見出し画像

【レストラン情報】サレルノの昼食は、熟成肉

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.53>

アマルフィー海岸の東に位置するサレルノ(Salerno)
到着日の昼食は、熟成肉を扱うレストランへ行きました。

予約はしていなかったのですが、開店直後ということで、無事、入店。

画像1

店内も、お洒落です。
うん、これは、期待できる店構えですね。

まずは、お料理。
旅も折り返しで、ちょっと疲れが溜まっていた時。
後半に向けて、気合を入れなおすために、お肉を2品を注文しました!

そして、グラスワインも注文。

画像2

ハウスワイン(赤)

お料理に合わせて、お薦めのハウスワインを、グラスで頂きます。
プーリア州&バジリカータ州と、ロゼワインをよく飲んでいたので、久しぶりの赤。
ミディアムボディ、果実味溢れていて、美味しいです。

画像3

牛肉のタルタル(Tarutaru di manzo)

前菜は、なかなか日本では食べられない、牛肉のタルタルにしました。
生の牛肉に、刻んだトマトと合わして、チーズソースが掛かっています。

この組み合わせ、美味しいに決まってます!
でも、もうちょっと、牛肉が多くても良いのにな…と思いながら、
モグモグと舌鼓を打つ私。

でも、この後の「メイン料理」で、その小さな不満は、あっという間に吹き飛ぶことに…。

画像4

牛肉(熟成30日)のタリアータ・ルッコラ&グラナチーズ添え
(Tagliata di manzo con rucola e grana : <frollata 30 giorni>)

見て下さい、このボリューム!
きっと、200~250gはあるのではないでしょうか。

メニューには、お肉が何グラムの表記がなかったので、
注文時に、スタッフさんに、お肉のボリュームを確認したのですが、

スタッフ「そんなに大きくないよ、このパンの2切れ分ぐらいかな…」

っと、指をさしたのが、こちらのパン達。

画像10

パン(Pane)

それぐらいなら…と、注文したのですが、お皿が運ばれてきた時、

「 うん? 話が違うぞ…。 かなり、大きいぞ…。」(私の心の声…)

思わず目を見開いて、凝視してしまいました。

食べきれるかなっとドキドキしていましたが、美味しいお肉は、
ちゃんと食べられちゃうんですよね … ♪
熟成牛肉のタリアータは、旨みが凝縮していて、噛みしめれば噛みしめるほど、口の中に、味わいが広がります。
うわ~、幸せだ…♪。

もちろん、パンも、美味しかったですよ。

最後は、デザート。

画像5

リコッタチーズと洋ナシのセミフレッド
(Semifreddo di ricotta e pere)

実は、この旅で、ここまで、あまりデザートを食べてこなかったのに、ふと気づいたんですよね。
たぶん、マテーラで食べたジェラートぐらいだったかと…。

気合を入れて、注文したこのセミフレッドが、本当に美味しかった!
上にのっている、キャラメル風味のカリカリ食感のパイ。
これまた、セミフレッドのアクセントになって、スプーンが進むんです。

このセミフレッド、一度、再現してみたいな…と、思いながら、しっかり味を楽しんでいました。

画像6

クレマ・ディ・リモンチェッロ(Crema di limoncello)

最後は、食後酒のクレマ・ディ・リモンチェッロ。
リモンチェッロに、ミルクが入っているタイプで、クリーミでまろやか。
女性も、飲みやすい食後酒です。
もちろん、アルコール度数は、それなりにあるので、ゆっくり、ゆっくり頂きました。

画像8

店内の貯蔵冷蔵庫

冷蔵庫には、出番を待っている真空パックで保存されているお肉に、
南イタリアでよく食べられているチーズ・カチョカヴァッロ(Caciocavallo)。

眺めているだけでも、嬉しくなりますね。
本当に、大満足の昼食でした。

この続きをみるには

この続き:313文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ご購入頂くと、イタリア全土を巡った旅行記の有料記事(1記事100円)、全てまとめてます。 今後、アップされる情報も、ご覧頂けます!

イタリア全20州を巡り、自分の足で現地を歩き、見て、聞いて、そして食べた情報をブラッシュアップ。 ホテル名、レストラン名、スポット情報...

または、記事単体で購入する

【レストラン情報】サレルノの昼食は、熟成肉

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
9
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記、アルベロの活動、美味しい情報を記録として綴っていきます。 アルベロレシピ集有料マガジンも作成予定。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。