88%達成!タットム小学校校舎寄贈プロジェクト クラウドファンディング進捗
見出し画像

88%達成!タットム小学校校舎寄贈プロジェクト クラウドファンディング進捗

タットム小学校校舎寄贈プロジェクト クラウドファンディング
https://note.com/asapcambodia/n/n67886a74005d

「このプロジェクトを達成させることで」について最後の3つ目、ASAPの活動実績から具体的なお話をさせて頂いています。

(1)タットム小学校に通う300人弱の在校生。そして、来年以降に就学する子どもたちが、体育、音楽、美術など"より豊かな教育"を受けることの出来る道を開くことができます。
(2)子どもたちへ学ぶ楽しさを、そして将来の目標や夢の幅を広げることにつながります。
(3)子どもたちが学ぶことを続けて成長した時、カンボジアの国全体や生まれ育った地元に戻り、その経験を還元することで、より幸福感や生活の質を高めることにつながります。

ASAPの前身である「あきる野多摩川学園カンボジア校を育てる会」としてトロク小学校に校舎を寄贈したのが2006年。もう14年も前になります。支援当初に生まれた赤ちゃんは中学生に。そして、小学生だった子ども達は高校を卒業して社会に出ていくほどの年月。

実は2014年にASAPとして大変嬉しい出来事がありました。

今回のプロジェクトの寄贈先。トロク小学校に次いで支援を始めたタットム小学校に3人の新人先生が赴任してきたのです。そう、タットム小学校を卒業した子ども達です。(写真:カンボジア通信 vol.12より)

当時、赴任先の小学校を選べるということで、自らの母校に先生として帰ってきた3人。ASAPのこともしっかり覚えてくれていて、支援当初に「いつか卒業生が先生になって戻ってきてくれたら」と願っていたことが実現した瞬間でした。

それから6年が経過し、戻ってきた彼、彼女らも一人前の先生として、子どもたちに勉強を教えています。

学校は建てておしまい。学んでおしまいではありません。学校は始まりの場所。これからも多くの卒業生が旅立ち、自分自身や、生まれた土地、そして、この国の発展につながっていくはずです。

そして私たちASAPはこれからも「建てる」「贈る」だけでなく、「学びたい」「教えたい」を育む持続可能な地域づくりを目指して活動していきます。

3日からスタートしたクラウドファンディング企画。一週間強を一気に走り続けて来ました。ここまで、ご協力いただき、本当にありがとうございます。特に期限を決めておりませんでしたが、一旦、本日を以て連日の更新を一段落とさせていただきます。

タットム小学校の校舎寄贈に必要な建設費450万円に向けて、まだ積立も始まったばかり。引き続き見守っていただければと思います。

今後の進捗も不定期になりますがnoteで御報告致しますので、ぜひフォローをお願いします。

最後に、ここまでお読み頂けた方のなかで、もし御寄付という形で応援して頂ける方がいらっしゃいましたら、どうかこのクラウドファンディングプロジェクトの目標達成(残り6,000円)に向けて文末のリンクよりご協力を頂ければ幸いです。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

〜御支援状況〜
 
5月12日(プロジェクト10日目) 19:00時点
 
目標金額  50,000円
ご寄附金額 44,000円(88%)
抗菌コース  :9口
乳幼児コース :1口
乗り物コース :3口
カワイイコース:1口
花柄コース  :7口
シンプルコース:3口
寄付のみコース:20口

東京都あきる野市にある『NPO法人アジアの子どもたちの就学を支援する会』です。カンボジアのシェムリアップ地域を中心に、現地の教育基盤を整える支援活動をしています。 https://www.asap-cambodia.org