2021年8月29日~30日 大量生産のすすめ(創作活動のヒント)
見出し画像

2021年8月29日~30日 大量生産のすすめ(創作活動のヒント)

あぎる/agiru

【8月29日】
深夜1時33分に目覚めた。

趣味で動画や文章を発表している人に言いたいことがある。精魂込めて一つの作品をつくるより、ラフに仕上げて大量生産した方がいい。

ただ、そう言われてあなたは実践できるだろうか。人間は他人にいいところを見せたいものだ。だから動画でも文章でも、できるだけ質の高いものを示そうとする。

しかし作品の良し悪しを判断するのは他者だ。そして一ヶ月かけた力作でも、数分で作った代物でも、視聴者や読者の数は変わらない。力作の方が見られない(読まれない)こともある。

作品を世に出す人は皆、多かれ少なかれ、承認欲求がある。それがないのであれば、公表しないだろう。承認されるには、多くの人に作品を見てもらう必要がある。そこで大量生産が有効になる。

また力作は心身の負担が大きいので、息切れを起こしやすい。評価されないことに対する精神的ダメージも大きい。

サッと仕上げた作品が不評・不人気の場合は納得できる。一方、心血を注いだ作品への「いいね」がゼロだった時はつらい。これによって挫折しやすくなる。

30分でつくった作品も、10時間かけてつくった作品も、視聴者・読者にとっては、どちらも数分で消費する娯楽に過ぎない。つまり時間をかけるほど、精魂を傾けるほどコスパが悪くなる。

もちろん、わざと雑につくれというわけではない。とりあえず形になったなら、もうそれで世に出すことを勧めている。

心身の負担が大きい活動をしていると、創作活動を続けられなくなる。自分を潰さないために、あえてラフな状態で投稿する。

この続きをみるには

この続き: 840文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月額500円ですが、月に10記事ぐらい投稿していますので、1記事あたり約50円になります。1記事の文字数は1000~1500字ぐらい。前半3分の1から2分の1程度は無料で読めます。社会に適応できない人間のチャレンジです。応援していただければ幸いです。(月平均投稿数:2021年=8.4、2020年=10.6)

【内容】 働かず、人付き合いもなし。 一人で読んだり書いたりして過ごしている。 外国語学習、ジェンダー(男性学) に関心がある。何が自…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。嬉しいです。
あぎる/agiru
日記を公開しています。30代男性/実家暮らし/人と接すること・働くことが苦手◆興味→ジェンダー(男性学)、言語(語学)、60年代ロック◆ブログ https://agiru64.hatenablog.com/◆ラジオ http://bit.ly/2xC8Wmz