Arimasa Udono

銀座の隅っこでソーシャルゲームのディレクター/プロデューサー→青山にお引越し→銀座の隅っこにあるマーケティングのお手伝いをしている会社で新規事業の立ち上げやってます。 Affiliation: Tribal Media House, Inc

行動経済学で考えた、変わりゆく社会規範と市場規範の国境線

トライバルメディアハウスの社内勉強会、TPAの終わりが近付いてきている。1年間、課題図書に追われながらやってきたけど、正直終わってしまうことに寂しさがある。隔週の勉…

社会学的なものの見方、あるいは子どもの名前のつけ方について

「未来にバックする」(バック・トゥ・ザ・フューチャー) それを知ると、思わず人に伝えたくなる情報というものがある。 どういう情報を「思わず伝えたくなる」かは人そ…

サービス・ドミナント・ロジックから見えてくる「なめらかな社会」

今回のトライバルメディアハウスの社内勉強会、TPAの課題は「サービス・ドミナント・ロジック」である。 短い論文を2本読んでみたのだが、正直な話、難解と言わざるをえな…

マーケティングの歴史における必然としてのサブスクリプションビジネス

予言書を見た。 25年前に2020年のマーケティングと社会の未来を予言した本があった 私の所属するトライバルメディアハウスの社内勉強会「TPA」で、年末年始の課題図書に…

神の手から逃れるための、早馬としてのブランド戦略

「経済学が神の見えざる手の振る舞いを解き明かそうとする神の学問であるならば、マーケティングは神の手から逃げおおせようとし続ける人の営みである」 というようなこと…

ショッピングは会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ! 的な。

いやー面白かった。 マーチャンダイジングについての勉強ということで、以下の2冊を読んだのだけど、マーチャンダイジングという分野を通すと、日常の(特に店舗での)買…