わたしはだんだんわたしになる 子どもの頃の皮膚感覚

子どもの頃の皮膚感覚_001 この作品は電子書籍『わたしはだんだんわたしになる なぜ子どもの泣き声が耐えられないのか』に収録、電書バトより2019年11月1日各電子書店に配信されました。電子書籍はこのお話を含め9話の短編を収録しております。

この続きをみるには

この続き: 画像24枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
noteでは価格設定を抑えて販売中。

「わたしはだんだんわたしになる なぜ子どもの泣き声が耐えられないのか」電子書店販売中のものと同じ構成。 SNSで大きく話題となった表題作…

または、記事単体で購入する

わたしはだんだんわたしになる 子どもの頃の皮膚感覚

akko

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは制作費にあてます。本当に助かります。 ブログには漫画の他、解説も掲載しております。 https://akkoworks.com/ https://twitter.com/akko_gardens

ポジティブな反応は励みになります。ありがとうございます!
147
マンガ・イラスト・動画・写真・バードグッズ制作しています。 studio akko https://studioakko.jimdo.com/ YouTube https://www.youtube.com/channel/UCkjW-esRndFAuGO-vUtkfjg

こちらでもピックアップされています

わたしはだんだんわたしになる なぜ子どもの泣き声が
わたしはだんだんわたしになる なぜ子どもの泣き声が
  • 9本
  • ¥400

「わたしはだんだんわたしになる なぜ子どもの泣き声が耐えられないのか」電子書店販売中のものと同じ構成。 SNSで大きく話題となった表題作を含め9編の短編漫画を収録 子どもの泣き声が大嫌いだった私。生き方を変えていく中で押し殺していた自分の思いが現れ、大嫌いだった理由を解き明かす「なぜ子どもの泣き声が耐えられないのか」/乱暴な自分の髪の毛のとかしかたは母親のやり方そのままだった。しかしその負の連鎖は不完全で…「親子間の負の連鎖」/「子どもに「親をバカにして!」と言いたくなったとき」「おかあさんといっしょ 一九七六年のスタジオ収録の思い出」「日本ミツバチのはちみつ」「田んぼは「おっぱい」」「指しゃぶりと指つっこみの理由」/幼い頃の手の不自由さの記憶「子どもの頃の手の感覚」/「子どもの頃の皮膚感覚」

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。