衆議院議員 塩崎彰久(あきひさ)

衆議院議員、愛媛第1区選出。弁護士としての経験を活かし、危機に強い日本、成長し続ける日本へ、日々の想いを綴っていきます。道後小学校、愛光中・高、米国留学を経て東京大学法学部卒。趣味は俳句、茶道、テニス。 https://akihisa-shiozaki.jp/

衆議院議員 塩崎彰久(あきひさ)

衆議院議員、愛媛第1区選出。弁護士としての経験を活かし、危機に強い日本、成長し続ける日本へ、日々の想いを綴っていきます。道後小学校、愛光中・高、米国留学を経て東京大学法学部卒。趣味は俳句、茶道、テニス。 https://akihisa-shiozaki.jp/

    最近の記事

    19発の弔砲。改めて国葬の意義を考える。

    どーん。どーん。静寂の中、みぞおちにずしりと響き渡る19発の空砲。忘れもしないあの悪夢の7月8日から80日日。安倍晋三元総理の国葬が武道館にて厳かに執り行われました。 混雑を避けるため国会議員は2時間前に国会正面からバス移動。沿道に目をやると 、花を手にもった長い長い人の列がすでにどこまでも続いています。 安倍元総理は、私にとっては政治の世界でのはじめての上司でした。2006年の第一次政権で父が官房長官に就任したのを機に、当時勤めていた弁護士事務所から急遽出向する形で官房

    スキ
    150
      • 議員外交のバトンを繋ぐ。ベトナム訪問で見えたもの。

         8月22日夜から実質3日間、自民党青年局の海外研修でベトナムに行ってきました。  この海外研修はコロナ禍による3年間の中断を挟んで復活した青年局の伝統行事。長年に渡り、年に一度、台湾とベトナムへの訪問を交互に重ねてきたそうです。私にとっても日越関係の特別な「地経学」的な重要性と、議員外交の意義を再認識する忘れられない訪問となりました。  訪問団は国会議員6名に地方議員や学生らを合わせて計53名というなかなかの大所帯。出発前の梅田邦夫前ベトナム大使による日越関係の詳細なレ

        スキ
        52
        • 国会最終日。「こども基本法」が成立しました。

             6月15日、私にとって初めての議員立法となる「こども基本法」が、参議院本会議で可決・成立しました。法案提出者のひとりとしてこの法案に携わってきた者として、感慨もひとしおです。  しかもこの日は、今通常国会の会期最終日。成立までに思いのほか時間がかかり、なかなかヒヤヒヤする場面もありましたが、日本にとってまたすべての子どもにとって大きな意味を持つ法案ですから、最後まで丁寧に審議を尽くせたことは何よりでした。  こども基本法は、子どもの権利を保障するうえでの基本となる法

          スキ
          61
          • 日本初、政党のガバナンスコードづくり。半年間の挑戦の軌跡。

             自民党は、5月31日の総務会で党運営や組織の在り方を示す指針である「ガバンナンスコード(統治指針)」を了承し、正式に発表しました。政党としてのコード制定は調べた限りは前例はなく、おそらく世界でも初めての試み。この半年間、私も党改革実行本部内に設けられたワーキングチームの事務局次長として策定に携わってきたこのプロジェクトの経緯と背景を振り返ってみたいと思います。  党改革実行本部事務局長の山下たかし先生から、「弁護士だったからこういうの得意でしょ」と軽い感じでお声がけいただ

            スキ
            62

            政治の道に進み、半年。振り返りと感謝。

             大勢の皆さまのお力を頂き衆議院議員として国政の場に送り出して頂いたのは、昨年10月31日のこと。  それからはや、半年の月日が経ちました。  この6ヶ月間を振り返ってみれば、これまでの人生とはまったく異なる濃密な時間ででした。  一年生議員なんて所詮、できることは少ないのではないか、当初はそんな思いもありました。でも振り返ってみれば、想像していた以上にたくさんの仕事に関わらせていただき、ありがたいかぎりです。 半年間の活動を振り返って  まずは議員活動の基本となる委員会

            スキ
            112

            子ども政策に関して厚労委員会で質問を行いました。

            4月20日。衆議院厚生労働委員会にて質問に立たせて頂き、①難病を抱える子どもたち、②虐待に怯える子どもたち、③貧困に苦しむ子どもたち、④障がいを抱える子どもたち、に関して政府の考えを確認しました。以下、議事録です。またご意見など是非聞かせてください。 ○塩崎委員 おはようございます。愛媛一区の衆議院議員の塩崎彰久でございます。厚生労働委員会では初めての質問となります。どうぞよろしくお願いいたします。 今回の国会では、こども家庭庁設置法案が提出され、岸田総理も、子供に関する

            スキ
            34

            NFTホワイトペーパー。ついに発表。

              3月30日、自民党デジタル社会推進本部のNFT政策検討プロジェクトチームによる「NFTホワイトペーパー Web3.0時代を見据えたわが国のNFT戦略」が、部会で了承されました。  本年1月から駆け足の3ヶ月。同期の仲間たちと一緒に、国会議員として、新たな政策提言の起草に初めて本格的に携わらせて頂き、貴重な経験となりました。  しかしこの分野に馴染みのない方からすれば、「NFT」や「Web3.0」といった言葉は、まるでイメージが湧かないかもしれません。今回いったい何を提

