見出し画像

【レシピ】 スパゲッティ・カルボナーラ

           カルボナーラ(Carbonara)

語源は、「炭焼き、木炭の」と言う意味の「カルボナイオ(Carbonaio)」
黒胡椒を散らした様子が、木炭の灰を被ったように見えることから、
その名がついたと言われています。
ただ、「カルボナーラ」が、いつ作られるようになったかは、諸説あり、
最近では、新説も登場しているようです。

アマトリチャーナ(Amatriciana)同様、ローマ料理のひとつで、
グアンチャーレ(Guanciale)」と呼ばれる豚ほほ肉の塩漬け(生ベーコン)、卵、ペコリーノチーズ、胡椒を使ったソースです。


日本でも、人気のカルボナーラ。
生クリームを入れたレシピもありますが、現地・ローマでは、卵のみ。

確かに、ローマで食べたカルボナーラは、卵たっぷり!
濃厚な味わいでした。

画像24

カルボナーラ(Carbonara)
<2009年夏・ラッツォ州・ローマ(Roma)にて>

羊乳製のペコリーノチーズ(Pecorino)も必須です。
日本人に馴染みのある、牛乳製のパルミジャーノ(Parmigiano)よりも、
少し塩味の強いチーズになります。

今回は、ローマ風。
卵たっぷり、入手しやすいパルミジャーノチーズ。
そして、グアンチャーレの代わりに、パンチェッタを使ったレシピをご紹介します。

応用編は、野菜入りカルボナーラです。

画像32


最後に、手書きの「料理手順書」「応用編」「料理用語のイタリア語」を添付しています。

*****************

       スパゲッティ・カルボナーラ
        ( Spaghetti alla carbonara )

【 難易度 】★☆☆☆☆
【 調理時間 】 約 20 分 (スパゲティの茹で時間:約7分を含む)


この続きをみるには

この続き:2,751文字/画像32枚
この記事が含まれているマガジンを購読する

「他とは違う電子版・料理本を作りたい!」 レシピだけではなく、日々の食卓に活用して頂けるように、バリエーションを広げるコツや、調理器具...

または、記事単体で購入する

【レシピ】 スパゲッティ・カルボナーラ

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
13
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 コックとして現地で料理修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 料理教室、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。