マガジンのカバー画像

Design Container丨デザインコンテナ

143
UXデザインカンパニー 株式会社アジケの公式マガジンです。コンテナのようにデザインにまつわることや会社のことをUI/UXデザイナーやエンジニアがストックしていきます。 コンテナを… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

UXデザイン会社ってどんなところ?大切にしている価値観や事業についてお伝えします

こんにちは。アジケ PRチームの説田です。私たちはサービスやプロダクトでのユーザーの体験を考え形にするUXデザイン会社です。 現在、UI/UXデザイナーを募集していて、面談にて多くの方にアジケについてお伝えしているのですが、そこではお伝えしきれないことを中心にまとめたいと思います。 UXデザインをする会社が「考えていること」や「取り組み」を少しでも知っていただけると嬉しいです。 私たちが大切にしている価値観、デザインプロセス、サービスについてはこちらの会社紹介資料にコンパクト

スキ
31

サービスブループリントを活用するために、大切な5つのこと

こんにちは。UXデザイナーのはまちです。 この記事は、サービスブループリントを有効活用するための方法や考え方について考える、第二弾の記事となります。 前回の記事では、そもそもサービスブループリントとは何か?サービスブループリントはどのような点に優れているのか?といった点について記載しました。 今回はその知識を前提に、このツールを有効活用するために大切にしたい、5つのことについて書いていきたいと思います。 1. 使う目的を明確にすることサービスブループリントは、あくまで

スキ
6

サービスブループリントが担う3つの役割

こんにちは。UXデザイナーのはまちです。 昨今は、言うまでもなく様々なサービスにおいて、提供側とユーザーの接点が多様化しているかと思います。 そして、そういった接点の多様化は、サービスで何か問題が起きている時、その問題が必ずしも一つの接点で完結する話ではなく、様々な箇所で、様々な要因が関係し合いながら発生している可能性があることを意味しています。 逆に言えば、ユーザーが「心地よい」と思えるサービスを実現するためには、様々な接点の裏側にあるサービス提供側の仕組みも含め、包

スキ
9

UXデザイン会社の社内で11、12月話題になったことを4つピックアップ!

こんにちは、UXデザインカンパニーのajikeです。 2021年も残り1週間と少しとなりました。みなさん今年もお疲れさまでした。 さて、今回もajikeの社内で11・12月に話題になったことを4つピックアップしてご紹介します! 1. 「勝手にポイ捨てが減る」ごみ箱のデザインを、行動経済学から考える生活の中で必ず生まれるごみ。不適切な場所にごみを廃棄する不法投棄やポイ捨ては街の抱える共通の課題としてあります。 ごみの不法投棄やポイ捨ての問題に対して、行動経済学「ナッジ」に

スキ
10

【仕組みのデザイン事例】路上生活者を支援する雑誌「BIG ISSUE」

新宿・横浜近辺・梅田駅などで、時々ISSUEと書かれた雑誌が販売されている現場を見かけます。 コロナ渦になってからなかなかその現場に出会うことが少なくなりましたが、先日夜21時ごろに桜木町駅の前で販売されており、1冊購入してみました。 この雑誌の背景について何となく知っているつもりではいたものの、改めて仕組みを観察してみると非常に学びになるものがあります。 課題と解決策この雑誌「ビッグイシュー」とは、ホームレス状態の生活貧困者に雑誌を販売するという「働く場」を与え、自立に

スキ
13

マークアップタグから考える、デザインシステムに含めておきたい基礎コンポーネント

こんにちは、フロントエンドエンジニアの峯です。 昨今の、デザインのシステム化によって、デザイナーとエンジニアの共通言語が生まれ、UIの一貫性、運用スピードの向上、品質を維持した設計・開発が可能となり、私もデザインシステムについて非常に興味を持っています。 しかし、デザインシステムは単純にページに用いられるコンポーネントの棚卸しを行っただけでは、活用できる状態にはなりません。 今回この記事では、エンジニア目線でデザインシステムに必要な基礎コンポーネントについて紹介していき

スキ
16

PCサイトのメニューにおけるホバー&選択中の挙動について

こんにちは、ajikeでUI/UXデザイナーをしているすえです。 今回はPC版のWebサイトにおける“メニュー” の、リンクをホバー&選択した時の挙動についてまとめてみました。 メニューにおけるホバー&選択時の挙動パターンホバー&選択時の挙動には大きく分けて、次の4パターンがあります。 1つずつ見ていきましょう。 1.  ホバー&選択時に同じ変化をするパターン ホバー時にデザインの変化が起こり、クリックした後の選択時もその変化が継続するというパターンです。 みなさ

スキ
30

UXデザイン会社の社内で10月話題になったことを5つピックアップ!

