a.school
エイスクールストーリーVol.1 「頑張って作った法律が成立!」
見出し画像

エイスクールストーリーVol.1 「頑張って作った法律が成立!」

a.school
<エイスクールストーリーとは?>
エイスクールストーリーとは、探究型学習塾エイスクールの中で生まれた様々な物語・ドラマをご紹介していくシリーズのことです!
お子さんだけでなく、お子さんの探究を伴走するメンターや講師、そのほかスタッフの日常も配信していきます😆

「エイスクールに緑が....!?!?」

11-12月のなりきりラボ法律家でした。
最終アウトプットは、「オリジナル法律」づくり。
その中で、数ある法律案の中から、ある法律が遂に成立しました。

そう、それは....。

「植物が欲しい法」です🌳

画像1

普段自然に囲まれながら過ごしていた起案者のRくんは、「エイスクールにも緑が欲しい!!」との願いから、この法律を立案しましたが、法律はそう簡単にはもちろん成立しません。
法律を成立させるためには、さまざまな視点から物事を見なければならないし、さまざまな立場の人のことを考えないといけません。
「自分がこうしたい!」だけでは、みんなの生活が関わっている法律を通すことなどできないのです。

もちろん今回のこの法律もぶつかってくる問題がたくさんありました。

「水やりの当番はどうする!?!?」
「それを買うお金はどうする!?誰がそもそも買うの!?」
「そもそも植物って何を指すんだ!?!?」

植物を教室で置くだけだとしても、それを実行するためにはもちろんいろんな人やお金が関わってくるのです。
それでもRくんは様々な問題を考え抜きました。
関わるいろんな人と対話を重ねていく中で、一つ一つの問題に対する答えを考えていきました。

「よしこれでこの法律の運用ができそうだ.....!!!!」

結果、植物の中でも「観葉植物」を購入。
運用面を一緒に考えた上で、それが最適解でした。

その後、スタッフ内でも会議の中で担当講師のあべちゃんから、

あべちゃん:「こちらを購入する予定ですが、異議はありますか....!?!?」
みんな:「いや、異論はなし!!満場一致っっっっ!!!」

「いざ購入!!!!!!!」

🚚🚚🚚🚚🚚

そして、届いた!!遂に法律が成立し、植物が我らの教室に届いた!!!!

さぁぁぁ!!
長かった戦いも遂に終焉!!

開封っっっっっっ!!!!🔥🔥

画像2

おおおおおおおおおおお
最初はなんだかシュッとしていましたが😆
けれど、葉っぱを外に引っ張ってみると、いい感じ!!

起案者の子も大喜び😆

「緑が教室にできて嬉しい」とのことでした!!

よかったねぇぇ。

画像3

エイスクールは子どももスタッフもこんな感じで和気藹々とやってます😆
今後もエイスクールストーリーをもっと投稿していきます!
みなさんお楽しみに〜😆


画像4

編集者:エイスクール講師 長谷川 解(さとる)
トレードマークの黒服とは裏腹に(?)、包容力と優しさに溢れた授業運営を行う。大学在学中よりエイスクールを始めとする数々の教育現場に従事しながら、「子どもたちのそばでどう在るべきか?」を探究。子どもの思考力を養う哲学対話の実践と研究に努め、全国各地の小学校で哲学対話の授業を行う。ボディメイクと哲学をこよなく愛し、最近では音楽に目覚める多趣味な一面を持つ。講師業務のかたわら、社内外で動画制作やSNSマーケティングの領域でも活躍するマルチプレイヤー。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
a.school
「学びの再発明」をプロデュースする会社、a.schoolの公式note。探究学習塾エイスクール(東京:本郷校/上野・秋葉原校/池上校/品川校)を運営。(HP:http://aschool.co.jp/