見出し画像

【レシピ】鶏肉と野菜マリネのオーブン焼き ☆ ジューシー、爽やかレモン風味! お魚でも作れます

マリネ(marinato)
レモン汁や、酢(ビネガー)、ワイン、オイルなどに
香味野菜、香辛料、調味料を加えて作るマリネ液に、漬け込んだ料理。
液体のみに漬け込む場合もあります。
味をつける為でもありますが、
食材を軟らかくする、日持ちを伸ばす為、などの作業でもあります。


素材をマリネにしてから、加熱調理をする、これは、よく使われている料理法。
南イタリア・カラブリア州で出会ったマンマも、この工程で、鶏肉料理を教えてくれました。
それを、日本のご家庭でも作りやすいようにレシピに落とし込み、
教室でご紹介したのが、2008年の夏でした。

こちらは、教えてもらった時の、マリネした食材の写真。

画像14

マリネにした鶏肉とパプリカ

大きい陶器の深皿に、ぶつ切りにした骨付き鶏肉、
ザクザクっと切ったパプリカ、そして、手でちぎったハーブを散らし、
目分量で調味料を加え、ザッザッと混ぜ合わせて、冷蔵庫へ…。

さすが、イタリアのマンマ!
マリネのやり方も、大らかで、ダイナミック!
でも、こういう作り方でも、堪らなく美味しく仕上がるのですよね。
イタリア・マンマの家庭料理の底力、エネルギッシュで、パワーをもらえます。


今回は、2008年のレシピを、さらにブラッシュアップ!
レモンを効かせ、これからの暑い夏に食べたくなる味わいに、仕上げました。
暑い時は、長時間、コンロ前に立つのも、しんどいですから、工程も、出来るだけシンプルにしています。

鶏肉が苦手、という方は、是非、お魚で作ってみて下さい。
本当に、柔らかく仕上がりますよ。
個人的には、魚の方が好きかも…。

画像47

魚と野菜のマリネのオーブン焼き

フライパンで、ソテーしても良いですし、
マリネにした鶏肉を、唐揚げにすることもできます。
この唐揚げが、また、ジューシーで、柔らかいこと…。

画像41

鶏肉と野菜マリネのソテー

画像36

マリネにした鶏肉の唐揚げ


そして、お鍋のシメの「おじや」ならぬ、オーブン焼きのシメとして、
ご飯のチーズ焼きで、美味しさを、残すことなく、食べ切ることも出来ちゃいます。

画像47

ご飯のチーズ焼き

それぞれ、応用編で説明していきますね。

今まで、紹介したマリネ料理、オーブン焼きも、是非、ご覧下さい。


それでは、作っていきましょう!

最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。

******************


鶏肉と野菜マリネのオーブン焼き
Pollo e verdure marinati al forno )

【 難易度 】★★☆☆☆
【 調理時間 】 約 45分
         (オーブン時間は含む、マリネに漬ける時間は除く)
【 オーブン調理時間 】   230℃ 約 20〜25分
           

この続きをみるには

この続き: 3,498文字 / 画像41枚
記事を購入する

【レシピ】鶏肉と野菜マリネのオーブン焼き ☆ ジューシー、爽やかレモン風味! お魚でも作れます

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、問い合わせ等は、こちらまで→ info@albero-cooking.com