CKD診療ガイドライン2018改訂のポイント

CKD診療ガイドライン2018改訂のポイント

日経メディカル2018年9月号の「CKD患者に厳格降圧のメリットは?」の読書メモを図解してみました。

CKDガイドライン2018改訂のポイント

1.腎機能低下+タンパク尿の有無をチェックする。eGFR45ml/分/1.73㎥未満なら専門医に紹介

2.過度な降圧は要注意!SBP110mmHgは回避、75歳以上は150/90の緩徐な降圧

3.タンパク尿の有無で降圧薬を選択。あり→RA系阻害薬、なし→医師の裁量で

糖尿病性腎臓病(DKD)という新たな概念

高血糖よりも加齢や動脈硬化などの影響で腎機能が低下する非典型的な糖尿病関連腎疾患を含む新たな概念が糖尿病性腎症(DKD)です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし私のnoteがお役に立てたのであれば、これほど嬉しいことはありません。コンテンツに価格をつける自信なんぞないので、投げ銭していただくと嬉しいです。

士気凛然 勇気百倍ありがとうございます!
1
EBMレベル0を自覚し、科学的根拠のなんたるかを探究する薬剤師。「昨日の自分に勝つ」をモットーに図解やマインドマップを駆使して万里一空の境地を目指しています。日本城郭検定2級。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。