見出し画像

芸術家の時間割

憧れのアーティストとの結婚生活で心配だったこと。それは、夜中に突然起き出して、取り憑かれたように制作するんじゃないか、そんなことだった。芸術は爆発だ、タバコに酒、ドラッグ...は田舎じゃ手に入らないけど、あとは浪費と貧乏、不規則で不健康な生活。いったいどんな世界が待ち受けているんだろう。私はドキドキしていた。

「あのさ、夜中に起きて絵描き始めたりして、私、不眠症にならんかな」
「え?何の話?」
「だから、私が寝てる時に制作したりするやん」
「いや、しないよ。だって太陽光の下じゃないと、色分かんないし」

ええ!?そうなのか?

「じゃあ、夜中にガバッて起き出して描いたりしやんの?」
「ははは、しないし、そんなの」

なんと、彼はちゃんと朝の7時とかに起きて、午前中からきっちり描いたり、構想したりという生活をしていたのです。

「会社に勤めてるわけじゃないし、自分でそういうのは管理しないと描けない。思いつきでやってたら続けられないよ」

確かにアイデアと情熱で描ける時もある。でもそういうのって、後で見ると結局よくないことが多い。出来上がった絵をしばらく部屋に掛けておいた時に、鑑賞に耐えられなくなってくる。だから冷静にコツコツ作らないとダメなんだよ、とのこと。

ちなみにそれから20年経って、次第に起きるのが早くなり、今は朝の5時には起き出して、6時には仕事を始めているそうです。そうだ、言い忘れましたが、その代わり、仕事は15時とか16時には切り上げ、自分で酒のつまみを作り出し、さっさと晩酌を始めます。晩酌時はアイデア出しの時なんだとか、そして10時にはお布団に...。これはこれで健康的かも知れませんが、一緒に生活するのは、難しいリズムですよね。まったく自分の時間で生きているタケPなのでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お金はあんまり使わないけど、旅の資金にします。ありがとうございます。

ありがとうございます。憧れの虫は「カマキリ」です。
110
結婚を20年で卒業。趣味は農民、スロー旅、映画を見ること、書き物。ワインバーを17年やり、45歳で稲作へ。元夫の武司くんと民泊やってサトナカ売ってます。ペットは鶏、夏はツバメが飛び回る部屋で暮らします。農耕の話、男女の話、結婚の話、時々小説。ヘッダー画像は伊勢神宮の神田。女です。

この記事が入っているマガジン

赤裸々エッセイ詰め合わせ
赤裸々エッセイ詰め合わせ
  • 33本

主に家族の話

コメント (3)
ははは、なんか判るわー
英樹さん、プロの作家さんもみなさん、けっこうコンスタントに毎日コツコツ書くって言いますよね。
飛渡さんもそうですかー。もう私なんか、ろうそくの灯りの下でも描いたりするんじゃないかと思ったくらいで、現実は違うんですね。飛渡さんの馬の絵、いつもステキです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。