採用担当2年目が考える、理想の採用活動のかたち
見出し画像

採用担当2年目が考える、理想の採用活動のかたち

みなさん、はじめまして!GMOアドパートナーズの採用担当 尾形です。

GMOアドパートナーズ 公式noteにて、パートナー(社員)インタビューやイベントレポートを更新してきましたが、個人アカウントでもGMOアドパートナーズの採用活動に関する裏話や自身の考えを伝えていきたいと思い、アカウントを作ってみました!よろしくお願いします。

記念すべき1本目の記事は、私が想い描く「理想の採用活動」について語ってみたいと思います!

丸1年 採用活動を経験してみて

画像1

2021年4月、採用戦略部に異動して丸1年が経ちました。
あっという間に過ぎていったこの1年間、さまざまな採用活動に携わってきました。2020年度新卒の皆さんのご入社、新卒採用活動の企画・運営・選考、キャリア採用......など。採用活動の中で多くのチャレンジをおこない、たくさんの方とお会いできた1年だったと思います。

新卒採用における取り組みについては、noteにもまとめているのでぜひご覧ください。

とても嬉しいことに、この1年間の採用活動を通じて多くの方にご入社いただいたのですが、採用活動をおこなう中で理想の採用活動はどのようなものだろう?と考えるようになりました。そこで選考過程改善プロジェクトというプロジェクトをつくり、プロジェクトマネージャーに就任しました!
日々より良い採用活動に向けて情報収集、改善をおこなっています。

選考過程改善プロジェクト

選考過程改善①

選考過程改善プロジェクトは文字通り、より良い採用活動にむけて選考の過程を改善していくプロジェクトです。採用活動における選考過程を大きく5つのフェーズに分けて、問題点の洗い出し、ディスカッション、改善に取り組んでいます。今年度の下半期テーマは選考過程改善の土台づくり、改善のキーワードはスピード・コミット・コミュニケーションです。

実現したい採用活動の理想形

画像6

私が考える採用活動の理想は、応募してくださった方がGMOアドパートナーズのファンになる採用活動です。「採用活動」は「企業のファンづくり」とよく言われていますが、これが採用活動の本当の理想の形だと思います。

私がファンづくりにつながる採用活動を目指す中で実現したいことはこの3つです。

・応募してくださる方への情報発信
・スムーズなご連絡、選考
・面接官、面談担当者のおもてなしの姿勢

ファンをつくるためにはさまざまな視点での改善が必要です。応募者の方との接点すべてが良い体験になるよう、プロジェクトを推進しています。

全員が満足する採用活動に向けて

画像7

現在私は、選考過程改善プロジェクトのPM(プロジェクトマネージャー)としてプロジェクトの推進をおこなっていますが、採用担当としては2年目、採用のキャリアはまだまだです。そんな私が改善を進める中で意識していることをご紹介します。

①さまざまな意見を取り入れること
採用活動は採用担当者だけでなく、たくさんのパートナーと一丸となって取り組んでいくものだと考えています。採用にかかわる全パートナーが心地よく採用活動ができるように整備することで、面接官、面談担当者のおもてなしの姿勢に繋がり、採用活動自体がより良いものになる。その考えから、面接官や面談担当者として選考に携わってくれているパートナー約50名にアンケートをとりました。

「面接・面談の時間が適正か」、「面接・面談を通じて困ったこと」、「よく聞かれた質問について」、「改善したいこと」など、全14問のアンケートを通じて、新たな課題の発見、気づきを得ました。社内のパートナーを巻き込んで改善に取り組むことが、より良い採用活動への近道だと思います。

②ディスカッションすること
採用にかかわるパートナーのアンケート結果、また日々採用活動をおこなう中で感じる課題や気づきについて、ディスカッションする時間を多く設けています。議題は大きい課題から小さい気づきまで大小さまざまですが、この時間がとても大切だと考えています。

ディスカッションに参加している全員がさまざまな角度で話すことで、改善すべき内容がクリアになり、全員の意識が統一されます。そのため、ディスカッションには多くの時間をかけ、取り組んでいます。

ディスカッション

ディスカッションの際は、このようなスプレットシートを作成し、各フェーズごとに課題、ディスカッション内容、解決策をまとめています。このシートは、私たちの改善の道しるべになっています。

③改善した内容をアウトプットすること
選考過程改善プロジェクトは採用活動にとってとても重要ですが、地味なプロジェクトだと感じています。改善内容は細かいものも多く、プロジェクトメンバー以外には推進しているか見えづらいからです。

画像4

そこで、社内向けに改善内容を伝えるアウトプットもおこなっています。採用活動にはどのような課題があり、何を、どう改善したかを知ることで、採用活動へのプライオリティ向上につなげたいと考えています。

上半期にはこれら3つの改善に取り組みました。

【応募者向け】
・求人情報の充実
・応募フォームの改善

【社内向け】
・採用与件の共有方法の改善

選考過程改善プロジェクトの取り組み、存在が社内で認知されることで、一緒に採用活動に取り組もう!というマインドが生まれていると感じています。

2021年に改善したいこと

画像5

選考過程改善プロジェクトでは、2021年中に3つの改善を目標にしています。

・選考スピードの改善
・面接官、面談担当者の育成
・面接官とのコミュニケーション強化

改善に向けて、コミュニケーションツールの導入、動画面接の検討、ガイドラインの作成などをおこなっています。GMOアドパートナーズらしい、ファンづくりに繋がる採用活動ができるよう、日々改善しています!


おわりに

画像8

理想の採用活動について、そして選考過程改善プロジェクトについてnoteを書きながら、異動してからの1年間は本当に濃い経験だったと振り返ることができました。

採用担当者として2年目になり、理想の採用活動を目指して改善したいことがこれからもたくさん出てくるんだろうなあ......と感じています(笑)。
日々の忙しい採用業務の中、改善に取り組むのは難しいと感じることもありますが、結果として素敵な仲間の採用につながることを考えると蔑ろにできないプロジェクトだと思います。

採用担当者として成長していけるよう、チャレンジしていること、改善したことはnoteにもアウトプットをしていこうと思います!
GMOアドパートナーズ公式noteとともに応援してもらえると嬉しいです(笑)。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

私たちと一緒に働く採用担当者も募集しています!

GMOアドパートナーズ公式noteもぜひご覧ください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
GMOアドパートナーズ 採用担当です!