見出し画像

ヌテッラ &チョコレート店カファレル

<イタリア旅行記(2007年秋・シチリア東部&カラブリア)no.28>

イタリア朝食時の定番、ヌテッラ(Nutella)。

ピエモンテ州の特産・ヘーゼルナッツを使用されたチョコレート風味のクリームで、最初は、「ジャンドゥーイア」という名の塊で販売されていたそうです。

それをクリーム状にして瓶詰めし、「ヌテッラ」という名前に変更。
売られるようになりました。
現在では、アメリカでも販売しているので、アメリカ産クリームと思われている方もいらっしゃるようです。

イタリア朝食時には、必ずと言っていいほど、出てくるヌテッラ。
ヘーゼルナッツのコク、そして風味が何とも言えなく美味しくて、食べ過ぎてしまう危険なクリーム。
なので、私は、イタリア滞在時のみ、解禁にしています。

ちなみに、2月5日は、「世界ヌテッラ・デー」。
2007年に制定されて、今年も、Twitterで、「#worldNutelladay」で沢山、ヌテッラファンが、記事を投稿していました。

塊のジャンドゥーイア(Gianduja)も、ピエモンテ名産チョコレートとして、現在も人気で、トリノ(Torino)にあるチョコレート専門店・カファレル(Caffarel)でも看板チョコレートとして売られています。

日本出店は、わが街・神戸に2店舗、東京に1店舗。
気になる方は、是非是非、チェックしてみて下さいね。

【お店情報】☆
カファレル(Caffarel)
神戸北野本店:神戸市中央区山本通3-7-29 神戸トアロードビル1F




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
4
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「オフィスアルベロ・レシピ集」もスタート。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。