あんそろぽろじすと

人類学の再興を目指してゆるく展開中。人類学に携わる研究者などが、研究成果や現場の様子を紹介していきます。Twitter: https://twitter.com/anthro_pologist

手をつないでいたのは恋人たち?

手をつなぐという行為に特別な意味があるということは、考えてみれば不思議ですね。手をつなぐのは友愛の象徴で、挨拶のときには握手し、恋人は手をつないで歩き、崖から落...

アジアの巨人の分子系統

ヒトのような形をした巨大な生物がどこか隠れた山奥にいるというお話は、人びとを魅了するようです。だいだらぼっち、雪男、ビッグフットなど、そうした虚構の生物に関する...

プラスチック袋についた骨の粉

遺跡からは、骨だけでなく、骨を加工した人工遺物も出土します。過去に遺跡に暮らした人びとが、動物とどのようにつきあい、動物にどのようなシンボリックな意味合いを投射...

古代分子が明らかにする中世の骨病変

骨ページェット病 (Paget's disease of bone) という骨病変があります。一部の骨の代謝が異常に活発になり、骨が変形したり、痛みが生じたり、骨折しやすくなったりする疾...

新種ホモ・ルゾネンシス

世の中にはまだまだ人間の知らない生物が存在しており、新種が発見されたというニュースがときどき報道されます。そして昆虫や植物に限らず、私たち人類にも、新種が発見さ...

違う場所に子供を埋める

お盆に帰省した際、先祖代々のお墓にお参りに行く方もいるかもしれません。そうしたお墓ではしばしば、子供のうちに亡くなった方が、お地蔵さんの形の墓石に祀られていたり...