マガジンのカバー画像

Instana

22
Instanaに関する情報をまとめました。
運営しているクリエイター

記事一覧

【Airitech山﨑社長】APM分野におけるInstanaの優位性とその活用実績|講演内容ダイジェスト(後編)

こんにちは。 マーケティング部の河野です。 2022年6月2日(木)15:00から「IBMビジネスパートナー・エグゼクティブ フォーラム2022」が開催されました。 Airitechからは、山﨑 政憲社長が登壇し、「APM分野におけるInstanaの優位性とその活用実績」について講演を行いました。前編に続き、後編の内容をお伝えします。 前編はこちらをお読みください。 2-5. Instanaの高い満足度Instanaは、非常に高い顧客満足度を示しています。これは、ある

スキ
3

【Airitech山﨑社長】APM分野におけるInstanaの優位性とその活用実績|講演内容ダイジェスト(前編)

こんにちは。 マーケティング部の河野です。 2022年6月2日(木)15:00から「IBMビジネスパートナー・エグゼクティブ フォーラム2022」が開催されました。 本フォーラムは、IBM社の取り組みやビジネスパートナー様との取り組みを紹介するものです。 Airitechからは、山﨑 政憲社長が登壇し、「APM分野におけるInstanaの優位性とその活用実績」について講演しました。 時間の都合で参加できなかった方のために、講演内容のダイジェストをお届けします。 1.

スキ
3

Airitechは、日本アイ・ビー・エム株式会社より2021年のビジネスに寄与したパートナーとして感謝状を贈呈されました

Airitechは、2022年4月14日、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)より、2021年のビジネスに寄与したパートナーとして感謝状を贈呈されました。 後日、クリスタルのトロフィーが贈呈される予定です。 Airitechが受賞した部門と、授賞理由は、下記のとおりです。 授賞部門「新たなビジネス醸成にご貢献いただきましたパートナー様」部門 授賞理由お客様システムの運用高度化に注力され、Instanaを用いた協業を短期間に強力に推進いただきました Air

スキ
3

Instana build 211がリリースされました|Kafka Lag Dataモニタリング

Instana build 211がリリースされました。 Airitechでは、ECシステム安定稼働のための保守サービスを行っています。 1. 新機能1-1. Kafka Lag Dataモニタリング 今までは自動的に収集されていたlagデータの収集を有効/無効にする機能を追加しました。 詳細は、Kafkaのドキュメントを参照してください。 2. 改善された機能2-1. Enduser Monitoring Get Grouped Beacon Metrics AP

スキ
2

Instana build 210がリリースされました|IBM Z MHCモニタリング

Instana build 210がリリースされました。 Airitechでは、ECシステム安定稼働のための保守サービスを行っています。 1. 新機能 1-1. IBM Z MHCモニタリング zHMCをプラットフォームとして、リモート監視できるようになりました。 組み込みのダッシュボードでは、キーメトリックスを確認できます。 詳細は、下記のドキュメントを確認してください。 1-2. Node.jsの強化 v1.133.0で、console.warn, consol

スキ
4

Instana build 209がリリースされました|IBM Tivoli Monitoring V6の統合

Instana build 209がリリースされました。 Airitechでは、ECシステム安定稼働のための保守サービスを行っています。 新機能IBM Tivoli Monitoring V6の統合 ※この機能はテクノロジープレビューでの公開です。 ・IBM Tivoli Monitoring(ITM) V6の既存のモニタリングをInstanaと統合できるようになりました。 ・監視データをITM V6のUIとInstanaのUIで同時に見ることができるようになります。

スキ
4

Instana build 208がリリースされました | Traefikのリバースプロキシーとロードバランサーに対応

Instana build 208がリリースされました。 Airitechでは、ECシステム安定稼働のための保守サービスを行っています。 新機能Traefikのリバースプロキシーとロードバランサーに対応 Traefikがダッシュボード上で表示されるようになり、メトリックスも確認できるようになりました。 Go言語のmuxルータに対応 github.com/gorilla/mux (https://github.com/gorilla/mux) のルータを、instrume

スキ
3

Instana build 207がリリースされました | PrometheusのJavaクライアントライブラリに対応

Instana build 207がリリースされました。 Airitechでは、ECシステム安定稼働のための保守サービスを行っています。 新機能 PrometheusのJavaクライアントライブラリに対応 PrometheusのJavaクライアントライブラリのメトリックスをJVMダッシュボードから確認可能になりました。 詳細は公式ドキュメントを参照してください。 ■公式ドキュメント https://www.instana.com/docs/ecosystem/pro

スキ
2

Instana build 206がリリースされました | Unbounded Analyticsの機能拡張

Instana build 206がリリースされました。 Airitechでは、ECシステム安定稼働のための保守サービスを行っています。 新機能 Unbounded Analyticsの機能拡張 Unbouded Analyticsのフィルターサイドバーが更新されて、以下の機能が追加されました。 ■ クエリビルダとフィルターサイドバーを分割 クエリビルダとフィルターサイドバーを2つに分割しました。 最初のデータセットを収集するために、クエリビルダを利用してください。 複

スキ
4

Instana build 204がリリースされました | RubyがActionMailer, ActiveJobに対応

Instana build 204がリリースされました。 Airitechでは、ECシステム安定稼働のための保守サービスを行っています。 新機能■ Node.jsにてmemcachedの呼び出しに対応 ■ RubyがActionMailer, ActiveJobに対応 RailsアプリケーションのSpanを記録するコードを生成するようになりました。 最新版のinstana gemを使うことで、 Resqueの開始と終了が関連付くようになりました。 ■ IBM Cl

スキ
2

Instana build 205がリリースされました | IBM Cloudでのメトリックス収集が強化

Instana build 205がリリースされました。 Airitechでは、ECシステム安定稼働のための保守サービスを行っています。 新機能IBM Cloudでのメトリックス収集が強化 複数箇所のIBM Cloudからのメトリックス収集に対応しました。 Node.jsがDynamoDBに対応 AWS SDK v3のDynamoDBの呼び出しを検出できるようになりました。 改善された機能Java プロファイルセンサーのリソース使用量が減少しました。 IBM Clo

スキ
2

Instana build 203がリリースされました|日本語メッセージに対応

Instana build 203がリリースされました。 日本語を含む9つの言語に表示メッセージが対応しました。 ※まだ完全な翻訳ではありません。 新機能■ AWS Lambdaの呼出に対応 AWS SDKによるLambdaの呼び出しに対応しました。 GoとNode.jsについては、AWS SDKからのAWS Lambda functionsの呼び出しを記録して、他のトレース情報との関連付けができるようになりました。 Instanaでは現在以下の関数をAWS Lamb

スキ
3

Instana build 202がリリースされました

Instana build 202がリリースされました。 新機能■ Instana AWS Lambda extensionがNode.jsに対応 AWS Lambdaを無変更・低遅延でトレースするInstana AWS Lambda extentionがNode.jsに対応しました。 Instana AWS Lambda extentionについては、公式のブログ記事をご参照ください。 ■ Google Compute Engineでラベルの収集に対応 Google

スキ
3

Instana build 201がリリースされました

Instana build 201がリリースされました。 新機能 ■ カスタムダッシュボードで、インフラとプラットフォームのメトリックスをサポート カスタムダッシュボードでも、全てのインフラとプラットフォームのメトリックスをデータソースとして扱うようになりました。 複数のタグにまたがったアドホックなクエリを使うことで、エンティティダッシュボードから取得したメトリックスについては、ビルトインなのかカスタムなのかによらずにカスタムダッシュボードで表示ができるようになりました

スキ
3