不登校生のための家庭教師「あいむ」

"「学び」で自分を好きになる"。 不登校生を中心に家庭教師をしている団体です。授業のなかでの学びやコミュニケーションを通して、自分のことをもっと好きになってもらうことを目指して活動しています。

不登校生のための家庭教師「あいむ」

"「学び」で自分を好きになる"。 不登校生を中心に家庭教師をしている団体です。授業のなかでの学びやコミュニケーションを通して、自分のことをもっと好きになってもらうことを目指して活動しています。

    マガジン

    最近の記事

    あいむ の理事3人による対談の配信イベントを行いました!

    4月2日21:30~約1時間にわたり、Facebook Liveにて行われたあいむの初・理事対談。 この記事では、代表の藤野荘子・理事の岡村和樹・理事兼コンサルタントの朴基浩の3人による、理事対談の内容をまとめてお伝えします。 「あいむ」という団体の活動概要から現状や課題まで、幅広く「あいむ」を知ってもらえる内容になっていますので、はじめましての方もぜひご覧ください。 メンバー紹介 藤野:改めまして、任意団体あいむと申します。よろしくお願いします。 まずは、それぞれ簡

    スキ
    6
      • 不登校生のための家庭教師「あいむ」〜生徒募集のお知らせ〜

        わたしたちあいむは『子どもたちのどんな「わたしらしさ」にも、あたたかな居場所を』をビジョンに、主に不登校の生徒を対象にしたオンライン家庭教師を運営しています。 ひとりひとりに合わせた学習面のサポートに加えて、子どもたちの悩みに寄り添い、それぞれの「好きなこと」を大切にして生きていけるようなサポートを行ないます。 代表・藤野からのメッセージはじめまして、代表の藤野荘子(ふじのそうこ)と申します。 福岡市出身で立命館アジア太平洋大学を卒業し、東京の金融系企業で働いた後、福岡に

        スキ
        4
        • 広告会社で働くマーケターがあいむのプロボノとして活動する理由とは? (後編)

          こんにちは。あいむインターン生のほのこです。 今回はあいむのプロボノの1人、岡村さんのインタビュー記事後編です。 前回の記事は読んでいただけたでしょうか?「とっても素敵な記事!」という声や「もっと読みたい!」という声をいただき嬉しく思っています。もしまだの方は後編を読む前にぜひ前編を読んでみてください! 前回の記事ではあいむのマーケティングや事業経営サポートを担当している岡村さんにあいむに関わるようになったきっかけや具体的な活動内容、あいむで活動する中で大変なことややり

          スキ
          5
          • 広告会社で働くマーケターがあいむのプロボノとして活動する理由とは? (前編)

            こんにちは。あいむインターン生のほのこです。 突然ですが、みなさんは「プロボノ」という存在をご存知でしょうか? 「プロボノ」とは職業上持っている知識やスキルを提供して社会貢献をするボランティア活動全般やそのような活動を行う人のことを指します。 私自身あいむでインターンをさせていただくようになり、初めてプロボノとして活動する人たちと関わりを持つようになりました。ミーティングで一緒に打ち合わせをしたり、活動についての相談をしたり、フィードバックをもらったり……。一緒に活動して

            スキ
            12

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • インタビュー記事
            不登校生のための家庭教師「あいむ」

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            学年ビリのど田舎高校生が世界トップ5の大学に合格するまで | あいむとの出会い

            1. 自己紹介初めまして、あいむインターン生のみさです。 今回は、私の経歴とあいむとの出会いについて話していきたいと思います! この記事が誰かの希望や一歩を踏み出すきっかけになったら嬉しいです。 ▶プロフィール みさ(1996年生まれ 青森県出身) University of California, Berkeley 映画学部4年。 学生時代引きこもりを経験。 渡米後、2年制大学を経て現在の大学に編入。 あいむではマーケティングチームのメンバーとして活動中。 2. 初っ端

            スキ
            24

            「あなたはここにいるだけで素晴らしい」〜子どもたちの居場所を作る「あいむ」代表・藤野さんからのメッセージ〜

            ひとの価値観はさまざまで一人一人の個性は素晴らしいものですが、ときにはその違いが社会に受け入れられず辛い思いをすることがあります。それは子どもたちも同じで、自分の居場所を見つけられずに苦しい思いをしている子どもたちや不登校の子どもたちがたくさんいます。「あいむ」は、そのような子どもたちが自分の価値観を大切にして生きていけるような社会を作るために活動しています。 今回はあいむの代表である藤野荘子さんにインタビューを行い、不登校生を中心としたハードルを抱える子供たちの学習支援を

            スキ
            20