新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

お米を育てます 第二話

今年から「俺たちの米」さんの協力で、稲作の勉強とお手伝いをさせて頂く予定なのですが、新型コロナで移動を自粛しているので、遠隔でのお勉強です。

本当は、田んぼ行きたいんです。


下の表が年間のスケジュール。

画像7

今回は上の表の右側、上から2番目、4月のとこです。

◆塩水選・酵母菌処理・浸水

1、種もみを塩水につけ、浮いたものをすくいとる。
2、作っておいた酵母菌液につけて、温度を36度前後で半日から1日おく。
3、半日経つと泡が出る。それを普通の水に移して芽を出します。

僕は全く知識がない状態で、いろいろ写真が送られてくるので、質問攻めです。

上から順に写真とQ、が僕の質問、A、が「俺たちの米」の廣田さんからの回答です。

1、種もみを塩水につけ、浮いたものをすくいとります。

塩水に種もみをつけている↓

画像3

種もみ↓

画像4


Q、 目的は選別? 
A、そうですね。比重を調整して思い種を残します。

Q、浮いてきたのがダメなやつ?
A、そういうことになります。そう単純でもない気はしつつ、思うところありつつ比重という基準で選別します。

Q、塩分濃度何%とかありますか?
A、濃度というよりは、うるち米は比重1.13前後、もち米は比重〜といったように計って浸けて選別します。

2、作っておいた酵母菌液につけて、温度を36度前後で半日から1日おく。

酵母菌作ってるとこ↓

画像4

酵母菌液につけて、36度前後で半日から1日↓

画像4


Q、目的は? 発芽をよくするため?
A、端的に書くと、菌にやられないためです。これは消毒という概念から書くことになるので、長くなります。発芽を良くするということは考えていません。

Q、どんなものが入っているの? 皮なのは分かります。
こだわりはそれほどなく、果物の残りを使っておこしています。パンの酵母とそれほど変わりません。

3、半日経つと泡が出る。それを普通の水に移して芽を出します。

酵母菌液の中で泡が出ている↓

画像5

普通の水に移したとこ↓

画像6

今回はここまで。
何か気になるところや質問があればコメント欄に書いて頂ければ、代わりに聞いてみますので、気軽にコメントください。

この流れできています↓

お店の紹介↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします。いただいたサポートは、年末に地域でお餅つきをします。年末年始の風物詩を繋ぎましょう!

So do I.
4
料理人。三軒茶屋で和食島田洋服店と言う日本料理屋の店主をしています。 自分史的に振り返れるように、日記を書いています。料理にまつわることが多くなると思います。 お店もよろしくお願いします→ https://w-shimada-y.tokyo/

こちらでもピックアップされています

畑通信
畑通信
  • 4本

栃木県の鹿沼市というところで、約50平米の和食島田洋服店農園を今年から始めます。お店も住まいも三軒茶屋なので、現地スタッフにお願いして、送られてきた畑の様子を不定期に発信します。そのすぐ側にある「俺たちの米」さんと一緒にお米作りもします。収穫出来たらお店で出します。初めての試みなので、上手くいかなかったら、そっとしておいて下さい。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。