イキタシル詩

61

閻魔ちゃん

閻魔ちゃんは
元は 2丁目の赤線の女
スイも甘いも知っている

100歳にして肉を喰らい
泥酔していう口癖は

「人のふんどしで相撲とってんじゃねぇ」



閻魔ちゃんの子供のパパは
みんな違って
結婚なんかしねぇよと

息子を不倫相手に丁稚として預ける

息子は記憶を見失い
だけども 孫は真っ当だ

閻魔ちゃんは 
死ねない ひきこもり
何万年もずっと この部屋にいて
通り過ぎる魂の 嘘を

もっとみる

ヤルとヤラレる

ひとときの感情
微妙な差異
大人と子供
ヤルとヤラレる
成功と失敗
最強と最弱
お前とオレ
絶妙な絶頂
オレはフラットに生きたい
命燃やす点において
一ミリも優劣はない
糞みたいなウエカラ
誇らしげなシタカラ
列島に優越
劣等に憂鬱
上や下に行くことで
足りなさを誤魔化しても
それはそれはバレバレ
そんなもんじゃ足りない
いつもいつも足りない
だからそれは 臭く匂う
クサく ダサく臭う

もっとみる

すいもあまいも

スイも甘いも
純粋も卑劣も
絶頂も絶望も
あらゆる事を
一切のジャッジを手放し
丸ごと味わった上で
すっかり忘れ
まるで初めて
食べたように
それを味わえるチカラ
ネガの裏のポジ
ポジの裏のネガ
間をとったグレーとかじゃない
純白と漆黒の間を
目をしばしばさせつつ
行き来し両極を丸っと自らのうちに取り込み
それを“ある”ものとして腹の奥に納め
まるでなにごともなかったような顔していられる
そうこの

もっとみる

満月の50音

満月の50音×4文字
湧いてきたままかいて出し
なんやそれ、笑

あいして
いきって
うたって
えんじて
おどって
かんじて
きづいて
くどいて
けっして
こうどう
さそって
しなって
すまして
せまって
そそって
ためして
ちぎって
つのって
てんじて
とんがる
なかよし
にこにこ
ぬけがけ
ねんごろ
のりのり
はらはら
ひらひら
ふらふら
へらへら
ほろほろ
まどって
みとれて
むりして
めん

もっとみる

砂の奥の世界

砂の奥の世界
わたしは特別だと
わざわざ言うのは
全ての存在が特別に個性的であるという
あたりまえに気づけないとき
わたしはただの人よ
というとき当然のごとく
あまりに個性的すぎる存在どおし
人と特に別れる特別感にヘキヘキして
あなたとひとつにつながりたいとき
なんだかわからないけど
昔、砂場をひたすら掘っているときがあって
肩の付け根のもっと奥までほればいつか
土の奥がドカンと割れて
身体ごとヒ

もっとみる

断らないということ

断らないということ
それは委ねるということ
それは信じるということ
それは己の枠を広げるということ
断らないということ
それは恐れを手放すということ
それは慢心を手放すということ
それはコントロールを手放すということ
断らないということ
それはジャッジをやめるということ
それはドキドキを続けるということ
それはLOVE & LOVE で生きる覚悟
いま与えられたその命のままで
いま与えられたその縁

もっとみる

恥ずかしや恥ずかしや

恥ずべきは己
他を嘲って
己に◯をつけるより
己の前に醜く見えてしまう他が
現れていることを恥ずべきだ
恥じるということは
耳に心を寄り添えるということだ
聴こえることに心を向けて
なんだ私はそんなことすら
慮れなかったのかと
ポッと
恥ずかしくなる己を
ちょっとだけ空から
プププと 笑って
そこのあっさり超えていく
恥ずかしい恥ずかしい と
こんな私を超えていく
生まれてこのかたずっと
恥ずかし

もっとみる

やりたいことだけをやる人生?

やれることを
やれるように
やれるひとと
やれるだけやる?

やりたいことを
やりたいように
やりたいひとと
やりたいだけやる?

きっと
だって
そのおくに

やれんことを
やれんながら
やれんひとと
やれるつもりで
やってみてみる

とか

やりたくないことを
実はやりたいねんと
だましだましやって
なんやおもろいやん
ふと思える域に達す

とか

別にあれやけど
聞いてもうたらもう
そりゃ乗

もっとみる

ココロ愛シタイ

イタイ心イタイ
ココロ愛シタイ

無力で仕方ない
なんもできん糞
暴力はクソやろ
見ぬフリもくそ

後でこんな風に
ホザくオレも糞

起きる糞の中で
人として何クソ
糞のなかに光り
届くには何クソ

この世界に来た
ただその一点で
誰もが喜ばれた

なのにどうして
糞にまみれ逝く

どんな御託より
俺はクソをヤる
クソな俺をヤる
生きてりゃいい
とか綺麗事も糞

だけどあと少し
せめてあと少し

もっとみる

YES!YES!ONLY YES!

YES!
ワタシは選ばない
ワタシの前に現れる“流れ”の
すべてにワタシを開けワタス

CHANGE
ワタシは拘らない
ビビりながらビリビリと
昨日のワタシを脱いで行く

RUNING
ワタシは諦めない
何度でもムクムクと起き上がり
そびえる壁の先にあるその道を往く

THANKS
ワタシは求めない
かけがえのない今このトキの
キラメキすべてをありがたむ

CHANCE
ワタシは怒(イカ)らない

もっとみる