見出し画像

【レストラン情報】ヴェローナ・想い出のレストラン

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.99>

ヴェローナ(Verona)に行ったら、絶対に行きたいレストランがあります。
今までも、ヴェローナ訪問時には、必ず訪れていたお店。
今回も、前日に予約を入れて、行ってきました。

前回の訪問は、2001年。
イタリア料理修行を一旦終え、日本に帰国する前の事。
あれから、7年も経っていたのですが、お店は、同じ場所にあり、
そして、内装も変わらず、懐かしい雰囲気です。

ワクワクしながら、メニューから選んだヴェネト料理(La cucina Veneta)を頂きました。

画像3

馬肉の前菜(Insalata di carne di cavallo)

想像していたのと違い、少し燻製にした馬肉を割いたもの。
かなりのボリュームで、びっくり!

食感は、コンビーフのように繊維質が多いのですが、
レモン果汁とオリーブオイルで、さっぱりと頂き、完食。
う~ん、美味しいです。

画像3

ビゴリ・鴨のラグー(Bigoli con ragu` di anatra)

ビゴリは、専用器具トルキオ(Torchio)で作られるヴェネト地方の伝統的なロングパスタ。

「トルキオ」は「圧搾機」のことで、
オリーブの実や、葡萄用の圧搾機も、この名前で呼ばれています。

それぞれ、用途によって、形や大きさが違います。
ビゴリ(パスタ)専用のトルキオは、子供用の木馬のような感じ。

ハンドルの部分に、パスタ生地を入れて、ハンドルを回しながら、
グッグッグッと押し出しながら作ります。

まだ、このビゴリ用トルキオを、実際に見た事がなく、写真がないのが残念ですが、また、見つけたら、ご紹介しますね。

この旅の初めに、ヴェネツィア(Venezia)でも、「いわしのビゴリ」を食べましたが、その時は、ちょっと納得がいかず、再度、注文!

この「鴨のビゴリ」は、とっても美味しくて、大満足です。


画像3

「ヴェネツィア風仔牛のレバー・ポレンタ添え
(Fegato di vitello alla vaneziana con polenta)」

レバーは、玉ねぎと一緒に白ワインで煮込んだもの。
こちらも、この旅行で、どうしても食べたかったお料理のひとつです。
お腹、いっぱいやわ~っと思いながらも、その美味しさにつられて、こちらも完食。
本当に、大満足の夕食でした!

画像4

店内の様子

食事の後に、スタッフの方と、少しおしゃべり。
7年前にも来店した事や、ヴェローナ再訪時には、絶対来たかった旨をお伝えしたら、その方曰く、ここ数年で、お料理&サービスのレベルが、さらに向上したそうで。

確かに、以前は、予約なしでも入店できたのに、今回は、出来なくて、
その時に、この日の予約を入れました。

店内も、予約でいっぱい。
ウェイティング・カウンターで、一杯飲みながら待っているお客様も、
いらっしゃった様子。
レベル向上で、嬉しいことですが、さらに人気店になり、飛び入りは難しい印象を受けました。

最後に、サービスですよ…と、
ヴェローナ特産の食後酒レチョート(Recioto)を一杯頂いて、にっこり。
こういうサービス、とっても嬉しいです。
レストランの雰囲気を満喫しながら、食後の一杯を頂いていました。

また、ヴェローナ再訪したら、食べに来よう!と思いました。

この続きをみるには

この続き: 321文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ご購入頂くと、イタリア全土を巡った旅行記の有料記事(1記事100円)、全てまとめてます。 今後、アップされる情報も、ご覧頂けます!

イタリア全20州を巡り、自分の足で現地を歩き、見て、聞いて、そして食べた情報をブラッシュアップ。 ホテル名、レストラン名、スポット情報リス…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】
イタリア郷土料理研究・レシピ作家 🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」も好評投稿中。 仕事依頼、問い合わせ等は、こちらまで→ info@albero-cooking.com