立食パーティー楽しめますか?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

立食パーティー楽しめますか?

こんばんは!プレインスタイルのAsukaです。

皆さん立食パーティーって楽しめますか?
今はコロナ禍で機会は減っていると思いますが、私はとても苦手でした。

着席で同席した方とじっくりと話せるのならまだ良いのですが、立食だと色々な方と軽やかに話をして、さりげなく去っていく。スマートに振舞うことが難しいなと感じていました。

その理由を考えて気づいたことは「雑談が苦手」であること。
そこで「雑談のルール」という本を読んでみることに。かなり前に読んだ本なのですが、会話について基本的なことが優しく書いてある本です。

でも、基本的なことこそ難しいもの。

詳しい内容は控えますが、大事なのは「相手の話したい事を促してあげよう」ということだと思います。

相手との共通点が多かったり同じ体験をしていることがわかると、嬉しくて自分の気持ちを語ってしまったり、逆に沈黙が怖くて何か話さなきゃと焦ってしまったり。

悪気はなくてついついやってしまいがちなこと。

私はその後キャリアカウンセリングを学び、なるほどなと思ったことがあります。それは「沈黙にも意味がある」ということです。

カウンセリングで沈黙は問いかけに対して自問自答している大事な時間であったりします。

雑談の場でも話をしたくないわけではなく、会話のペースが違うだけで「なんて答えようかな?」と考えている最中かもしれません。

立食パーティーで軽やかに振舞える人は、相手のペースに合わせるのが上手な方なのでしょう。どうしても苦手なものを無理やり克服する必要はありません。でも、どうにかしたいなと悩んでいる時、ちょっとした工夫や技を知ることで気持ちが楽になることもあるかもしれませんね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありかございます!
社会保険労務士・国家資格キャリアコンサルタント。「健やかに自分らしく美しく」働く人を増やしたい。入院するほどではないけど、持病を抱えながら働いてきたシングルマザーが笑顔で安心して働くための情報を発信していきます。