見出し画像

安室奈美恵の快進撃の始まり~松浦勝人から小室哲哉へと繋がれていくバトン

Ayano Murakami  村上あやの

最近の安室フィーバーを受けて、
色々な方から安室ちゃん
(と呼ぶことにします笑)の話を
ふられることが多くなりました。
そこで、あまり詳しくない方から、
よく飛び出すのが
「小室哲哉のあの売れた曲なんだっけ。
えーっと『TRY ME 』!」。

待て待て待て、待てーいっ!

『TRY ME 〜私を信じて〜』は
小室さんの曲ではありません。
しかも安室奈美恵ソロ曲でもありません。
ソロになる前の
【安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S】
時代の曲です。
このあたりを混同している方が、
わりと多くいらっしゃるんですね。

ここでスーパー簡単におさらい。
1991年、SUPER MONKEY'Sでデビュー。
この頃の代表曲は『ミスターU.S.A.』、
『愛してマスカット」。
この2曲は、近年、何度か
コンサートでも歌われています。
いい曲なんですが、当時は
なかなか思ったようなセールスは
出せませんでした。

その時のことを振り返り安室ちゃんはこう語っています。

デビューしたら、すぐに売れると思っていたので、2作目、3作目と
ずっとヒットが出てくれないので焦りと「なんでだろう、なんでだろう」と
思った時に、私がセンターでメインボーカルを歌わせて頂いているから
多分、ヒットしないんだろうなと。
                   『告白(NHK独占インタビュー)』

思いつめた安室ちゃんは社長にも
「やめてさせください」と話したと言います。

なんとも今では微笑ましくて可愛らしい
エピソードですが、もしこの後、
ヒット曲に恵まれていなかったら…
一体今ごろ、安室奈美恵は
どうなっていたのだろうか…そう思うと、
この後、1995年『TRY ME~私を信じて~』
という曲に出会い、
大ヒットとなったことはファンとしては
とてもありがたく(笑)、
拝み倒したくなるほど(何を?)、
涙ものな曲ですよね。

ちなみにこの曲は小室哲哉さんではなく、
MAX松浦さん(現・avex代表取締役会長)の
プロデュース曲であり、
ユーロビート カバー曲です。
松浦さんありがとうございます!

きらびやかなディスコが溢れていた80年代。
そこで流れていたのが華やかな
パーティーチューン、
ダンスミュージック、つまりユーロビート。
このユーロビートを
ずっと「日本向けに制作したい」と思っていたのがMAX松浦さんでした。

そこに抜群の歌唱力と圧倒的なダンスという
パフォーマンス力を持った安室奈美恵が現れます。
まさに、新たな時代を作ろうとしていた
松浦さんのユーロビートの感性の波と、
安室奈美恵の存在がリンクした瞬間。
それが『TRY ME ~私を信じて』。

そして、その後も
ユーロビート第二弾として
『太陽のSEASON』、
第三段として『STOP THE MUSIC』
(どちらもカバー曲)がリリースされます。

しかし、この曲は
安室奈美恵名義、ソロとしてのリリース
となります。

ここから安室奈美恵はソロとしての活動を
スタートさせていきます。

これまで同じグループとして頑張ってきた、
メンバーといえば、言わずと知れた現在のMAX。
安室奈美恵と踊るMAXのダンスも
素晴らしかった。
それは事実でしたが、
どうしても安室奈美恵に目が集まってしまう。
それは過去に安室ちゃん自身が悩んでいた
「自分がメインだからダメ」とは真逆の理由。

ダンス一つひとつのフリ、立ち姿、ほとばしるエネルギー。
テレビの前にいる私たちには、
安室奈美恵の『オーラ』だけが
違ってみえるのです。
どうしても、どうやっても輝いて見えてしまう。
釘づけになってしまう。
これはもう同じグループにあっても
どうしようもない事実でした。

今思えば、あれが芸能界の中でも限られた
ごく一部、いや、
数十年に一度しか現れない
本物のスターだけが放つ
圧倒的な『スター性』だったのだと思います。

安室奈美恵は、初めから本物のスターでした。

「歌が好き。ダンスが大好き。でも、ダンスして歌うことが一番好き」
         (『告白』NHK独占インタビュー)

そんな一途な想いのまま、彼女は
『スーパースター』への道を進んで行きます。

ここで、誤解してほしくないのは、
彼女が初めから
【『スター』の星の下に生まれたから
スーパースターになったわけではないということ】。

持ち合わせた才能や現状に満足することなく
努力を続け、
けっして平坦ではなかった人生という道のりを必死に生き、
時に戦い、時に涙しながら、
どんなときも逃げずに
生きてきたことを。
そしてそんな姿をファンはずっと見つめ、
彼女と共にここまで歩いてきたのです。

さて、話を元に戻します。
ここからいよいよ、小室哲哉プロデュースへと
繋がっていきます。
安室奈美恵の快進撃のスタートです。

(※本当はこんなファンの方々に周知の事実ではなく、もっと書きたいことがたくさんあるのですが、ここの部分を端折れなくて、
ごめんなさい)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!