創立4年目急成長ベンチャーの新設ポジションに業界未経験で挑んでみた
見出し画像

創立4年目急成長ベンチャーの新設ポジションに業界未経験で挑んでみた

はじめまして。
キャディ株式会社に2021年8月入社しました砂押と申します。

月日が経つのは本当に早いもので入社して1ヵ月が経ちました。 今回は、産業装置などのモノづくり産業のバックグラウンドがない私が入社して1ヵ月で何 を感じたのかを共有させていただきます。

1.キャディってどういう会社?

キャディのミッションは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」、100年以上イノベーションが起こらなかった製造業調達市場に対して、まさにその イノベーションを起こすべく「受発注プラットフォーム」を提供している会社です。

詳しくは、こちらの資料をご覧ください。

ちなみに最近シリーズBラウンドで80.3億円の調達を行いましたので、こちらもご紹介させていただきます。

(内容はこちら↑の方が圧倒的に有益ですが、私の記事もぜひ最後まで読んでいただけま したら幸いですw)

2. オペレーションスペシャリストってどんな職種?

私は、オペレーションスペシャリストという職種でキャディに入社しまし た。

このオペレーションスペシャリストとは最近できたばかりのポジションで、今キャディで は大募集していますので、実際どのような職種なのかをご紹介させていただきます。

キャディは、お客様から装置一式での加工部品をご発注いただき、その各部品を得意な領 域の加工会社様(パートナー様)に製作を依頼して、その加工部品をまとめてお客様へ納品させていただく、という事業をしています。

CX(カスタマーエクスペリエンス)の担当者が、そのお客様とパートナー様の間に立って プロジェクトの進行やコミュニケーションを行っています。

パートナー様へ製作の依頼交渉、納期管理、スケジュール管理など多くの業務が必要となり、さらに装置一式と言っても、中には数千の部品が必要になることもあり、部品が多ければ多いほど依頼するパートナー様も増えて、CX担当者だけでは全ての業務を網羅するのが大変になってきました。

そこで、私が配属されたオペレーションスペシャリストというポジションが新設されまし
た。オペレーションスペシャリストは、下図のようにCX担当者と連携してプロジェクトの 進行担っています。

画像1

業務内容としては、お客様から見積もり依頼をいただいてから、どのパートナー様にどの部品を依頼するか選定するまでの一連の作業や、実際どのパートナー様にどの部品を依頼するか決まったら、そのパートナー様への加工部品の見積もり依頼や、発注依頼、輸送手配など多岐にわたります。

立ち上げたばかりのポジションではあるものの、毎月のようにメンバーが増員されており、複数人にて案件をサポートする体制が構築されており、多量のタスクをチームで一気に進めているという状態です。


3.入社して感じたこと

今、キャディは2021年の受注額は昨年の6倍以上もあり、急成長しています。ということ は必然的に人手が足りなくなり、1人1人の業務量が増えている状況です。

そんな、多忙にもかかわらないのに、分からないことは先輩方、みなさん優しく丁寧に教えてくださいます。それは「分からないことがあれば、とりあえず聞く」というのがキャディのカルチャーの1つだからかと思います。

これは、諸先輩方も頻繫におっしゃっており「分からないことを考えている時間が無駄な ので、とりあえず聞いて解決していくというのがキャディだから、分からないことがあればとりあえず聞こう!」と。

みなさんのこの優しさに心が温まり、「自分も1日でも早く様々な業務を覚えて後に入社 される方々に教えてあげられる存在にならねば!」と思い、日々キャッチアップに精進しております。

4.入社して驚いたこと

他社が提供している仕事効率化系のツールの活用はもちろんのこと、自社で開発された ツールも多数あります。

数だけでも多くて操作方法や使い方を覚えるのに四苦八苦している状況ですが、自社ツー ルに関しては日々アップデートされるので、もはやめまいを起こしそうですw

でも、「100年以上のイノベーションが起こらなかった業界」なので、効率改善化すべきところがたくさんあるため、必然的に多くのツールが必要となってくるのは納得がいきます。

特に自社ツールに関しては、何もない真っ白なところから、どのようなツールを作ったら 「モノづくり産業のポテンシャルを解放できるのか?」を考えて、1つ1つキャディのエン ジニアのみなさんが作り上げています。

1つ作ったからと言って満足せず、より使いやすく、より優れた機能、より効率的なツール にバージョンアップすべく、毎日新しいことに挑戦しております。本当「尊敬」の一言に 尽きます。

これらの自社ツールを活用してキャディは、100年以上イノベーションが起こらなかった業 態に対して今、着々とイノベーションを起こし始めております。

5.最後に

入社して1ヵ月。
まだまだ覚えることがたくさんあり、新しい発見と新たな知識を得られるとても充実した毎日を過ごしています。

少しではありますが、成長をしている自分を感じられるようになりました。ツールの使い方を覚えるのはめまいがするくらい大変ですが、楽しい毎日を過ごせているのは、本当に優しく指導くださる諸先輩方のおかげです。

キャディは、まだ4年目の会社です。長く続いている会社ではないので、研修制度ななどはまだまだ確立されていません。

でも、会社を社員一丸となって創り上げていくって面白いと思いませんか?

本当に社員全員がキャディを創り上げていくという気持ちを持っているのが日々感じされ、とても感化されます。

ちなみにオペレーションスペシャリストの研修に関しては、新設ポジションにも関わらず8月から開始されており、私を含めた8月入社メンバーのフィードバックにより、いよいよ9月から本格運用されることが決定しております。

今、このように私たちと一緒になってキャディを創り上げてくれる人を大募集しています。
上記でも記載させていただきましたが、本当に人手が足りません!

キャディにご興味ある方はカジュアル面談も行っておりますので、ぜひお話ししましょう!

オペレーションスペシャリストもどしどし応募お待ちしております!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!