            スキ
            140

            ウクライナ避難民。歴史的な受け入れ表明へ。

             3月2日(水)、岸田文雄総理大臣が、ウクライナ避難民の日本への受け入れを表明しました。  避難民の受け入れは、私自身、強い問題意識を持って当初から悩み訴えてきた問題であり、我々の訴えに耳を傾け、スピーディかつ大胆な政策方針決定を成した岸田総理のこの度の英断に心から敬意を表します。  2月24日(木)、北京冬季オリンピックの閉会を待ち構えていたかのように、ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、世界に衝撃が走りました。海外の友人たちからも、知り合いや友人の安否を心配する悲痛で

            スキ
            93

            はじめての委員会質問。スタートアップ支援を成長戦略のど真ん中に。

             2月16日(水)、予算委員会の第7分科会(経済産業省)にて国会議員として初めて委員会質問に立たせていただきました。 【審議中継はこちらからご覧いただけます。】  国の予算案には膨大かつ多岐にわたる内容が含まれているため、予算審議が終盤になってくると衆議院の予算委員会では各省庁に分かれて8つの「分科会」で審議が行われるのが通例です。普段質問に立つ機会の少ない与党の若手議員にとっては、委員会質問を通じて自分の考えを政府にぶつける貴重な機会となります。  質問者選定の正式な

            スキ
            90

            人生に最も影響を与えた授業。トータル・リーダーシップ。

             さる2月5日、昭和女子大学の女性文化研究所が主催するシンポジウム「人生と組織を変えるリーダーシップ:これからの働き方と生き方、組織経営」にて、基調講演をさせていただきました。  このシンポジウムの議論のベースとなった理論は、ペンシルバニア大学ウォートン校の看板授業、スチュワート・D・フリードマン教授が教える『トータル・リーダーシップ』。MBA留学時代に私も数か月にわたりこのコースを受講し、その後の私の働き方やキャリアに最も大きな影響を与える授業となりました。  初日に教

            スキ
            76

            世界初。等身大アバターによるV-街頭演説と地方の未来。

             2022年、新しい年が始まりました。皆さま、本年もどうぞ宜しくお願いします!  おそらく世界初の試みとなったのではないでしょうか。1月7日に、等身大アバター(デジタル分身)を使った「バーチャル街頭演説」の実験を行いました!  まず松山・大街道の一番町口に、私の姿がすっぽり収まるほど大きいLEDパネルを設置。開始時間になるとそこに、今回オリジナルで制作していただいた私のアバター「あっきー1.0」(仮称)が映し出されます。アバターとは私の似姿をとったデジタルのキャラクター画

            スキ
            75

            初めての臨時国会、駆け足の16日間。

            今月21日、私にとって初めての臨時国会が終了しました。国会は何をやっているのか。外からはなかなか見えにくい実情について、簡単にご紹介したいと思います。 臨時国会とは、正式には「臨時会」(憲法53条)と呼ばれる国会の会期の一種で、内閣が必要と認めるときに招集を決定できるものです。毎年1月中に始まる150日間の通常国会(「常会」)の終了後、通常国会で成立をみなかった 法案や経済対策のための補正予算案などを審議するために、夏を挟んで秋口頃に招集されるのが一般的です。臨時国会には

            スキ
            65

            税制が決まっていく舞台裏の景色。

            永田町の銀杏並木もすっかり色づくなか、いよいよ6日から臨時国会が始まりました。 これまで数週間、自民党内では来年度の様々な税制改正の概要を決める「税制改正の大綱」の取りまとめに向け、大詰めの議論が行われてきました。あまり世間に知られることのない税制の議論のプロセスですが、はじめてその一端に触れ、とても学びの多いプロセスでしたので簡単にご紹介したいと思います。 毎年、8月下旬ごろに各役所では様々な政策分野の税制について翌年度に向けた改正要望をとりまとめていきます。市場状況の

            スキ
            102

            岸田総理来松。「応援しとるけん!」

            11月20日、岸田総理を地元松山にお迎えするということで慌ただしい1日となりました。総選挙後の総理のはじめての地方視察に愛媛県松山市を選んでいただけた事は、大変光栄なことであり、地元の現状をご理解いただくまたとないチャンスでもあります。 総理訪問に先立ち、午前中は地元道後の旅館や商店街を回り、直近の状況について「週末は少し人が戻ってきとるけど平日はまだまだ。」「修学旅行生がポツポツ増えてきたのがありがたい。」「また次の波が来てこの良い流れが止まってしまうのが心配なんよ。」と

            スキ
            100

            初登院。初バッジ。初投票。

            11月10日、衆議院議員として初登院して参りました。国の将来を決めるこの大事な場に送り出して頂いた皆さまに、改めて心から感謝申し上げます。 朝8時15分ころ、国会議事堂前の駅から紅葉の美しい茱萸坂(ぐみざか)を歩いて下っていくと、国会正面には既にメディアの方を中心に大きな人だかり。独特の賑わいと高揚感が漂ってきます。地元のテレビ局等の取材に答えつつ、議事堂の階段を上ってエントランスへ。まずは初登院ということで、議事堂の表示板の自分の名前のボタンを押して記念撮影。当選証書と引

            スキ
            137

            子どもたちが思い切り夢を持てる国へ、新たなスタート。

            このたび衆議院議員選挙愛媛1区にて、119,633票という大変多くの皆さまのご支援をいただき、当選させていただきました。 ひとえに、皆さんのおかげです。心からの御礼を申し上げます。 一夜明けた今朝は、JR松山駅前の街頭に立たせて頂きました。皆さまのために働ける喜びをしっかりと噛み締めつつ、皆さんの付託に応えていく責任を両肩にずしりと感じ、身の引き締まる思いです。 四ヶ月前、弁護士事務所を辞めてふるさと松山へ帰って来たときは、本当にイチからのスタートでした。軽自動車にメガフ

            スキ
            177