清水ゆかり

東京都出身。 女優・教育者として活動。 HSPやセクシャルマイノリティ、その他障害で感じてきた自身の生きづらさを糧に、生きた演技と教育学を極める。 芸術活動を通して人の心を健康にするため、多岐にわたる表現力と探究心を活かし人々に「生きる力」を引き出す文化的な女優を目指している。
固定された記事

バイトしたことない26歳、女優・教育者ゆかりんの求職ノート

(photo by Can野) はろう、あいむ、ゆかりん。木の上から失礼します。 ただただ 「芸術活動を通して人の心を健康にする仕事」が したい!!!!!! いきなりすみませ...

私の初めての自殺未遂は小学生。

私の初めての自殺未遂は小学生。 その行為が「自殺未遂」ということすら知らなかった。 気が付いたら髪を抜く抜毛症を患っていたように、気が付いたら身体を掻きむしって血を...

100

今日のコーチング

こんばんは☺︎ 本日のお話はこちら どうしたいのか? 芸術関係の指導にあたっている中で、 こんな声が飛び交います。 「上手くいかない〜」 「失敗した〜」 「先生こ...

私が私を「可哀想な子」にしていた理由(ワケ)

私が私を そういう人間にしたがっていたから。 そういうことにしておけば 嫌な目に遭っても 不幸があっても 「だから、仕方ない。」 「これは当然の仕組み。」 誰が悪...

今日のコーチング

こんばんは 今日は「一つ、進むため」のお話。 学生の方、社会人の方、すべての方にお勧めの内容です。 10分の簡単ワーク!       ①紙とペン(黒・青)をご用...

ゆかりんの生態について

清水ゆかり (Shimizu Yukari) 東京都出身。 女優・教育者として活動。 女優活動しつつ学校や塾で講師、モデルや美術製作もこなす。 HSPやセクシャルマイノリティ、その他...