新ドラマ『しろめし修行僧』&『クロステイル』&『嫌われ監察官 音無一六』
見出し画像

新ドラマ『しろめし修行僧』&『クロステイル』&『嫌われ監察官 音無一六』

あく

お坊さん(僧侶)が主人公の映像作品というと、映画なら時代劇で『日蓮』(1979年)や『空海』(1984年)など、現代劇なら『ファンシイダンス』(1989年)とか。

現代劇のドラマにもお坊さんは登場しますが、主人公となると吉沢亮さんの『ぶっせん』、山下智久さんの『5→9〜私に恋したお坊さん〜』、伊藤英明さんの『病室で念仏を唱えないでください』などがあります。

そんなお坊さんドラマが、4月期のテレビ東京の看板枠「ドラマ24」に登場。主演はハナコの岡部大さんで、脚本は『フルーツ宅配便』『監察医朝顔』『ハコヅメ』の根本ノンジさんと、『おじさまと猫』の伊達さん(大人のカフェ)。新たなる、深夜の「飯テロ」ドラマ誕生ですね。

ほぼニートの寺の息子・米田たくあん(岡部さん)が、托鉢の全国行脚修行を通して、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描き、「しろめしに合う最高のおかずとは何か」という究極の問いに迫るグルメドラマ。

世界的な傾向は知りませんが、日本人は探偵が主人公のドラマが好き。刑事ドラマほど多くはありませんが、それでもさまざまな形の探偵(素人含む)が毎年生み出されています。

古谷一行さん演じる金田一耕助の『横溝正史シリーズ』、天知茂さん演じる明智小五郎の『江戸川乱歩の美女シリーズ』、松田優作さんの『探偵物語』、沢村一樹さんらが演じた『浅見光彦シリーズ』。近年なら、『金田一少年の事件簿』シリーズや『謎解きはディナーのあとで』など。

そんな探偵ドラマの新作『クロステイル ~探偵教室~』が、4月期の東海テレビ「土ドラ」枠に登場。主演は、『ドラゴン桜2』で藤井役を演じて一躍知名度を高めた鈴鹿央士さん。『ホリミヤ』は久保田紗友さんとのW主演でしたから、今回単独初主演となります。

共演には、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、主人公・北条義時(小栗旬さん)の正室を演じるなど、上り調子の堀田真由さんのほか、「金麦」のCMの印象がいまだに残る檀れいさん、そして板尾創路さん。脚本は、『半沢直樹』や朝ドラ『おちょやん』の八津弘幸さん。

突然失踪した父親(板尾さん)を捜すため、探偵学校に入学した飛田匡(鈴鹿さん)が主人公。尾行、盗聴、張り込み、聞き込みなどリアルな探偵描写と、その底にある人の心の謎を通じて、探偵の卵たちの成長を描くスリルと笑いのヒューマンドラマ。

テレビ東京というと深夜ドラマのイメージがありますが、実は金曜8時台にもドラマ枠を持っています。ヒットした作品でいうと、朝ドラ『カムカム』で「サンタ黒須」を名乗った濱田岳さん主演の『釣りバカ日誌』シリーズ、『三匹のおっさん』シリーズ、『執事 西園寺の名推理』シリーズなど。

4月期の同枠に小日向文世さん主演の『嫌われ監察官 音無一六』が決定。た。元々、単発のSPドラマとしてシリーズ化されていたのですが、今回初の連ドラ化。

SP版でも共演の遠藤憲一さん、堀内敬子さん、田中美佐子さん、小野武彦さんも続投。脚本は『相棒』シリーズや『刑事ゼロ』シリーズの戸田山雅司さんと、『警視庁ゼロ係』の船橋勧さん。

警察内部のあらゆる不正を取り締まる監察官・音無一六(小日向さん)が、自分の正義を貫き、どんなに嫌われようが職務を全うし、鋭い“観察眼”と“ひらめき”で、数々の難事件に挑んでいく。

余談:昨夜の『SONGS』は、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の主題歌「アルデバラン」を歌うAIさん特集。同曲をつくった森山直太朗さんから「ミジンコ」秘話も。二人で歌うデュエットも必聴。



この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございます
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/46025858.html