あく
モネパパを思い出す田良島の名言…今週の『ちむどんどん』
見出し画像

モネパパを思い出す田良島の名言…今週の『ちむどんどん』

あく

復帰前の沖縄で、4人兄妹の次女として生まれ育ち、復帰とともに、東京で働き始めるヒロイン・比嘉暢子(稲垣来泉さん→黒島結菜さん)が、やがて沖縄料理の店を開くことになる朝ドラ『ちむどんどん』の第10週「あの日、イカスミジューシー」。

暢子が働くレストランの料理長の二ツ橋(高嶋政伸さん)が、店を辞めるかも知れないとオーナーの房子(原田美枝子さん)に告げた月曜日。案外あっさりとしていて、引き留めないオーナー。

一方、暢子の母・優子(仲間由紀恵さん)は、体調不良が続く歌子(上白石萌歌さん)を、東京の病院で検査してもらうことを決意。『あさイチ』で「1回大きな病院に行った方がいい」と大吉さんが話していた通りの展開に。賢秀(竜星涼さん)にお金を貸している場合ではなかったな。

二ツ橋が暢子の下宿先でもある居酒屋「あまゆ」に泥酔状態で現れた火曜日。店にいた三郎(片岡鶴太郎さん)に、「あんたさえいなければ…」と殴りかかり。

病欠が多く、会社を退職することになった歌子。最後の挨拶で、好意を抱きかけていた同僚の花城(細田善彦さん)から花束をもらい喜ぶのですが、直後にその花城が、経理の伊志嶺梨佳(南野巴那さん)と結婚すると報告し…。病気・退職・失恋?と三重苦な歌子。

優子と歌子が上京してきた水曜日。「あまゆ」で歓迎会が開かれるも、幼い頃から想い続けてきた智(前田公輝さん)らと仲良さげで、活き活きとしている暢子をみて部屋に籠ってしまう歌子。

部屋で暢子と二人きりになった歌子は、「仕事も恋愛も結婚も、何もできないまま死んでいくと思う」と思いを吐露。朝ドラ名物の立ち聞きする優子という構図。姉と妹による恋愛感情のもつれといえば、『おかえりモネ』でも似たようなことがありましたね。闇落ちしたミーちゃん

二ツ橋が退職に備えた引継ぎで、暢子と漁港に出かけた木曜日。後輩の話として、自分が房子にプロポーズして断られたことを告白。房子にはかつて結婚するはずだった男性がいて、それが三郎だったと判明。事情を知る田良島(山中崇さん)が暢子に語った言葉が今週の名言。

世の中は不公平で、理不尽なことがたくさんある。頑張れば必ずハッピーエンドになる、わけでもない。頑張っても、頑張っても、どうにもならないことがあるのが人生。だけどね、明日はきっといい日になると思うことが大事。

一方、検査の結果が判明した歌子でしたが、頻繁に発熱する病状は、当時の医学では原因がわからないという玉虫色な結末。この日の『あさイチ』ゲストは鶴太郎さんで、懐かしい芸を披露してくれました。

「死んでしまった方がいい」と歌子が闇落ちしそうになった金曜日。優子は『ごくせん』ヤンクミの目になり、平手打ちしようとしますが思い止まり、田良島の言葉に近いことを言いました。

みんな上手くいかないことがある。どうしようもないこともある。それでも、幸せになることを諦めないで生きていかないと、いけないわけ。そうしたら必ず、生きていてよかったって思える時が来る。

ふと、『おかえりモネ』のモネパパことコージー(内田聖陽さん)の言葉を思い出しました。

娘たちだけじゃないな。子供たち全員に言ってやりたい。どうなるかわからない世の中、お前たちの未来は明るいんだって。決して悪くなる一方じゃないって、俺は信じてえ。言い続けてやりてえ。

今週も粗さのあるご都合主義的な脚本&演出ではありましたが、ニーニーの出番が少なかったので、比較的落ち着いて見られました。原田美枝子さん、片岡鶴太郎さん、山中崇さんら名優たちの見せ場が多かったこともあるのでしょう。



この記事が参加している募集

テレビドラマ感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/46025858.html