アーメンと叫ぶことになるまでホールドして布団をかぶる男

仮想通貨に関する幅広いニュースを収集しメンバーの自由な議論や意見が飛び交うTelegram上のグループ「仮想通貨同好会 ( https://t.me/crypto_currency_circle )」の主宰。最近は中国の興隆について大変な興味をもっており、中国語を学習し始めた。
    • 仮想通貨同好会 - Buzzニュース
      仮想通貨同好会 - Buzzニュース
      • 4本

      「たのしく、あれずに、やくにたつ! 」を掲げ、仮想通貨/ICOなどのブロックチェーンに関連する投資をメインとした、ニュースや最新情報などを共有し議論するコミュニティで取り上げた反響があった内容の記事です。

固定された記事

仮想通貨トレード(BitMEX)での"ほぼ"必勝メソッド

<2019/05/15 : 誤字脱字や説明の表現について修正を実施> <2019/05/17 : MAについての記載とチャート表示の操作方法の付録を追加/トレード支援ツールについての情報アナウ…

10,000

暗号資産投資における雑感と、歴史的な振り返り、コロナ禍における今後の社会変容の展望について

本日は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、連日の"ステイホーム"が叫ばれ自治体からは外出自粛要請が継続している中で、自分がつらつらと感じた雑感とそれに…

中国語音声の発音を視覚的に表示して習得しやすくするTips

本記事は有料で公開し、需要数を確認しようと考えておりましたが、アクセス数のみでは把握が難しいため、無償で公開させて頂きます。もしお役にたったという事であれば、"…

BTCの新取引を画策するフィクサー、インターコンチネンタル取引所ICEとは?

最近のBTC(ビットコイン)の新しい取引方法申請から見えてきたフィクサー、インターコンチネンタル取引所(ICE)の今後の動向がカギとなりそうです。 現在、下記の"証券"と"…

【考察まとめ】LiquidやBakktで採用される"T+1"という取引方法の謎を追え!

始まりは、テレグラム内のQASH(Liquid)のコミュニティ内での、あるユーザーのコメントでした…。 ダイレクトマーケットアクセス(DMA)、t+1、プライムブローカレッジはい…

仮想通貨プラットフォーム "Liquid"の今後の展望について

Liquidおよびそのユーティリティ・トークンの"QASH"を発行している"Quoine"CEOの栢森氏によるコメントがありました。今後のLiquidの成長戦略がベールを脱ぎましたので、こ…