見出し画像

3月の活動報告

こんばんは。現代美術家のスクリプカリウ落合安奈です。

前回のnoteの埼玉県近代美術館緊急閉幕に伴う慌ただしさから、
ありがたいことにこれまでの活動が実を結び始め、展覧会のオファーや様々なメディアからのオファーが続き、更新が滞ってしまい恐れ入ります。

3月にあった様々なメディアの公開についてご案内させていただけると幸いです。

[目次]
①【TV放映】
②【テレ朝POSTロングインタビュー公開】
③【展覧会レビュー:埼玉県立近代美術館・個展】
④【インタビュー・雑誌掲載】


一つ目、3月というより、2月の終わりなのですが、TV番組に出演しました!
①【TV放映】
TV ON AIR : 2021.02.25
テレビ朝日の『アルスくんとテクネちゃん』という、現代美術家を紹介する番組でご紹介いただきました。
埼玉県立近代美術館出品作を中心に、ぎゅっと濃密に活動をまとめていただいております。
番組公式▶︎ https://www.tv-asahi.co.jp/arstotechne/
【公式ページより】
第19回の放送に登場するのは、“土地と人との結びつき”をテーマに作品を生み出す現代美術家、スクリプカリウ落合安奈さん。落合さんはベトナムで出合った日本人の墓に着想を得て、カーテンの先に広がる大海と風の揺らぎを表現した作品を発表しています。海という存在を通して、国と国、私とあなた、その曖昧な境界線をそっと映し出す、落合さんのまなざしの先にあるものとは。

現代美術家に特化したとても面白い番組です。私も一視聴者としていつも楽しにみしております。現代美術に少しでも興味のある方は是非ご覧いただけたら楽しめるのではないかと思います!おすすめです!


画像1

画像2


②【テレ朝POSTロングインタビュー公開】
テレ朝POSTにて、ロングインタビューが公開されました。
海というモチーフを軸に、これまでの活動をとても丁寧に記事にしていただきました。
お時間が許す際に、是非ご一読いただけたら幸いです。
インタビュー ▶︎https://post.tv-asahi.co.jp/post-144286/?fbclid=IwAR29FNmP90m9r1LXfd08ss9FOyTIlmqF3IKHGucgw2z7Spn0YgzsOOoT1Y0

スクリーンショット 2021-04-30 23.29.05


ここからは、3月のご報告です。
③【展覧会レビュー:埼玉県立近代美術館・個展】
大変光栄なことに、ANB Tokyoディレクターでキュレーターの山峰潤也さんによる展覧会レビューが、『美術手帖』で公開されました。
「影像における闇、フレームの外側にあるもの、秘匿された何か」という視点から論じていただいております。
是非ご一読いただけたら幸いです。
「美術手帖」展覧会評 ▶︎https://bijutsutecho.com/magazine/review/23717?fbclid=IwAR0v5h1PM71oiveKNrvSHMF5XuWuLpnA4W8mRZZU0-vm52PFQ9e5b6ZnU14#.YFCtv6gGRi8.facebook

スクリーンショット 2021-04-30 23.29.50

スクリーンショット 2021-04-30 23.32.40

スクリーンショット 2021-04-30 23.32.16

スクリーンショット 2021-04-30 23.32.49

スクリーンショット 2021-04-30 23.32.58

スクリーンショット 2021-04-30 23.33.09

スクリーンショット 2021-04-30 23.33.19


④【インタビュー・雑誌掲載】本日発売の『月刊アートコレクターズ』4月号にて、見開き2ページにわたってインタビューが掲載されております。
書店などでお手に取ってご覧いただけたら幸いです。
[『月刊アートコレクターズ』]
https://www.tomosha.com/smp/book/b573064.html

画像11

画像12

画像13


お時間許しましたら、是非ご覧いただけたら嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
現代美術家。 土地にまつわる風習・祭・儀式を研究し作品を制作。民族や土地を超える風景を紡ぐ。 フランスのシャンボール城(世界遺産)、韓国の大邱大学校国際交流展、逗子トリエンナーレなど国内外で作品を発表。写真と映像の間のインスタレーション作品。