見出し画像

青に染まりながら(詩)




飛行機雲を指差して
道行く人が次々に見上げた
鮮やかに映えた白い筋は
みるみるうちにとけて消えていく

青は侵食する
青は広がる
青は飲み込んでいく

悠々とからだをのばし
我はここだ、ひとつだと
なかったことのように
うそぶいた

その青に指をひたし
すくって飲めば
わたしもからだの中から青に染まり
青にひたり
青に姿を変え

だが目を閉じればよみがえるのは
天頂を真っ二つに割る
白の軌跡



>>細々やってるHP
>>レビューブログ
>>児童書ブログ
>>なろうのマイページ
>>Twitter(@mwagtail30)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

児童書を保護施設や恵まれない子供たちの手の届く場所に置きたいという夢があります。 賛同頂ける方は是非サポートお願いします。 https://note.mu/amamiyou/n/n2852ad1fd345?magazine_key=m7216497aff39

本気ですか。
55
へっぽこ自家発電小説書き 古典が好き・クセのある漫画が好き #読書 #児童文学 #project gutenberg #note文芸部 HP http://cappella.mitsu-hide.com/

この記事が入っているマガジン

日記とつぶやき
日記とつぶやき
  • 92本
コメント (6)
心の中に青が、ばーっと広がった感じがしました。そこに、白い線が一本、なんか、キリがついたようなイメージをもちました。
優まさるさん、読んで下さってありがとうございます☺️
ぜひ青に侵食されてください🤗
あの白い一本の線、まだ心に鮮やかに残っています😌
最後の着地が見事でした^^
どきっとしました💫
吉田翠さんのように、素敵な詩を書かれる方にほめていただけるなんて…!!!
なんとなく、「ひたす」と「ひたり」がかぶってるぞ…など、自分ではまだまだ納得できない未熟者です。ありがとうございます😌✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。