見出し画像

What's 歌酒呑場(かさのば)?

きまぐれ猫屋総本店・vocalistのAi と申します。長年、アメブロにて音楽や消しゴムはんこやら日々のことなど雑多blogを書いております。こちらのnoteではアメブロに記した音楽記事をカテゴリーごとにまとめてご紹介したいと思います。


※2024.7/22追記 【Next Stage】

9月に歌酒呑場2days☆開催決定。詳細は後日!



第一弾は【 笑輪歌謡劇場 〜歌酒呑場(かさのば)〜】について。私が不定期で開催している一風変わったライブイベントです。アメブロに書いたライブレポや歌酒呑場SNS、開催に至った経緯等をまとめてご紹介してまいります。



◆What's 歌酒呑場?

画像1

<出演ミュージシャン:vln ムッシュ・モントーヤ / vocal Ai / pf 上村貴子

歌酒呑場(かさのば)とは、昭和歌謡とアイルランドの酒場を融合した、お客様参加型のライブ。第一幕と第二幕(参加者多数の場合は第三幕もあり)に分かれており、第一幕は3人のミュージシャンによる抱腹絶倒エンターテイメントショー。第二幕はお客様参加型の歌声酒場。昭和歌謡とアイルランド酒場のコラボ劇場🇯🇵🤝🇮🇪 としてお客様と共に創り上げていく魅惑のライブ。有難いことに毎回大盛況。歌って笑ってを繰り返すため、終演後は皆さん腹筋と顎が痛くなるそうです。笑


画像19

当初は『平成歌謡劇場〜歌酒呑場〜』でしたが、令和になったタイミングで『笑輪歌謡劇場 〜歌酒呑場〜』と改名しました。


◆歌酒呑場|第一幕| 〜ミュージシャン編〜


第一幕は『ザッツ!エンターテイメントショー』
昭和歌謡を中心にノンジャンルでお届け。何が飛び出すかは当日のお楽しみ!上村さんとムッシュさんのインストルメンタルは、アイリッシュなども取り入れ、会場の皆さんとアイルランドにtripした気分に。この第一幕では、ジャズや歌謡曲、オールディーズに演歌など...その時々で趣向を凝らし、第二幕に向けた皆さんのボルテージを上げるためにネタを放出しております!

画像21
画像2
画像6


◆歌酒呑場|第二幕| 〜お客様が主役編〜

画像4

第二幕は会場のお客様が主役の『歌声酒場』。事前に頂いたリクエスト曲を3人が演奏&サポートします。 ご自身が事前リクエストされた曲(お一人様、昭和の名曲を1曲のみ)をステージに立ってマイク片手に熱唱。周りのお客様は、プロジェクターに映し出された歌詞を見ながら共に大合唱。


画像12

上村貴子さんとムッシュ・モントーヤさんの手にかかれば、童謡からムード歌謡、アイドル、フォーク、ポップスに演歌と何でもござれ!ピアノとヴァイオリンという最小限の編成ではありますが、そう思わせないほどの再現力。皆さん、生演奏に併せて大盛り上がりです。


画像19
画像6
画像7
画像10

涙あり。笑いあり。ダンスあり。なんでもあり!古き良き昭和の時代に想いを馳せながら、周りの皆さんと心ゆくまで共に唄い、笑い合うことで、一緒に創り上げる素敵な時間と空間。



◆歌酒呑場ライブレポ

画像9

今まで開催した歌酒呑場はどれも、歌う方はもちろん、踊る方、衣装もバッチリの方、写真を撮ってくださる方etc...それぞれの楽しみ方で参加されていました。最初、ご来場されたグループは数組ごとに違うのに、みんなで懐かしい昭和の歌謡曲を口ずさんで笑いあううち、気づけは会場中で一体感に包まれ、終わる頃にはみんなで仲良しに!


画像11
画像17


この雰囲気を少しでも感じて頂きたくて、アメブロにライブレポートblogをたくさん記してます。▼歌酒呑場レポートblogはこちらからご覧いただけます▼



他にも過去の歌酒呑場レポblogはアメブロに全てまとめております。ご興味ある方はこちらをご覧くださいね!  ▷ こちら

その他、過去の第二幕に登場した曲をYouTubeでまとめたり、経過報告などしたり...歌酒呑場にまつわるお話はアメブロ『歌酒呑場』のカテゴリーにまとめております。併せてご覧ください。 ▷ こちら


◆歌酒呑場|第二幕・参加方法|

「歌酒呑場に参加してみたいけれど、どうしたらいいの?」という方の為に、『歌酒呑場の流れ』を記しておきますのでご参考にされてください。

1.スケジュール告知
開催が決まるとwebsiteやSNS等で告知を開始します。


2.事前リクエスト条件

ステージに立って唄いたい!という方は事前リクエストをする必要があります。その際、下記の条件を満たしていることが必須です。

●第二幕・事前リクエスト条件●
・開催日の2週間前まで(定員になり次第〆切ます)
・一人一曲!
・みんなが一緒に歌える曲
・昭和の曲のみ!(怪しい場合は、昭和か平成かジャッジあり)



3.事前リクエストの方法
条件を満たしておられる方は、歌酒呑場のFacebookのイベントぺージ(開催決定次第作成)またはwebsiteのメールフォームから、事前リクエストの申し込みが可能です。

◆Facebookイベントページの場合(過去例参照)
FBイベントページ」の「ディスカッション」にて、参加希望の旨と事前リクエストで唄いたい曲をリクエストする。

◆websiteのメールフォーム
「きまぐれ猫屋総本店・website」の「Contact」欄にある歌酒呑場メールフォームから必要事項を明記して事前リクエストをする。


4.参加申し込み決定
その後、主催者とのコンタクトが完了したら、事前リクエスト完了。事前リクエストされた方は、チケット前売扱いとさせて頂いております。

※事前リクエストなしの方(ステージでは唄わない)のご予約も、上記の2つの方法から可能です。

5.事前リクエストの確認
事前リクエストをされた方々がどんな曲をリクエストされたのか???曲が被っていたら心配。。。そんな方々の為に、事前リクエストを頂き次第、私のひと事コメントと懐かし動画も付け加えながら、歌酒呑場Twitterにて随時お知らせしております。


また、開催前には事前リクエストをblogにて一覧にまとめ、個人個人で予習もできるようにしております。皆さん、これを活用されて当日までにテンションをあげておられるようです!

