかったです。 また、ロゴデザインの延長で、名刺やステッカーのデザインも担当させていただき

            スキ
            6

            これからAndroidアプリをつくるデザイナーのための基礎知識

            本記事はFOLIO Advent Calendar 2018、18日目の記事です。 昨日はまっちゃらのReplicated State Machinesでのストレージ故障からのリカバリーでした。─ 株式会社FOLIOでUIデザイナーを務めていますコウノアスヤです。 この度、「フォリオ」が、GooglePlay ベストオブ2018 隠れた名作部門の大賞をいただきました!2017年春のキックオフ時に打ち立てた目標「iOS/Androidのストアで賞を獲る!」の片方を達成できた

            スキ
            218

            フォリオのアプリでこだわったのは、「OS最適化」と「秩序のある設計」

            株式会社FOLIOで、モバイルアプリのUIデザインを担当している コウノ アスヤ ( @asuyakono )と申します。 やっとのこと、7月23日(月)にアプリをリリースすることができました。このアプリの開発にはチームのキックオフから計算すると実に1年と3ヶ月を要しており、並々ならぬ感慨を感じています。せっかくなので今回は、本アプリを設計・デザインしていくうえで大切にしたことと、主要な画面のデザインを少しだけ紹介させてください。 ※画像内の金融商品・データは、デザイン紹

            スキ
            116