第2弾、海やキャンプでも大活躍!iPhoneカメラで撮影するテクニック4選!
見出し画像

第2弾、海やキャンプでも大活躍!iPhoneカメラで撮影するテクニック4選!

こんにちは、2Heyです。また、iPhoneの撮影テクニックをご紹介させていただきます!この夏、海やキャンプで沢山の思い出をiPhoneで記録しちゃいましょう。今回も使用カメラはApple iPhone12 Proになります。ではご紹介しましょう!



目次
テクニック1 / 風景などの水平線を撮影する!

テクニック2 / 花や動物などのクローズアップを撮影する!


テクニック3 / ポートレートライティングのエフェクトを編集する


テクニック4 / お気に入り写真のカラーを調整する方法
!

テクニック1 / 風景などの水平線を撮影する!




画像1


カメラ設定で「グリット」をオンにします。


画像2

明部と暗部をはっきりと見せるためにカメラ設定から「HDRボタン」をオンにします。


画像3

風景の水平線をカメラのグリットラインに合わせてフレーミングさせます。この時、風景を三分割構図で配置すると美しく撮れますよ。


画像4

そして撮影します!水平線がきれいな風景写真が撮れましたね。


テクニック2 / 花や動物などのクローズアップを撮影する!

画像5

まずは被写体を探します。
Dogがいました。


画像6


被写体にできるだけ近づきタップして「ピント」を合わせます。


画像7

バーをスライドさせて「露出」を調整します。


画像8

そして撮影します!ダイナミックな写真に仕上がりましたね。




テクニック3 / ポートレートライティングのエフェクトを編集する


!


画像14


アルバムからポートレートモードで撮った写真を選択します。

写真が決まったら右上の「編集」をタップします。


画像15



スクロールして様々な照明エフェクトを選択します。
これは「自然光」を選択した場合です。背景がボケて少し立体的な写真になりましたね!


画像16

続いて「スタジオ照明」を選択します。
顔が少し明るくなりましたね!





画像17

続いて「輪郭強調照明」を選択します。被写体に影がつき、全体的に明るさの強弱がある写真になりましたね!





画像18




続いて「ステージ照明」を選択します。ちょっとびっくり!背景が暗くなり被写体だけに目がいくようになりましたね!

他にも様々なエフェクトがあるので試してくださいね。



テクニック4 / お気に入り写真のカラーを調整する方法!

画像9



アルバムからお気に入りの写真を選びます。




画像10

画面下に「LIVE」「調整」「フィルタ」「トリミング」ボタンがあります。


画像11

その「調整」から「彩度」を選択し、スライダーでカラーを調整します。


画像13

そして「フィルター」から「ビビット(冷たい)」を選択します。

画像13

完成です!暗かった写真が不思議なビビット写真に変わりましたね。

加工前の状態に戻す時は「編集」>「元に戻す」>「オリジナルに戻す」の順でタップすると加工前の状態に戻ります。




いかがだったでしょうか?また機会がありましたらiPhoneカメラのお役立て出来るテクニックをご紹介できればと思います。ご清覧ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アーキタイプの公式noteです。 ウェブサイト・サービス・アプリ・IoTのUI/UXデザインやクリエイティブ人材の育成、就業支援などを行っています! ここでは、最新のUI/UXに関する情報や制作の裏側、社員紹介などをお届けします。 https://www.archetyp.jp