 

◆歌酒呑場 SNS

今はコロナ禍で次回の開催は当面未定ですが、開催する際は下記SNSにてスケジュールをアップ致します。宜しければフォローやチェックをお願いします!

|Webpage|


|Blog|


|Twitter|

|Facebook|

以前使用していたFBアカウントが凍結されてしまった為、歌酒呑場専用のFB pageは現在、更新休止中です。開催時にはFBイベントページを作成しておりますのでそちらをご覧ください。


◆なぜ昭和歌謡とアイルランドなの?

画像8

最後になりましたが「なぜ?昭和歌謡とアイルランドなのか...?」それにまつわるお話を。。。

10年くらい前、初めてアイルランドを訪れました。首都ダブリンにあるテンプルバー周辺の夜はそれは賑やか!街の至る所で音楽が鳴り響いています。

画像13
画像14

パブでは、ステージ上で演奏するミュージシャンの周りにお客さんがいっぱい。お酒を呑みながら演奏される曲を皆で大合唱。どこからともなく歌声が広がっていく様子にびっくりしました。

画像15

また別のパブでは、皆が集まり輪になって母国の歌を唄うセッションも。そこでも次から次に即興で演奏される曲にあわせて、みんなで唄い、足踏みし、手を叩き。。。楽しい曲は共に楽しみ、哀しい曲では共に哀しみ。音楽と共にそこにいる人たちが感情や時間や空間を共有する姿。そんな音や感情が自然と溢れ出すようなセッションの光景を目にし、驚きと共に、とても感銘を受けました。

「日本でもこんなセッションをしたい!!!」


そう強く思った私は、どうやったらそれをできるのか...知恵を絞る日々。ステージに立って生演奏で唄うことができる、通常のヴォーカルセッション的な要素は残しつつ、そこにアイルランドの酒場で見たような皆で一緒になって唄い、片寄せあって共に楽しめるような要素をプラスするには。。。???アイルランドではもちろん洋楽ばかり。洋楽だと知ってる曲や口ずさめる曲はあっても、会場の皆さんで自然と大合唱することはなかなか難しい。そこで思いついたのが...【昭和歌謡】


「これなら、みんな知っている!そうだ!これだ!!!」


そうして、歌謡曲とアイルランドの酒場の融合された『笑輪歌謡劇場 〜歌酒呑場〜』のコンセプトである<馴染みの店に皆で集まり、酒を酌み交わしながら輪になって昭和の名曲を皆で唄いましょう!> ...が誕生したのでした。

画像18

記念すべき初回!ここが歌酒呑場の原点。(山口県周南市 Barにて)初回ということでまだまだ改善の余地はあったものの、ここでの盛り上がり具合に手応えを感じ、試行錯誤を繰り返しながら今の形が固まっていきました。

毎回、お店の方々のご協力のおかげで、お客様により楽しんで頂けるようなライブを開催することができています。お店との緻密な連絡や事前準備なくして歌酒呑場は開催できません。開催にあたって、会場となるお店の方々がいろいろとご尽力くださり本当にありがたく思います。感謝申し上げます。

|過去に実施された歌酒呑場の会場|
Bar (山口県周南市)
88Nelson(福岡県北九州市) 
くまおホール(福岡県大野城市)

コロナが終息しましたら、出張・歌酒呑場も承っております。お気軽にご連絡ください。
▷CONTACT  こちら


◆最後に

画像16

私の思いつきから、よちよち歩きではじまった『笑輪歌謡劇場〜歌酒呑場〜』ですが、試行錯誤を繰り返し、私たち演者だけではなくお客様と共に創りあげてゆくことができました。終わるとすぐに「楽しすぎた!」「次はいつあるの?」というありがたいお言葉も頂いております。ミュージシャン冥利につきます!本当に本当にありがとうございます。

現在はコロナ禍ということもあり、こういったライブイベントの開催はまだまだ難しい状況ですが、コロナが収束した際は、皆さんとまた笑顔で再会し、共に唄いあいたいと思っております。その日まで…喉を鍛え、小ネタを仕込んで次にご披露される曲の仕込みに共に励んでまいりましょうね〜!


早く歌酒呑場を開催したい!
早くアイルランドに行きたい!

コロナが終息してからの最大の楽しみ。😚
そんな日が、早く訪れますように。


かしこ。

。゚+.・:*:・:.。゚+.・::・:*:・+.゚.。゚+.・:

official website|きまぐれ猫屋 総本店

TwitterInstagramYouTube

。゚+.・:*:・:.。゚+.・::・:*:・+.゚.。゚+.・:

アメブロに記した音楽blog記事を中心に、カテゴリーごとにまとめてご紹介していく予定です。不定期で更新予定。blogやSNSなどもありますので宜しかったらフォローやチェックをお願いします!



この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?