こんにちは、UXデザインカンパニーのajikeです。 今回もajikeの社内で10月に話題になったことを5つピックアップしてご紹介します! 1. 【NHKビジネス特集】デザインは、見た目じゃないアップルの創業者、故スティーブ・ジョブズ氏が亡くなって10年。 彼はどのような考え方のもと、プロダクトを生み出してきたのか。彼の仕事を目の当たりにした方々のインタビューが紹介されています。 2. 「社長のおごり自販機」のユニークな仕組みサントリー食品インターナショナルが手がける

スキ
21

オブジェクト指向UIデザインのワークアウトに3ヶ月挑戦した結果

こんにちは。 株式会社アジケでUIデザイナーをしている山本です。 今回はUIデザイナーとして私が夏頃から最近までやっていた自主学習について書いていきたいと思います。 UIデザイナーになりたい人、同じくUIデザインのスキルアップをしたい人に参考になれば幸いです。 UIデザインを学ぶ方法とは?UIデザイナーとしてスキルを上げていくために効果的な勉強方法や今の自分に合っている勉強方法ってなんだろう?と悩んだことはありませんか? 自分に合ったレベルや続けられそうなことがいいな

スキ
28

抽象度が高い上流工程におけるビジュアル化の手法と効果

こんにちは、ajikeでUI/UXデザイナーをしているすえです。 今回は私が最近経験した、抽象度が高い“プロジェクトの初期段階”にてメンバー間でイメージを共有するための“ビジュアル化”という手法とその効果についてまとめました。 ビジュアル化って?今回の記事でいうビジュアル化というのは「抽象的なアイデアをメンバー間で共有・議論するために、具体的な画(イラスト等)を作成すること」です。 新規に立ち上げるプロジェクトでは「どういうビジネスにするのか?」「どういうものをお客さん

スキ
33

【入社10ヶ月目】課題を言語化することで成長できた話

こんにちは。 株式会社アジケでUIデザイナーをしている山本です。 早いことにアジケへ転職して10ヶ月が経ちました。 転職記事を書いていた時期が懐かしいです。 今回は転職当初と比べて仕事をしていく姿勢やデザイナーとして変化したことを振り返りました。 アジケの社員として  01.コミュニケーションの種類が変わった 当初意識していたことはテキストコミニュケーションや社内mtgで発言をするなど、 設定された時間に対して自分がどう動けるかだったり基礎的な伝わりやすい表現を真似

スキ
23

UXデザイン会社の社内で9月話題になったことを5つピックアップ!

こんにちは、UXデザインカンパニーのajikeです。 今回もajikeの社内で9月に話題になったことを5つピックアップしてご紹介します! 1. 無料で手術し利益率25%、ハーバードが認めるインドの病院:アラビンド眼科病院インドの眼科病院「アラビンド眼科病院」では、治療費を払うかどうかは患者意思に委ねられ、患者の半数以上が無料で治療を受けているにもかかわらず、利益率25%だそうです。 アラビンド病院では、手術室工夫、作業の70%を看護師が担当することで、オペレーションの効

スキ
17

【デザインの制作】最初の壁を超えるためにやった2つのこと

こんにちは!アジケのUIデザイナーの木村です。 未経験から入社し、10ヶ月が経ちました。 この記事では、最初に感じた壁と、工夫してるポイントについてまとめています。新人デザイナーの方や、デザイナー転職志望の方に少しでも参考になれば幸いです。 私の未経験からのデザイナー転職経験については、下記記事で綴っていますのでご興味がある方はぜひ一読いただければと思います。 デザイン制作でぶつかった最初の課題最初の案件ではBtoC向けアプリの情報設計とデザイン制作を行いました。画面の完

スキ
21

行動経済学とUXが関わる2つの事例

ごあいさつはじめまして! ディレクター/UXデザイナーの相良です。 今年の4月に新卒でアジケに入社しました。 大学では、情報系の学部でデザインについて学んでいました。 本日の記事では、行動経済学とUXの関係性について考えてみました。 執筆に至った経緯社内で、話題になっていたUXに関する本「UXデザインの法則 最高のプロダクトとサービスを支える心理学」を読んでみたところ、数年前に読んだ、誰でも簡単に行動経済学を学ぶことができる本「行動経済学まんが ヘンテコノミクス」と内容が

スキ
23

社内に伝えるために、ブログを活用してみてはいかがでしょうか。

コロナ禍をきっかけに、リモートワークが日常の中に取り込まれ、出社と在宅、あるいはフルリモートなど働き方が変わった企業も多いのではないでしょうか。 リモートワークは、移動時間の削減、個の集中できる空間など、強みがある反面、もちろん課題もあります。 今回この記事では、リモートワーク導入で見えてきた課題にアプローチする手段として、みなさんの参考になれば幸いです。 リモートワークで見えてきた課題リモートワークの課題のひとつに、コミュニケーション不足が挙げられます。 以下は、2

スキ
14