見出し画像

上手く走れない日が9割5分。それでもランニングは楽しい。

「上手く走れてないと感じることって、あるんですか?」

そんな質問をもらいました。質問の背景を尋ねてみると、

「いつも楽しそうに走っているから」
「走るたびに一喜一憂してしまう」

とのこと。

「なるほどな〜」と思って、筆をとりました。

思った通りに走れたら奇跡

僕はそう答えました。
ランニング歴7年。
イメージ通りに走れたことなんて、
片手で数えるほどしかありません(笑)

画像1

今までで一番イメージ通りに走れたのは、日光国立公園マウンテンランニング大会だと思います。

「この次に上手く走れた日は?」

って聞かれたら、
思い出せないかもしれない(笑)

それくらい、イメージ通りに走れることって稀なんです。

思った通りに走れないのに楽しいの?

これは、想定される問いです。
走っている人はわかると思いますが、

「何が楽しくて走ってるの?」

って、本当によく聞かれます。


楽しいです。

「アッキーと言えばファンラン」
「ランニング ENJOYおばけ👻」

そう言われるくらい、ゆるラン・ファンランが大好きな僕ですが、直近2ヶ月くらいは、けっこうマジメに練習してました。

画像2

ペース走やったり、
ビルドアップやったり、
インターバル走やったり。

上手く走れたことなんて、
一度もなかったです!笑

でも、ゼーハーしながらガチで走ったことで、色々な発見がありました。

自分で自分を好きになる

ガチで練習した後は、イメージ通りにできたこととそうでないことを整理していました。

当然できなかったことの方が多いわけですが、できたことに関しても、なぜできたのかを考えます。

そうすると、自分が成長していることを認識することができます。たとえ1ミリでも、自分の成長を認識できると、自分のことが好きになるわけです。

「やればできる」
「次のレースは上手くいくかも」

反省もしつつ、浮かれてみる。
めちゃくちゃうまく走れたら、めちゃくちゃ喜んだらいいし、全然ダメダメだったら、そんな日もあると"前向きに"諦めて、スパッと寝ちゃえばいい。

そんな感じで走っていると、もっとランニングが楽しくなって、走っている自分のことを好きになれると思います。

画像3

Tommorow is another day.
(明日は明日の風が吹く)

もっと自由に、楽しく走れる世界へ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、銭湯ラン備忘録に出演してくれたゲストへのコーヒー牛乳代として使わせていただきます🐮🏃‍♂️♨️

Runtripのアプリ、ぜひ使ってみてください‼️
23
ランニングがもっと楽しくなるアプリ『Runtrip』 のコミュニティマネージャーをやっているアッキーです🏃‍♂️銭湯RUN♨️×至福の一杯🍺をテーマにnote書いてます📖トレイルラン好きが高じて、UTMF2022を目指すことにしました🏔